中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


八重洲・巴里祭展〔ギャラリー八重洲〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年7月15日 09:00

parisai01.JPG

八重洲地下街にある画廊、ギャラリー八重洲・東京で、現在、「八重洲・巴里祭展」が開催されています

parisai02.JPG

八重洲・巴里祭展」は、2008年に日仏友好150周年を祝って始められたものだそうで、今年で9年目で、9回目になります

parisai03.JPG

会派や所属にとらわれず、パリにちなむ作品を中心とした企画展です

それぞれのパリを表現した力作が並びます

parisai04.JPG

ちなみに、巴里祭(パリさい)は、フランスで7月14日に設けられている、フランス共和国の成立を祝う日です(Fête nationale)

parisai05.JPG

1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日 (Fête de la Fédération) が起源となっています

parisai06.JPG

パリ祭」は日本だけの呼び名だそうで、これは、ルネ・クレール監督の映画 Quatorze Juillet (7月14日)が邦題「巴里祭」として公開されヒットしたためだそうです

邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たち

読み方について、今日では「ぱりさい」が一般的ですが、長政の妻・かしこは「名付けた者の気持ちとしてはパリまつりでした」と語っています

巴里祭」「パリ祭」は多くの『歳時記』のの季語です(以上、wikipedia)

parisai07.JPG

下の絵は、クロード・モネ画「パリ、モントルグイユ通り、1878年6月30日の祭日

parisai00.jpg

期間は、7月11日)から17日)までです。

ギャラリー八重洲のHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/gallery.php

芸術芸術芸術