中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東都のれん会  日本橋弁松総本店

[ゆりかもめ] 2010年7月28日 08:30

東都のれん会・・・・東京の老舗ブランドの集まりです。

 これらの店は江戸時代から明治初期に創業し、東京で三代・百年以上の歴史を持つ53軒の老舗

 ばかりです。江戸時代に下町と云われて御城下として最も賑わったところで誕生しました。

 

日本橋弁松総本店・・・・創業 嘉永三年(1850) 日本最初の折詰弁当専門店

   今から200年前、当時魚河岸のあった東河岸で初代・与一が始めた食事処「樋口屋」でした。

   河岸で忙しく働く男達は御飯やおかずを半分も残して行く事が多かった為に与一は残りものを竹                 

   の皮に包んで持たせました。

   この心遣いが評判になり「最初から包んでくれ」という注文が多くなり三代目の松次郎の時に食                    

   事処をたたみ、折り詰め弁当専門店「弁松」を開きました。

   (弁当屋の松次郎が「弁松」になりました)

       2010_0727  弁松の弁当.JPG 

        並六   白飯   ¥998.-     ( 赤飯 ¥1155.-)  

上記は私のお勧めです。

最初、私は弁松の御弁当は濃ゆい味だと思いつつ、日本橋三越本店で買った弁松の御弁当が好きになってしまいました。独特の美味しい「江戸の味」です。

弁松弁当にハマッタ理由・・・・・・・

経木折の箱に入っている事も食欲をそそり 気に入っています。

経木の折は殺菌性と通気性に優れています。

調理・保存に添加物を一切、使用せず出来上がりの品は全部さましてから折り詰めなさっています。

何よりも嬉しいのは樋口社長が従業員の皆さんと一緒に厨房で御弁当を作って下さっている事です。

 

三越本店 高島屋本店 大丸(東京駅)と日本橋弁松本店で御弁当を買う事が出来ます。

御弁当は8種類の他に上弁当もありその他「折詰料理」の種類も豊富です。

鯛尾頭付やお赤飯もあります。

 ランチ弁当はお客様がすぐに召し上がるという事もあり容器は経木ではないのですが お値段が安く本店だけで昼食時のみの扱いです。

一度、お試しなさる事をお勧めします。

※ 来年1月には工場を永代橋の近くに移される予定」です。

  お忙しい中、樋口社長にお話を伺いました。

 

            東京都中央区日本橋本町 2-4-12

                  有限会社 日本橋弁松総本店  

                      TEL  03-3279-2361

                      FAX  03-3279-2513

 

  濃ゆい味 江戸日本橋の味    http://benmatsu.seesaa.net