中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座の庶民派洋食店で腹ごしらえ

[下町トム] 2014年5月30日 14:00

中央区は"食の都"です。和洋中にとどまらず、さまざまな味覚を楽しむことができます。

したがって、たまにランチに出かけても目移りして困ってしまいます。


なかでも銀座はグルメの宝庫です。

自宅から近いこともあってよく食事に出かけます。

また、仕事の合間に通りかかった時も、いろいろなひいきの店を訪ねるのが楽しみです。

 

今回は洋食店のご紹介です。

煉瓦亭.JPG

スイス前.JPG

いつもよく利用するのは〔煉瓦亭〕〔スイス〕〔早川〕など。

もちろんそれ以外にもたくさんの名店があります。

レストラン早川.jpg
〔煉瓦亭〕はプライドと伝統をしっかりと守って、店の品格を大事にしています。何となく少し気取った気分にさせてくれるのも銀座ならではのモダンさでしょうか。

〔スイス〕はぼくの地元・築地にも店があるのでなおさら親近感を感じます。名物の"カツカレー"だけではなく、飽きの来ないスタンダードな味にひかれます。

あづま.JPG今回は、銀座六丁目にある〔あづま〕を訪ねました。この店はとにかく銀座という立地とも思えない庶民的な心安さがあり、気兼ねなく食事を楽しめるのが魅力的です。味は昔懐かしい洋食そのものという感じです。

ボリュームも満点で、しっかりおなか一杯になります。

ランチがこの量と質で880円というのも良心的です。いつも常連客でにぎわっています。
あづスパ.jpgぼくがよく注文するのは、ここの名物"あづスパ"です。型抜きしたご飯が懐かしいカレーライスの脇にクリームコロッケとナポリタンスパゲティ。子供のころあこがれた味がまとまってプレートに登場するのでわくわくしてしまいます。

旨いものを食べるときは本当に幸せな気分になりますね。

銀座散策の折にはしっかりとグルメも楽しみましょう。

 

 

波除稲荷神社 ご祭礼

[銀造] 2014年5月30日 09:00

ck0924_20150528.jpg 

  

築地の町角で至る所に御祭礼のポスターが貼付されています。

 
早く早くと、待ちきれない様子がうかがえます。

 

御祭礼は、6月7日が子供連合、翌日8日の千貫神輿の宮出は9時、宮入は15時、お歯黒獅子の宮出は10時で宮入が15時とのご案内です。

銀座6丁目の、「つきじTASSギャラリー若松屋」では、お祭りに必需品の衣装、股引、足袋、合財袋などを6月6日まで販売中です。
ちょっと、お祭り気分を味わいにでかけませんか?http://www.g-wakamatsuya.com/

P1000628.JPG

 

 

第90回記念 東をどり

[杏葉牡丹] 2014年5月29日 14:00

毎年恒例の新橋の芸者衆による「東をどり」が、5月24日~27日まで、新橋演舞場で行われました。

ck1203_20140528 (8).jpg  ck1203_20140528 (6).jpg

 

料亭や見番・置屋等が銀座や築地周辺にあるのに、なぜ「新橋花柳界」というのかは、以前にご紹介しましたが、もともと新橋芸者の技芸向上を披露する場として建てられた「新橋演舞場」で、第1回の公演が行われたのは大正14年。

それから数えて、今年は90回目の記念公演となるということで、私も久しぶりに観にいってきました。

 

まずは劇場の玄関を入ると、すぐ正面に「東をどり」の提灯が華やかに飾られています。

ロビーには、いつにも増して着物姿の方が目立ち、料亭の女将さんらしき方が、あちらこちらでご挨拶をしていらっしゃいます。

ck1203_20140528 (4).jpg ck1203_20140528 (9).jpg ck1203_20140528 (1).jpg

左手奥には、特設の「さ・か・す(酒・菓子・鮨)売場」のコーナーがあって、飲み物や東をどり限定のお菓子に、料亭それぞれで味付けの違うお弁当等が販売されています。

 

反対側のエスカレーター前の売店では、やはり限定のお菓子やグッズを販売。

ちょうどCD位の大きさに、芸者衆の写真が印刷されたパッケージのチョコレート等もありました。

ck1203_20140528 (13).jpg ck1203_20140528 (12).jpg

  

2階に上がれば、芸者衆の名前の千社札や団扇、扇子等の販売、日本酒の枡売り、ドン・ペリニヨンのグラス販売のコーナーもあります。 

普段は食堂になっている場所は、お茶席になっています。

ck1203_20140528 (2).jpg ck1203_20140528 (11).jpg

 

あちこち見ているうちに、開演5分前のブザーが鳴ったので、とりあえずは客席に急ぎます。

 

東京オリンピック招致のプレゼンで流行語にもなった「おもてなし」。

様々なところで見直されている日本のおもてなしの伝統ですが、その究極とも言える花柳界。

そんな中でもトップクラスの、新橋花柳界の雰囲気が味わえるとあって、客席は満員です。

ck1203_20140528 (5).jpg 

まずは幕が開いたとたんに、その艶やかさにホーッというため息が、場内に広がります。

 

ベテラン芸者衆5人が「青海波」を格調高く舞いますが、清元や三味線の地方さんたちも、もちろん芸者衆です。

 

 

目出度く舞い納めて幕が下りれば、30分の休憩。

とは言ってものんびりはしていられません。

なにしろ、この劇場を料亭に見立てて、休憩時間にお楽しみいただけるように、様々な趣向が凝らされているのです。

 

ck1203_20140528 (7).jpgとりあえずは売店に行って、プログラムを購入。

90周年記念らしく、金地に朱色で「東をどり」と題字が入り、上に藤の花が金で箔押しされています。

華美にならず、さりげない所に贅を尽くす粋さが、いかにも「新橋」という感じのデザインです。

ちなみに、第68回の表紙は、橋本明治による、伝説の名妓まり千代像です。

また、題字の「東をどり」は、料亭「金田中」の先々代のご主人によるもの。

そして、街中に貼られている赤いビラの「東をどり」の文字は、同じく「金田中」の先代のご主人によるものだそうです。

 

そして売店で発見したのは、絵札も取り札も新橋芸者衆の手になる「芸者かるた」。

とても雰囲気があり、めったに手に入らない物なので、早速購入しました。

ck1203_20140528 (14).jpg  ck1203_20140528 (10).jpg

 

グッズ売場には、鬘に衣装をつけた芸者さんもいて、皆さんの記念撮影の依頼に気軽に答えていらっしゃいました。

 

お茶席では、正装の芸者さんの御点前を拝見しながら、お薄と虎屋のお菓子をいただけますが、こちらは順番待ちの長蛇の列でした。

 

他にも沢山のコーナーがあるのですが、そうこうしているうちに、あっという間に次の幕の時間になってしまいます。

 

ck1203_20140528 (3).jpg二幕目は四場に分かれた「にっぽんの四季」。

春の「醍醐の花見」では、芸者姿ではなく、秀吉・北の政所・淀君・千姫に扮装して登場。

夏の「滝の白糸」では、本物の水を使って見事な水芸が披露されます。

秋は「陸奥の旅」と題して、東北への想いを込めて、大漁唄い込み、会津磐梯山等の民謡の群踊です。

冬の「夜の梅」では有名な「藤十郎の恋」をテーマに、ベテラン2人がしっとりと踊ります。

 

そしてそして、いよいよ待ちに待ったフィナーレです!

暗転した舞台に、太鼓と鉦の音だけが鳴り響きます。

え~まだなの?と思うくらい時間がたった頃に、やっと柝が入って、舞台は一転して、料亭の大広間に変わります。

真ん中には鳶の頭がいて、左右にズラリと出の衣装の芸者衆が勢揃いします。

 

来場のお客様へ、渡り台詞でご挨拶があり、一本締めで手締めをした後は、歌舞伎で吉原の場面等でよく使われる「さわぎ」という賑やかな曲に、久保田万太郎が詞をつけた東をどりの曲にのって、総踊りが始まります。

 

「ここに出たいから新橋芸者になった」という方もいると聞いたことがありますが、何度観ても、ため息が出るくらいに綺麗で、惚れ惚れとするぐらいに粋なのです。

 

ボーッと見とれていたら、舞台では、いつの間にか花道の方にまで広がった芸者衆が、やおら手拭いを客席に向かって投げ込みます。

客席では、その手拭いを取るのに大騒ぎ。

2階や3階でも、関係者が撒いてくれますので、十分にチャンス有りです。

 

頃合いを見計らって、その日の「芯」になるお姐さんが、トンと足で舞台を打てば、再び唄と踊りが始まります。

・東をどりは日本のをどり~、という歌詞が、最後には・世界のをどり~となって、幕が下ります。

 

終わった途端に、客席からは「ああ、綺麗だった~」「ああ、素晴らしかった!」という声があちこちから聞こえていました。

 

 

パイロットのペンステーション&カフェ

[まぴ★] 2014年5月29日 09:00

パイロットといえば、みなさんご存じの筆記用具のメーカーです。

この本社が中央区の京橋にあります。

 

RIMG1521.JPG RIMG1520.JPG

 

そこにカフェとミュージアムがあるので、一度に楽しんできました(*^^*)

 

まず1階にカフェがあるので、そちらで腹ごしらえ。

ハイティーというメニューには、ハイティースタンドに

ミックスサンドやスコーンなどが載っていて、ドリンク付きで700円

と、とってもリーズナブル♪

 

RIMG1510b.JPG RIMG1516.JPG

 

そして店内が、妙に落ち着きます。

女性のお一人様も入りやすい(*^^*)

 

そのあとは2階のペンステーションへ。

 

大きな蒔絵の万年筆がディスプレイされていたり、

筆記用具の進化を時系列でパネルで見ることもできます。

 

RIMG1512.JPG RIMG1515.JPG

 

そういえば小学生の1.2年の頃は鉛筆しかなく、

シャープペンシルが登場したときは画期的で感動しました♪

中学生の頃は透明の下敷きに文字が書けるモコモコしたインクのペンが流行ったり、

今は公私ともにゲルインキのボールペンを愛用しています。

そう考えると私の歴史の中でもかなりの変遷がありますね★

 

カフェもミュージアムもとてもまったりできるのでぜひぜひ(*^^*)

 

ペンステーション&ミュージアムカフェのホームページ

 

 

 

 

風情豊かな佃散策と月島でもんじゃ焼き一献~その1

[wombat] 2014年5月28日 17:00

  

< 行    程 >

月島駅(マクドナルド月島店)・・・佃波除稲荷神社の力石・・・佃小橋・大幟の柱・・・佃島渡船場跡・・・住吉神社・・・五世川柳・水谷緑亭句碑・・・佃公園・・・石川島灯台跡・・・リバーシティ21・・・石川島公園・パリ広場・・・日本初民営洋式造船所発祥の地・・・海水館跡・・・砲台跡・・・月島仲通り(もんじゃストリート)夢や

月島駅を出発 

ck1309_2014052801.jpg  ck1309_2014052802.jpg

  佃波除神社の力石      誰? 日本人は何処でもお祈りする

 

ck1309_2014052805.jpg ck1309_2014052803.jpg ck1309_2014052806.jpg

ck1309_2014052804.jpg


佃の路地裏に地蔵尊があり。

よくぞイチョウの木が育ってくれたものだ 

ck1309_2014052807.jpg ck1309_2014052808.jpg

佃のつくだに屋さん。大阪の味がしましたね。

ck1309_2014052809.jpg ck1309_2014052810.jpg

対岸の湊町にここから渡っていたんだあ 。

 

今回は、ここ佃島渡船場跡まで。続きは次回に 

 

 

写真展と講演会〔奈良まほろば館〕

[ジミニー☆クリケット] 2014年5月28日 14:00

奈良県のアンテナショップである奈良まほろば館は、中央通りをはさんで、日本橋三越新館の向かい側にあります。中央区には、各道府県のアンテナショップが数多ありますが、イベントや講演会の開催数では、この奈良まほろば館はトップクラスではないでしょうか?

naram1.JPG

現在、その2階で、写真展「私がとらえた大和の民俗」が開催されています。写真家10人による競作展です。大和の人々の暮らしぶりが、まつりや行事や祈りを通してみごとに切り取られており、なぜかなつかしさを感じさせる写真展です。期間は、6月1日まで

naram2.JPG

また、この写真展と連携して、5月24日に「大和のまつりと祈り」と題する講演会も開かれ、聞きに行ってきました。講演は、奈良県立民俗博物館の主任学芸員である横山浩子氏です。横山氏の1時間半にわたる講演は、大和に住む人々のくらしと、くらしのリズムにしっかりと根付いた年中行事のお話が非常に興味深く、充実した時間をすごすことができました

 

 

 
12345678910