中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


まち歩き、江戸和菓子と出会う(人形町2・3、浜町、蛎殻町編)

[達磨] 2016年7月13日 09:00

人形町2、3丁目は明治座の浜町、水天宮の蛎殻町と全体化して、江戸時代から明治大正の遊興の歴史を残す町。昭和20年空襲から逃れた家屋も残り、「人形町通り」「甘酒横丁」この路地には、「人気商店」「老舗飲食店」「匠のお店」「甘味店」があって、昔を思わせます。「長谷川時雨の旧聞日本橋」に書かれている明治初めの江戸風景が、"今"に再現されたのでは...錯覚を覚える町並みです。

 

日本橋7福神の、建替えられた「水天宮」と茅の輪が残る2丁目「末広神社」にお参りしました。

new_水天宮.jpg new_末広神社.jpg

 

人形町2丁目(明治座側人形町通り)には生和菓子の老舗がいっぱいですが、蛎殻町は見当たらず、浜町には『銀座あけぼの浜町店』と『茂ち月』があります。今回は2丁目『玉英堂彦九郎』『板倉屋』『縫月堂』の味記録です。

 

人形町通りの和菓子『玉英堂彦九郎』さんは24代目が暖簾を守ります。天成4年(1576年)頃に京都で創業して戦後、人形町に出店との事。人気「虎家喜(とらやき)」は虎柄のふんわりした皮と餡の食感が良い銘菓、お奨めの「玉饅」は5色の層の餡で、お姫様のような姿と風味の名品です。京都では夏越祓に食べるという「水無月」が店頭にありました。↓

new_玉英堂.jpg玉英堂

 

人形町通りを歩くと香ばしい匂い!創業110年人形焼き『板倉屋』さん、お客様の笑顔を入れて七福神の「人形焼」は皮の焼き具合としっとりこし餡の江戸風味です。

new_板倉屋.jpg板倉屋

 

末廣神社に近い表通りの『縫月堂』さんは、昭和8年人形町2丁目に開店。代表銘菓「一粒栗まん」は、粒の栗が白餡にやさしく包み込まれた美味しい品。「どら焼き」は、しっかりした餡ですが、後味が残らない江戸風です。

new_縫月堂.jpg縫月堂

今回、おわり。