中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


[春の院展」始まるー日本橋三越本店ー

[滅紫] 2012年3月31日 08:30

桜の開花情報が楽しみなこの頃、恒例の「春の院展」の案内状を頂いて条件反射的に「お花見」を連想してしまいました。毎年お花見の時期と展覧会の会期が一緒なのです。今年でもう67回。秋9月1日から開催される「院展」の他に「春の院展」が開催されるようになったのは昭和20年(1945年)からだそうです。会場はその時も三越日本橋本店です。主催団体である日本美術院と三越さんのご縁は長いようで第一回再興院展も「日本橋駿河町三越呉服店」で大正3年(1914)に開催された(「院展100年の名画」(小学館))とあります。因みにタイトルの文字は日本美術院初代理事長・安田靫彦氏のものとのこと。


とまれ本日初日、早速日本橋三越さんへ出かけました。初日とあって著名な同人の方の姿が見えます。知人を案内されて作品の前で説明されているのは入選された新人画家の方なのでしょうか。何だか微笑ましい感じです。

100_0445.JPG
よく知られているように「日本美術院」は明治31年(1898年)岡倉天心が中心となり創立した在野の美術団体。
古くは横山大観、前田青邨、近年では片岡珠子、平山郁夫画伯が所属。
院展は日本画の公募展で、いただいたリストによれば、今回の応募作品は870点、その内の入選作品314点と同人作品32点を展示してあります。


どこか惹かれる、気になる新人作家の作品に出会ったら翌年、さらに次の年と見続けると「余り進歩しないな」「作風が変わった」とかあるいはまた受賞!という嬉しいハプニングにも出会えるかもしれません。

「初入選」から「特待」「招待」最終ゴールの「同人」までたどり着けるか?あなたの眼でお気に入りの新人作家を掘り出してみるのも展覧会の楽しみです。今回見つからなくても何しろ会場は「百花繚乱」一足早く「満開」です。


会場:日本橋三越本店 本館7Fギャラリー

会期:~4月9日(月)

10:00~19:00(最終日は18:00)

 

 

中央区観光協会加盟店紹介 銀座東武ホテル バー光琳

[銀造] 2012年3月31日 08:30

昭和通りに面したコートヤード・マリオット銀座東武ホテルは、和食、洋食のお店の他にしっとりとした雰囲気のバー光琳があります。 今日は、気のあった仲間有志で、楽しみました。

CIMG0157.jpg

 

皆の笑顔は飲み放題と沢山のおつまみだけの性ではありません。

CIMG0159.jpg

 

ちょっとafter 5の息抜きに、お一人でも静かに飲めますよ。

CIMG0161.jpg

ホテルとバーの詳細はこちらです。http://www.tobuhotel.co.jp/ginza/

 

 

中央区鉄道ものがたり <その8> 「憧れの鉄道模型」

[下町トム] 2012年3月30日 08:30

中央区の鉄道に関わるエピソードをお伝えしているこのシリーズ、今回を入れてあと2回の予定です。最後までご覧いただけたら幸いです。

 

天賞堂正面.jpg今回はちょっとした〝番外編〟です。というのも本物の鉄道の話ではないのです。今回の主役は〝鉄道模型〟。好きな人にはたまらないちょっと高価な大人のコレクションだと言えるでしょう。bullettrain 

ぼくも中学生の頃、HOゲージのレールを居間に敷き並べて列車を走らせるのが楽しみでした。当時でもなかなか子どもには手の出ない値段だったと憶えています。ちなみにHOゲージとは「軌間16.5mm」のサイズのことであり、車両は一般に縮尺1/87とされています。20世紀前半には鉄道模型の主流として世界に定着しました。


天賞堂模型1.JPG今やさらに小さなサイズで値段も手ごろなNゲージ(軌間9mm)が普及していますが、やはり質感といい、迫力といい、HOゲージの魅力は色あせません。

 HOゲージのレールの上を列車が走る様はなかなかに勇ましいものです。

天賞堂模型2.JPGそんな憧れの鉄道模型のメッカともいうべき店が中央区銀座にあります。
ご存知〔天賞堂〕さんです。

もともと印房店としてスタートし、戦後、昭和24年から鉄道模型の製造販売に着手されたそうです。きっかけは当時の社長の趣味だったとか・・・。note 


天賞堂の鉄道模型は品質が優れているため、当初は海外からのほうが注目度が高かったといいます。実際、細かいところまでよくできており、ぼくも子どもの頃、天賞堂製の模型が欲しくてたまらなかったのです。ようやく手にしたのは〝EF65系電気機関車〟でした。そのときの感動やいかに。lovely

 

天賞堂の天使2.jpg今も天賞堂のビルに入ると愛好家たちがひっきりなしに訪れます。人気なのは国鉄カラーの特急電車や気動車、寝台車など、さまざまです。人それぞれに好みがあって、店内でも鉄道談義がやみません。

 

もう一つの見ておきたいのは、ビルの端にまといつくように立っている愛らしい天使像です。1997年のリニューアル時にシンボルとして設置されたとのこと。未だに少年の夢を追い続ける鉄道模型ファンの気持ちをうかがうようにも見えます。

 

中央区のまたまた一つの名所として、「鉄道模型の殿堂」を紹介させていただきました。train

 

 

 

続きを読む: 中央区鉄道ものがたり <その8> 「憧れの鉄道模型」

 

1783年創業の刃物専門店 人形町 うぶけや

[ムーミン] 2012年3月30日 08:30

 創業は 江戸時代の天明三年(1783年)大阪で開業し、幕末頃 現在地の近くに江戸店を開業、明治初年にこの場所に移転して現在に至ります。

 取り扱う商品は ハサミ、毛抜き、包丁など300種類以上。切れ味のおちた包丁を持ち込むと、研ぎなおしに応じてくれます。人形作家の辻村寿三郎先生もこちらの鋏を使用しています。

 屋号の「うぶけや」とは 赤ちゃんのうぶ毛も剃れるというところからきています。現在の「裁ちばさみ」は明治に入り,洋裁が増え それまでの和鋏が裁ちづらいことから、このお店の五代目が 原型を作ったそうです。

 現在の店は関東大震災後に建てたもので、東京大空襲にも耐え残りました。

 

F1000474.JPG F1000478.JPG F1000475.JPG F1000476.JPG F1000477.JPG

 

 

菓匠清閑院★銀座本店の和菓子

[まぴ★] 2012年3月29日 14:00

銀座では松坂屋に入っていて、京都が本店のお店ですが、
2010年11月、西銀座通りにオープンした直営店に行ってみました。


 


前に松坂屋で栗饅頭、しょこら三笠、椿の3つを買ったのですが栗饅頭、めちゃウマです!
しっとりして濃厚で。栗饅頭って白餡が多いけど、こしあんなのも珍しい。
そしてしょこらみかさ。
これまた濃厚なチョコレートで、外側のカステラも美味しい!
三笠って粒あんが多いけど、こんな三笠は大歓迎です。
そしてもう1つは、椿。
きざみ柚子入りの柚子餡の入った羊羹。大人の味ですね。


 

 


そして、直営店に行ったこの日は、2月だったのでひなまつりにぴったりの商品がありました。
桃がさね、野の苺。写真下右は雛てまりです。
桃がさねはフルーティな蒸しカステラのようでした。
やっぱりひなまつりって和菓子!ですね。


 


あと、毎月1.2.3日の3日間に限りこだわりの特別な和菓子があるそう。
その名も一二三餅(ひふみ餅)
3月は桜花餅、4
月は関東風さくら餅!食べてみたい~(*^^*)

しかし、有名なお店ってだいたい銀座に本店だの直営店があります。
7丁目という場所柄、夜のお持たせにもよく利用されていそうですね。


菓匠 清閑院のホームページ


 

 

東北復興支援は〝食文化〟から・・・・築地「緑のマルシェ」

[下町トム] 2012年3月29日 08:30

昨年の東北大震災の生々しい記憶は簡単に消えそうもありませんが、現地では少しずつ着実に復興に向けて前進していると聞いています。当方の方々の粘り強さと人間性に感心するばかりです。


緑のマルシェ_R.JPG
ぼくは募金くらいしか参画できていないので気恥ずかしいところですが、せめて東北の温泉に旅行に出かけたり、東北産の農産物を購入したりして経済復興に少しでも貢献できたらと考えています。


そんななか、築地場外の〔築地スマイル広場〕では、毎週土曜日に「緑のマルシェ」が開催されています。東北の農産物などを屋台に並べて新鮮な味覚を提供してくれます。riceball


会場模様_R.JPGこの企画は「NPO築地食のまちづくり協議会」が主催し、今年の5月26日まで毎週土曜日に開催されています。
築地に買い物の折には是非立ち寄ってみて下さい。


通常は朝8時から始まります。(31日は9時から) 


緑ポスター_R.JPG先週の土曜日24日はあいにくの雨でしたが、屋台からは元気な呼び込みの声が広がっていました。皆さん本当に明るくてたくましい。見て歩きながら言葉を交わすのも愉しいものです。


来週31日は特別イベント「B級グルメチャンピオンがやってくる」と題して、今や国民的話題のご当地グルメ〝富士宮やきそば〟や〝厚木シロコロホルモン〟が登場します。一皿100円が復古支援に役立てられますので、「うまいものを食べて少しの貢献」を体験できます。おいしいもの好きな皆様、是非いらしてみてはいかがでしょうか。restaurant


みどりの駅_R.JPG みどりの駅内部_R.JPG


なお、近くには常設の「緑の駅」もありますので、こちらも覗いてみて下さい。店内に横断幕が掲げられており、くじけない〝東北魂〟に触れる思いがします。


 築地場外散歩の一コースとしてお役立て下さい。shoe

 

 

続きを読む: 東北復興支援は〝食文化〟から・・・・築地「緑のマルシェ」

 
12345678