中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


木挽町懐旧(レトロ)~酒蔵 秩父錦~

[之乎者也] 2015年12月19日 16:00

日本大好きなイギリス人の友人が出張で東京に来ることになりました。いつもはおいしい和食をということで、味優先でお店を決めていたのですが、世界遺産「白川郷」の番組を見て以来、古民家大好きな彼からは「伝統建築のレストランで」とのリクエストでしたので、今回は木挽町の秩父錦に行くことにしました。Chichibu5.jpg

実はこちらのお店、今年7月に選定された「中央区近代建築物調査100選」リストの最初http://www.city.chuo.lg.jp/bunka/timedomeakashi/kindai_kentikubutu_tyousa/kindai-ichiran.html)に載っている建物で、木造の「出桁(だしけた)造り」の町家です。 Chichibu6.jpg

【出桁造りの特徴(黄色矢印部分)】⇒梁(腕木)を側柱から外に出して、その先端に軒桁を出した構造。

銀座2丁目と交通の便は悪くはない場所ではありますが、昭和通りを越えた静かな一角にあります。銀座とはいえ木挽町ですので、昔は秩父錦のみならず似たような風情のある建物が立ち並んでいたのでしょうが、今では周囲は近代的な鉄筋コンクリート造りのビルに建て替えられており、そのような中にひっそりと佇む感じで立っています。

のれんをくぐり、ちょっと重い扉を開けて中に入ると、高い天井、木のカウンター、奥に見える神棚のあるお座敷と。。。ここは何処?本当に東京のど真ん中?という雰囲気の店内です。Chichibu1.jpg

 もともとは氷屋(氷や炭を売る店)だったのを昭和40年代以降改装し、居酒屋として運営しているお店でした。Chichibu4.jpg【店内に飾ってある「渡辺氷室」の写真】

 

こんにゃくみそおでん、揚茄子胡麻味噌、銀杏焼などの郷土料理ぽいものを注文してみましたが、メニューへのこだわりがいま一歩なのと、お世辞にもあまり良いとはいえないお店の方の愛想がちょっと残念かな。まあ、イギリスの友人はこんなもんでしょっ!それもレトロで良いじゃない。」とご満悦の様子でしたが。。。Chichibu2.jpg

昭和のレトロな建物の雰囲気を楽しみ、木挽町の昔に思いを馳せた夜でした。Chichibu3.jpg

 

【酒蔵 秩父錦】

所在地:〒104‐0061 中央区銀座2-13-14

交通:地下鉄日比谷線・都営浅草線東銀座から徒歩4分程度。

電話:03‐3541‐4777

営業時間:17:00~22:30(土日祝休)