中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


松山省三 1911カフェーの嚆矢『プランタン』開店

[与太朗] 2012年1月31日 08:30

 ♪一杯のコーヒーから夢の花咲くこともある・・・ (藤浦洸詞)

 

IMG_0535.JPG 百科事典によれば、コーヒーは江戸時代、長崎に来るオランダ人が持ち込んでいたが、日本人には受けなかったようですね。長崎勤務をしていた大田南畝(蜀山人)は、「焦げ゛くさくして味ふるに堪へず」と書き残しています。また、かのシーボルトは「熱い茶を飲み、交際好きな日本人がコーヒーに親しまないのは不思議だ」と記しているそうです。それが明治以降、喫茶店・カフェーが開業、だんだんと飲まれるようになり、統計では、今や日本人一人一週間に10杯以上、世界で第3位の消費量だそうです。


 明治44年春3月、カフェーと銘打った最初の店「カフェー・プランタン」が京橋区日吉町20番地(現在の銀座8-6)に開店します。東京美術学校で黒田清輝や岡田三郎助らに学んだ洋画家松山省三(1884-1970)が、友人の画家平岡権八郎(1883-1943、竹川町の料亭花月楼の養子)と共同で、ヨーロッパのカフェーを手本に開業、「プランタン」(春の意)の名付け親は小山内薫、経営のために維持会員を募り(会費50銭)二階を会員に供しましたが、その会員には、二人が師事した黒田清輝・岡田三郎助・和田英作などの画家、森鴎外・永井荷風・高村光太郎・北原白秋・長谷川時雨・谷崎潤一郎などの文人、市村羽左衛門・市川左団次・市川猿之助・伊井蓉峰などの舞台人等々、錚々たる面々がそろい、一大文化サロンとなりました。

 カフェーと名乗るのが初めてなら、手回しの蓄音機を置き、クラシックやダンスなどの洋楽をかける店も初めてでした。入口には葡萄棚、室内には松山省三が描いた大きな油絵がかけられたほか、白漆喰で塗られた壁に来客の即興、似顔絵などの落書きが描かれ、パリのカフェーに似た雰囲気をつくっていました。メニューの方は、コーヒーよりもむしろ洋食・洋酒が主役で、名物はホットサンドウィッチとマカロニで、酒は品ぞろえが豊富、当時日本では馴染みの少ない洋酒も用意されました。

 これだけ著名人が集まるといろいろな逸話も残されています。鴎外の娘森茉莉は「白い帽子のお化けのような幼女」のころ、「黒マントの男」(鴎外)に連れられての帝劇の帰り、ここで生まれて初めて珈琲を飲みますが、手元狂って熱い珈琲を胸にかけてしまいます。(『記憶の繪 カフェ・プランタン』) また、酔った押川春浪が巴家の八重次(のちの藤蔭静樹)を伴った永井荷風と生田葵(葵山)に喧嘩を売ったのもこの店でした。(生田葵『其の頃のプランタンの燈』) プランタンはのちに、ライオン(尾張町角)やパウリスタ(南鍋町)などの後続に圧されてしまいますが、一般人にはやや敷居の高い店だと思われたことも一因でしょうか。

 マカロニとモカの烟は立昇る

 カッフェー、プランタンの窓の外

 日吉町の通りの初夏の夜半(よふけ)   (永井荷風『即興』より)

 

IMG_0525.JPG なお、のちに手を引くことになる平岡権八郎は三越呉服店の琵琶を弾く「上代美人」のポスター(1913)の作者です。また、松山省三の子は俳優五代目河原崎国太郎(1909-1990)、孫は松山英太郎(1942-1991)・松山政路(1947- )兄弟です。調布市の明西寺の墓地には省三・国太郎・英太郎の三代が一つ墓で永遠の眠りについています。

 

【写真上】現在の並木通り、プランタンのあったあたり。

【写真下】調布・明西寺 松山家の墓。


 

 

 

バレンタインにいかが? ~資生堂・花椿のチョコレート

[ビッキー] 2012年1月31日 08:30

以前お邪魔したときに「可愛い~!いつか大事なかたへのギフトを用意するときには、絶対これにしよう!」と心に決めていたチョコレート。
このたびそんな機会が訪れまして、さっそく銀座へ!


いわずと知れた銀座・資生堂パーラー。
昨年の春、銀座はちみつのフレンチトーストに舌鼓を打ったお店です(笑)

資生堂.JPG

今回訪れましたのは、1Fのフードショップ。
スイーツはもちろん、 ワインやスープなどなど、資生堂の風格溢れる商品がたくさん並べられています。季節柄、バレンタインギフトがたくさんディスプレイされた店内。

バレンタインギフト.JPG


 

本日ご紹介しますのは、その名も「マキアージュショコラ」。ご覧ください!資生堂のモチーフの花椿が、こんなにカラフルなチョコレートに!

マキアージュショコラ.jpg


まるでジュエリーやコスメのように、ひとつひとつ美しくディスプレイされています。シャンパン、マンゴー、柚子ライムなどなど、お色によって違う味が楽しめます。5個入りの箱はプチギフトにもぴったり。ラッピングも銀座らしくお上品なのです!

美しいディスプレイ.JPG



花椿マークの誕生は大正4(1915)年。
デザインは初代の資生堂の社長で、写真家でもあった福原信三氏の手によるものです。
このころ銀座煉瓦街にはカフェーの開店が相次ぎ、大正ロマンの香り漂う華やかな時代を迎えていました。

100年を経ても、花椿はこんな素敵なチョコレートになって愛されているんだな・・・。
銀座の歴史を考える上で「お洒落」というキーワードは、やっぱり切り離せないものだと改めて実感しました。

銀座本店でしか販売されていない、こちらの花椿チョコレート。「本当のお洒落」がわかる素敵な男性へのバレンタインギフトに、いかがでしょうか?

【資生堂 銀座本店ショップ 】

中央区銀座8-8-3 03-3572-2147 

http://parlour.shiseido.co.jp/food_products/list/ginzashop.html


 

 

海王丸と東京タワー(本当は富士山も)

[坂の上のねこ] 2012年1月31日 08:30

寒い日が続いていますね。でも私はこんな冬のキ~ンと冷たい空気の晴れた日が大好き。
高層ビルがたくさんある中央区。ちょっと上ると富士山がきれいに見える場所がたくさんあります。

でも高層ビルに上らなくても、海抜ゼロメートルから富士山を望める場所もあるんです。

冬晴れの日、ぜひ早起きして晴海ふ頭にいらしてみて下さい。

P1080424.JPG
あいにく私がカメラを持って行った日は夕方だったこともあって富士山は霞んでいましたが、
ちょうど海王丸が停泊中で、夕日に映えるその美しい姿に感動。


P1080408.JPG    P1080438.JPG



また後方では、東京タワーが2012年の訪れを告げていました(今年見逃した方、来年はぜひ)。 

P1080414.JPG  P1080428.JPG 



晴海ふ頭の展望室に上ると、澄んだ空気の中、富士山、東京タワー、レインボーブリッジなどの姿が目の前に広がります。

P1080435.JPG  P1080410.JPG  P1080412.JPG


晴海ふ頭には休憩コーナーやカフェもありますから、風景を堪能したあとはゆっくり温い飲み物を飲みながらくつろぐこともできます。ほっとプラザ晴海でゆっくり温浴するのもいいですね。お手ごろ価格でのんびりできる場所があるのも中央区の魅力です。



 

 

三島由紀夫「橋づくし」を歩くー三吉橋から備前橋までー

[滅紫] 2012年1月29日 08:30

三島由紀夫の「橋づくし」は昭和31年(1956年)「文藝春秋」発表の短編、三島が31歳の時の作品です。花柳界の女性4人(芸者2人、料亭の娘、その女中)が陰暦8月15日の夜に願掛けの「七つ橋渡り」をする話で、「願」を叶えるための条件は「同じ橋を2度渡らない」「誰とも口をきかず、話しかけられず」の2つ。さて、無事に渡りきることの出来るのは誰?


この「七つ橋渡り」というのは「満月の夜、誰とも口をきかずに七つの橋を渡ると願いが叶うという俗信が江戸時代に花街の女性の間で流行った」ものだそうです。作品発表当時の花柳界でまだ信じられていたのかどうか定かではありませんが、「金閣寺」「永すぎた春」「鹿鳴館」などを発表して当時人気作家だった三島の小説とあって発表後「七つ橋渡り」が流行したとか。「銀座ブロッサム」向いの三吉橋のたもとに碑があり、この「橋づくし」の一部と当時の橋の図があります。


100_0366.JPG

これによると「この橋は築地川の屈曲した地点に楓川と結ぶ水路が開削され、川が三叉の形となったところに関東大震災後の復興計画の一環として昭和4年(1929)に架けられた。情緒ある風景も今は埋め立てられ高速道路と化し、陸橋となりました」


小説が発表された当時を想像しながら歩いて見ることにしました。小説当時だと築地本願寺まで1.2KM、15分程度の散歩だったはずですが。・・

 

まずは「話しかけられてもいけない」ので帽子、マスク、大き目のサングラス(コンビニ強盗スタイル!)で準備完了。さあ出発です。三吉橋の描写は次のようになっています。

100_0367.JPG

「三叉の川筋に架けられた珍しい三叉の橋で橋の欄干は低く、三角形を形作る三つの角におのおの古雅な鈴蘭灯が立っている。三叉の2辺を渡ることで橋を二つ渡ったことになる。」


100_0382.JPG

「築地橋は風情のない橋である。橋詰の四本の石柱も風情のない形をしている」
→かな子腹痛で脱落


100_0373.JPG

「入船橋」の名は橋詰の低い石柱の緑か黒か夜目にわからぬ縦長の鉄板に白地で記された」


100_0368.JPG「毒々しいほど白い柱がゆくてに見えた。奇抜な形にコンクリートで気づいた柱に白い塗料が塗ってあるのである」

→小弓、知人に話しかけられ脱落

この暁橋と7番目の橋である「備前橋」は埋め立てられて「築地川公園」になっています。公園の入り口と出口に石柱が立っています。


100_0370.JPG本来は「暁橋」と「備前橋」の間に「緑に塗った鉄板を張っただけの小さな堺橋である」と説明されている「堺橋」があるはずなのですが見つかりませんでした。他の資料によると「築地7丁目2」あたりにあったものらしいのですが。・・

「緑の欄干に守られた備前橋は欄干も放物線をなして軽い勾配の太鼓橋になっている。三味線の箱みたいな形のコンクリートの柱に備前橋と記されその柱の頂に乏しい灯がついている。→満佐子、警官に尋問され返答して脱落。



結果7つ橋を渡れたのはひとりだけ。「願い」は叶ったのでしょうか。私は6つしか渡れず、写真撮りの都合上夜でもなく、おまけに渡り始める前に「願掛け」するのを忘れて!おりました。(今年も宝くじは当たりそうにない)


三島は「橋づくし」の小説発表後に西川鯉三郎のために舞踊台本も書いています。あの衝撃的な死から既に40年以上経ちました。亡くなった時はまだ45歳!歌舞伎の新作を沢山書いて「昭和の黙阿弥」になってほしかった!と橋の跡を歩きながら今さらのように残念に感じました。


 

 

【お知らせ】 東京BAYNET 『おNEWの細道 +α (プラスアルファ)』

[柳 さつき] 2012年1月28日 08:30

2009年 春 に、「中央区観光協会特派員ブログ」がスタートしました。

はや3 年目になるのですね・・・!

みなさま、いつもこのサイトにおいでくださいまして、本当にありがとうございます。

 

ずいぶん以前、ほんとうに無理を聞いていただいて・・・

わたくしの(いや、中央区 江東区のみなさまの)アイドル

NEC_0002.jpg東京ベイネットの『おNEWの細道』という番組のスター:カエルさんの番組ロケ現場を取材させていただき・・・

そのブログ : http://www.chuo-kanko.or.jp/blog/2010/06/post-374.html 

 

恐れ多くも、カエルさんにインタビューさせていただいたことがございました。

そのブログ : http://www.chuo-kanko.or.jp/blog/2010/06/post-375.html 

 

(ご注意:その当時から、カエルさんは修行を重ね、「カエル師匠」となられ、現在、お弟子さんをお持ちです。 番組名が『おNEWの細道 +α (プラス アルファ)』と変わっています!)

 

そのとき以来、わたくしも、ときどき(実際は、稀に)中央区の「おNEW」な情報などをご連絡させていただいております。

 

そして、ここからが【お知らせ】なのですが、

2012年 今年第1回目の『おNEWの細道 +α 』は・・・

わたくしもこのブログでちらりとご紹介いたしました、中央区新川の讃岐うどん「おらぶさる」さんが登場します!

 

orabsal17.jpg「カエル師匠」がどのように取材なさり、どんな【一句】を詠むまれるのか、とてもとても楽しみですね!

放送は(予定)

1月29日(日)~ 2月4日(土)

放映チャンネル:地上デジタル111ch。

放映時間

中央区 9時~ 13時~ 16時~ 19時~ 22時~

江東区 10時~ 13時~ 16時~ 20時~ 22時~
 
※1日5回放送

 

一週間、毎日、5 回のチャンスがありますね!

ご興味のあるかた、無いかたも、きっと「フフフッ!」と笑顔になれることと、おススメいたしたいと存じます。

 

 

銀座の画廊巡り 銀造のお勧めです

[銀造] 2012年1月27日 08:30

「銀座の画廊巡り」 に行ってきました。

柳画廊の副社長の野呂洋子さんにご案内頂きました。 柳画廊に12時前に集合し、昼食代相当の3千円をお支払いし、しばし歓談とご説明をお聞きした後は、

CIMG9841.jpg

 

スペイン料理の「セニョール・マサ」で美味しい昼食を頂きながら、美術談義、世間話をしながら、画廊巡りに向かいました。

CIMG9842.jpg 

 

次に訪れた 泰明小学校のお隣のWhitestone Galleryでは、草間生展が2月27日迄開催されています。草間生さんのことについての説明だけでも感激物です。

網や水玉を繰り返し描くことにより小宇宙とも呼ぶべき永遠性を、さらには愛や生命の神秘までを表現する唯一無二の存在としてアートの最先端を走り続けておられる作品集が展示されています。購入可能です。

CIMG9846.jpg 

 

「ギャルリーためなが」では、静かに絵画を鑑賞できました。http://www.tamenaga.com/

CIMG9849.jpg

 

真玄堂さんでは、社長さんが中国、朝鮮の磁器、柿右衛門などを手にとって説明してくれました。美術の勉強が楽しくできました。 勿論、気に入ったものが購入できるのが、画廊巡りの魅力。

CIMG9852.jpg

 

秋華洞さんでは、秘蔵の浮世絵、明治10年ごろの劇画風の3枚セットの絵を丁寧な説明を交えて見せて頂きました。 これが、画廊巡りの良いところ、魅力ですね。http://www.aojc.co.jp/corp/

CIMG9855.jpg

 

「銀座の画廊巡り」、お友達、外国からのお客様にもお勧めです。日程は、こちら。 

http://www.yanagi.com/gallerytour2012-1-3.shtml

 

 

 
123456