中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


有松絞り「竹田嘉兵衛商店」東京店のご紹介 

[kimitaku] 2013年11月13日 09:00

P1000446-tanmono2.jpg 人形町、小網神社から近いところに、

有松絞りの

  竹田嘉兵衛商店東京店 「笹加」 があります。

間口は狭いけれど、お店に入ると、絞り染めの素敵な着物がいっぱい。

ちょうどお昼前、店員さんが笑顔で応対してくれました。

 

本店は名古屋市にあり、寛保年間(1741年ごろ)に「竹田庄九郎商店」本店から分家したとのこと。

P1000459-sibori.jpgP1000457-1.jpg

有松絞りの説明をしていただきました。

 図案に従い、生地を糸で括り、それを絞り、染め上げてつくる。

その行程は非常に高度で、白生地に目安無しで、糸で括った模様が、そのまま反物になるとのこと。

 一人一人がそれぞれ一芸の絞り技法を持っており、その種類は100種にも及ぶとのこと。

絞りの一粒一粒、一筋一筋を、その手先指先に一生をかける伝統工芸だそうです。

 

例えば、良く知られている 「鹿の子絞り」でも、手結び鹿の子、突出し鹿の子、一目鹿の子、京極鹿の子、横引き鹿の子。そのほかにも数えだすときりがないとのことです。

 染め上げにも熟練度が要求されますが、染め上げた反物の糸を抜く作業がまた大変。それぞれの絞りで「糸抜き」の方法が異なるとのこと。

P1000445-tenugui.jpg そして 世界での絞り染めの技法の9割は日本で発達した技法であり、他の染色と異なり糊や蝋は使用しませんとのお話でした。

 

 私も可愛い「絞り染めの」の手拭い、江戸文化の伝統を醸し出す美しい模様でとても欲しくなりました。  

 

注:絞りとは 生地を染める前に糸で括ると、その場所が白くなり、以外の場所が染め上る、それを高度化したもの。日本書紀以前からの技法。 

 有松絞りは世界に発信。パリコレ(19993年)ドイツ、オーストリア、アメリカ、各国で、展覧会を開催しています。

 

P1000447-kin.jpgP1000453-sebiro.jpg 

長寿で有名だった「きんさん ぎんさん」も絞りの技術者だったそうです。

P1000543-tentyou.jpg
笑顔の写真は東京店長さんです。

 

お店の住所 中央区日本橋蛎殻町1-11-9

電話番号03-3666-4649 

お店の行き方 :

人形町の日本橋小学校の裏手、小網神社の前の通りを日本橋川方面に突き当たると、左手にビジネスホテルが見えます。 そのホテルの手前の道を左に入って徒歩 数十秒です。 最寄駅は「人形町」です。徒歩数分。