中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


新川一番船

[之乎者也] 2015年12月21日 09:00

17世紀、材木を商って富を得、海運・土木などの分野でも活躍した豪商河村瑞賢(1618~1699年)は、霊岸島(現在の新川1丁目)付近に居を構えていましたが、1660年に大川へ通じる掘割を開削します。掘割は「新川」と呼ばれ、周囲には酒問屋の蔵が立ち並ぶようになります。ShinkawaSake1.jpg

【江戸名所図会「新川 酒問屋(さかどいや)」(長谷川雪旦 画)】

 

長谷川雪旦の描いた「新川 酒問屋」では、江戸湊まで菱垣廻船/樽廻船で運ばれた下り酒が、品川沖で伝馬船に積み替えられ、新川の河岸で揚げられる姿が描かれています。酒の輸送にはその後自動車が用いられるようになり海運は廃れ、また新川も戦後のがれき処理で1949年には埋め立てられてしまったため、酒問屋のあった場所は、町名とオフィスビルやマンションの合間に立つ「新川の跡 記念碑」にその名残を残すだけとなっています。ShinkawaSake2.jpg

【新川公園内に残る「新川の跡 記念碑」】

 

かつての酒問屋の賑わいのあとを求めて街を歩いてみました。

 

埋め立てられた新川跡に面するように新川1丁目のビルの合間にひっそりと建っているのが酒問屋の守り神として信仰された新川大神宮。今でも新川大神宮では毎年10月中旬に酒関係者が集まり例大祭が行われており、その様子(2014年のもの)は特派員サムさんからブログ記事「新川大神宮御例祭2014(http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2014/10/2014-6.html)」で紹介されています。

 

新川には現在も酒卸関係団体(全国卸売酒販組合中央会)、日本酒メーカー(白鹿、金盃など)、酒問屋(加島屋)などが拠点を置いており、新川大神宮にも日本酒・醤油ほか醸造関係者を中心に名前を連ねています。ShinkawaSake6.jpg

残念ながらこれら大きなメーカーからは我々一般消費者は直接買うことはできませんが、新川地区には今でも小売酒屋さんが数軒営業をしています。本日はその中の一つ、今田商店にお邪魔しました。ShinkawaSake3.jpg今田さんは広島県出身、実家は造り酒屋の今田酒造本店(東広島市安芸津町)で、「冨久長(ふくちょう)」というお酒を造っています。こちらは新川のお店でも買うことができます。今田さんに、おすすめの日本酒を紹介頂きました。右手の緑色の瓶が「冨久長」(今田酒造本店 )、左手は「誠鏡(せいぎょう)」(中尾醸造 広島県竹原市)です。竹原と言えば酒どころ。NHK朝ドラ「マッサン」の実家の竹鶴酒造も竹原でしたね!ShinkawaSake4.jpg新川という場所にこだわり、単にお酒の販売にとどまらず、お酒の魅力・面白さを伝えたいという気持ちでお店をやっている今田さん。ふらっと訪ねての試飲も可能ですが、定期イベントとして日本酒、ワイン、スパークリングその他の試飲会もやっていて、先月ボジョレー・ヌーヴォー解禁日(11月21日)に行われた日本酒会には80名のお客さんが来訪するという盛況だったようです。

日本にもすっかり定着したボジョレー・ヌーヴォー(Beaujolais nouveau)解禁イベント(フランスで始まったのは1951年)ですが、遡ること200年前の江戸時代、日本では「新酒番船(しんしゅばんせん)」という定例行事が旧暦10月に行われていたそうな。

新酒番船とは享保年間(1727年)から始まる行事で、上方から江戸へ酒を運ぶための樽廻船が、同時に上方を出帆しその年の新酒を江戸まで運ぶ早さを競うレースでした。通常の輸送では、2~3週間程度かかるところ、5日程度で運ばなければ入賞できない厳しいレースで、そのゴールはこの新川だったそうです。ShinkawaSake5.jpg

 【江戸名勝図会 「新酒番船江戸新川入津図」(二代目歌川広重 画)】

 

今田さんのご厚意により、店の高級酒コーナーの「大吟醸 龍力 新川一番船(兵庫県姫路市 本田商店)」を見せてもらいました。まさに、この「新酒番船」から取った名前のようですが、酒の本場である播磨の大吟醸に「新川」の名前が入っているなんて、なんだか誇らしい気分です。高級酒(一升瓶 7,000円弱)でしたのでさすがに試飲は無理でした(笑)が、何かのお祝いにかこつけて、買って一度味わってみたいものです。

ShinkawaSake7.jpg

 

【今田商店】

所在地:〒104-0033 中央区新川1-10-10

電話番号:03-3551-5885

営業時間:8:00~19:00(日・祝休)

 

【新川の跡 記念碑】

所在地:〒104-0033 中央区新川1-31-1

 

【新川大神宮】

所在地:〒104-0033 中央区新川1-8-17

 

 

聖路加健康ナビスポット・るかなび ランチタイム ミニ講座&ミニコンサート, Merry Christmas from St.Luke's students in Dec.2015

[銀造] 2015年12月20日 16:00

 2015年12月17日(木)、聖路加健康ナビスポットにて、ランチタイムミニ講座&ミニコンサートがありました。

 

ミニコンサートは、毎年末恒例の聖路加国際大学の聖歌隊&手話部の学生さんたちが素敵な歌を披露して下さいました。

今年は、男性のサンタクロースも登場して、会場を盛り上げてくれました。会場のお客様も、一緒に「赤鼻のトナカイ」を合唱しました。

DSC09107 (350x197).jpg

素敵な澄んだ声が、まるでお星さまと一緒に、天から降ってくるようで、

大変気持ちが癒されました。

  手話の方々もお上手で、サンタさんが袋を担ぐポーズ、

「あなたから、メリ・クリスマスの時には自分に向かって手を向けて、私からメリ・クリスマスの時には対人に手を向けて」、温かい意思が伝わってきました。

Yes, Santa Clause' s coming to town.  Wishing you  Merry Christmas and a Happy New Year.

 

 さて、病院では医療で身体の病気を治癒してくれますが、ここ聖路加健康ナビスポットは事前予防と必要な知識を教えて頂けます。

今日のミニ講座は、るかなびボランテイァの医師 白木和夫様で、「肝臓をいたわるために」でした。

飲み助の銀造には、大変勉強になりました。 

 次回は、2016年1月21日(木)12:30~13:20で、

ミニ健康講座は、「ジェネリックって何? お薬手帳は何のため?」です。

その後のミニコンサートでは、素敵な歌が披露されるようです。

どちらも参加するのが楽しみです。

 

 場所は、築地3-8-5、 聖路加看護大学2号館1階の「ぽるかルーム」です。

詳細は、こちらのHPをご覧下さい。http://rcdnp.slcn.ac.jp/lukanavi/

 

 

【江戸通りの名店☆】牛タン料理専門店-ゑのじ-(日本橋小伝馬町)

[お染] 2015年12月20日 09:00

今年もいよいよラストですね

忘年会はしましたか?(^^♪

 

さて、今回はずっと前からご紹介したかった、小伝馬町牛タン専門店 ゑのじ』 です。

こちらでは、牛タンに惚れ込んだご主人(仙台ではなく食の台所大阪のご出身!)が、

こだわりの料理の数々を提供してくださいます。

 

s22_01.jpg

江戸通り沿い、JR馬喰町駅とメトロ小伝馬町駅の間くらい。

鳥番長と伊勢重が目印です。

s22_02.jpg

1枚1枚に手書きメッセージが

ここからもわかるように、とにかく接客が素晴らしいです!

 

昔、焼肉屋のペラペラ牛タンしか知らなかった私は、初めて仙台で牛タン食べたときは肉厚なのでビックリしたものですが、ゑのじのも肉厚でそれより美味しいかもですし、何しろ「牛タン料理ってこんなに種類があるの」と思うくらいこちらにはたくさんメニューがあります。

東京で味わえるなんて本当に嬉しい限り。

 

夜はお酒の種類も豊富なようで、宴会メニューも充実しています。

「ゆでたん」??「ゑのじ鍋」??「すじポン酢」??「テールスープのお茶漬け」...って絶対美味しいですよね(´▽`*)

「牛タンコロッケ」や「メンチカツ」はランチにも定食メニューがあります。

 

s22_03.jpg s22_04.jpg

芋焼酎は<玉>金霧島、茜霧島...等の霧島シリーズ、日本酒etcも様々な取り揃えのようです。

 

私はチビさんがいるため、まだランチの時間にしか行けていません(T_T)...ので、

今回はそちらのご紹介をします。

 

やはりオススメはゑのじ定食」 ↓

s22_05.jpg s22_06.jpg

牛タンは肉厚ジューシーで香ばしい。右写真の上は「1.5人前定食」です。

ちなみに、サラダの手作りドレッシングも絶妙に美味で、癖になってしまいます。

しかし、 企業秘密とのこと(≧▽≦)

 

以前は土曜のお昼も開いていたので、空いたころを見計らってチビさん連れてよく食べに行っていました。

現在は土曜日は夜のみですが、平日のランチタイムの13:30過ぎは、日によって比較的空いている日もあるようです。

混んでる時間帯はサラリーマンの男性が多いので、時間をずらしてのぞいてみるのも一手◎

 

s22_08.jpg s22_07.jpg 

キレイなお座敷があって料理も美味しいお店はなかなかないもので、子連れにとっては有難いです。

 

s22_10.jpg s22_11.jpg

チビさん向けに出してくださいました。

このとき2歳前でしたけど、ご飯とテールスープは楽勝で食べてました。今なら牛タンもいけますね。

 

ちなみに、ゑのじのお誕生日2013年10月13日で、今オープン2年目とのことです。

首が座る前からちょこちょこ行かせていただき、お店のお姉さんもとっても優しくて...

我が家のチビさんとお誕生日が近いので、運命感じてしまいます。

 

今度は夜も行くぞ(`・ω・´)!

 

ランチタイムや忘年会、新年会...

絶品牛タン料理に舌鼓はいかがでしょうか

 

◆炭焼き 牛たん ゑのじ

住所:中央区日本橋小伝馬町14-8内田ビル2階

ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/59ry3t2u0000/

食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13163380/

s22_09.jpg

  

 

 

 

木挽町懐旧(レトロ)~酒蔵 秩父錦~

[之乎者也] 2015年12月19日 16:00

日本大好きなイギリス人の友人が出張で東京に来ることになりました。いつもはおいしい和食をということで、味優先でお店を決めていたのですが、世界遺産「白川郷」の番組を見て以来、古民家大好きな彼からは「伝統建築のレストランで」とのリクエストでしたので、今回は木挽町の秩父錦に行くことにしました。Chichibu5.jpg

実はこちらのお店、今年7月に選定された「中央区近代建築物調査100選」リストの最初http://www.city.chuo.lg.jp/bunka/timedomeakashi/kindai_kentikubutu_tyousa/kindai-ichiran.html)に載っている建物で、木造の「出桁(だしけた)造り」の町家です。 Chichibu6.jpg

【出桁造りの特徴(黄色矢印部分)】⇒梁(腕木)を側柱から外に出して、その先端に軒桁を出した構造。

銀座2丁目と交通の便は悪くはない場所ではありますが、昭和通りを越えた静かな一角にあります。銀座とはいえ木挽町ですので、昔は秩父錦のみならず似たような風情のある建物が立ち並んでいたのでしょうが、今では周囲は近代的な鉄筋コンクリート造りのビルに建て替えられており、そのような中にひっそりと佇む感じで立っています。

のれんをくぐり、ちょっと重い扉を開けて中に入ると、高い天井、木のカウンター、奥に見える神棚のあるお座敷と。。。ここは何処?本当に東京のど真ん中?という雰囲気の店内です。Chichibu1.jpg

 もともとは氷屋(氷や炭を売る店)だったのを昭和40年代以降改装し、居酒屋として運営しているお店でした。Chichibu4.jpg【店内に飾ってある「渡辺氷室」の写真】

 

こんにゃくみそおでん、揚茄子胡麻味噌、銀杏焼などの郷土料理ぽいものを注文してみましたが、メニューへのこだわりがいま一歩なのと、お世辞にもあまり良いとはいえないお店の方の愛想がちょっと残念かな。まあ、イギリスの友人はこんなもんでしょっ!それもレトロで良いじゃない。」とご満悦の様子でしたが。。。Chichibu2.jpg

昭和のレトロな建物の雰囲気を楽しみ、木挽町の昔に思いを馳せた夜でした。Chichibu3.jpg

 

【酒蔵 秩父錦】

所在地:〒104‐0061 中央区銀座2-13-14

交通:地下鉄日比谷線・都営浅草線東銀座から徒歩4分程度。

電話:03‐3541‐4777

営業時間:17:00~22:30(土日祝休)

 

 

日本橋

[みのり] 2015年12月19日 14:00

こんにちは、みのりです。

日本橋の方に行ってみました。散歩しやすい天気でした。

 

日本橋は慶長8年(1603)に初めて架けられたといわれ、翌年には五街道(東海道・中山道・日光道中・奥州道中・甲州道中)の起点となり、日本の中心、江戸の象徴となった。

明治に入ってからは、この橋の中央が国道の起点と定められ、明治44年(1911)に「東京市道路元標」が建てられた。

その後、都電の廃止に伴い、この標は日本橋室町寄りにある橋詰広場に移設された。

明治44年(1911)には、木造から2連アーチの石造橋に架け替えられている。

石造橋に使われた装飾品はすべて青銅製で、欄干の装飾照明柱には、想像上の動物である麒麟と獅子が設置された。装飾を担当したのは建築家の妻木頼黄。

(『歩いてわかる中央区ものしり百科』を参照)

15-12-17_001.jpg 15-12-17_002.jpg

  

また、江戸時代に高札場のあった南詰西側の「花の広場」には、昭和11年(1936)に日本橋区が設置した「日本橋由来記」の碑がある。

平成3年(1991)に80年を迎えることを記念して、平成2年(1990)7月から翌年5月にかけて広場の整備を行い、5月に完成式典が行われました。

整備にあたっては地域の方々の意見をもとに、日本橋橋詰を都心のオアシスとして人々の待ち合わせや地域の活性化になればと考え実施しました。

この整備工事に合わせ、愛称を一般募集するとともに、その愛称を末長く親しんでいただくため、記念碑として保存することとしました。

(平成3年10月3日 建設省 東京国道工事事務所 碑より参照)

 

明治維新後、新政府は中央政治機構の整備とともに町政の改革を急ピッチで進めた。

明治11年(1878)には郡区町村編成法が施工され、東京府内には日本橋区や京橋区をはじめとする15区と6郡が置かれた。

戦後まもない昭和22年(1947)3月、東京が22区制(のちに23区)になった時、日本橋区と京橋区は合併して現在に中央区が誕生する。

(『歩いてわかる中央区ものしり百科』参照)

 

 

「やげん堀 七色に光る 歴史かな」 講談の会は毎月28日14時から 納めの歳の市

[銀造] 2015年12月19日 09:00

 やげん堀商店会の役員をなさっている都営浅草線の東日本橋駅前のアスカブックセラーズの河邉悠一さんにお話しを伺いました。

 

薬研堀 講談の会は毎月28日14時に催されており10月28日に400回を記念した。

 そして、講談で話を切り替えたりする場合に使用される机を叩く、「はりせん」は、毎年12月30日に薬研堀不動院にてお焚き上げ供養して頂くそうです。

 

11月1日の薬研堀講談の会 in まるごとミュージアム2015にお邪魔したときに頂いたのが、東日本橋は両国橋際にある「大木唐からし店」の「両国大木の七色唐がらし」

 今でこそ、全国的に「七味唐辛子」と呼ぶのが一般的ですが、

寛永2年に"やげんぼり"中島商店が、薬研堀の地で七味唐辛子を考案したと伝わっています。

当初は、"とんがらし"と呼んでいたとのことで、薬研堀も、"やっけんぼり"と発音していたと、前述の河邉悠一さんに頂いたコラム「薬研堀は七味唐辛子の発祥の地!」に記載されています。

そして、「七色唐辛子」は、寛永2年長月に当時の将軍、徳川家光に献上し、大変気に入られたとのことです。

薬研堀では、唐辛子は七味でなく、七色と呼ぶのですね。 丁度、「納めの歳の市」が12月27日から29日にかけて開催されるので、お買い物と併せてお楽しみ下さい。

20151101 171.JPG

 「講談発祥の地」、「納めの歳の市」の碑もご覧になって行って下さい。

DSC08114 (350x197).jpgDSC08116 (350x197).jpg