中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「聖地巡礼」 ~聖地は君のすぐ隣に~

[小江戸板橋] 2016年12月 8日 14:00

夫婦割引で入場した映画館。

ふたりで見たかったのは、「君の名は。」

アニメは久しぶりだね。

ストーリーが進むにつれて、ハンカチで涙を押さえている。

その気配を感じながら、可憐なヒロイン三葉(みつは)の姿が君に重なって、嬉しくなった。

新宿、代々木、信濃町、四ツ谷、東京駅。

ほら、みんな知っている場所じゃないですか。

こんなに鮮やかに街の風景を描いてくれた。

飛騨高山、飛騨古川。

ここも家族で行ったところだよ。

山の深さが、木々の紅葉が、夜の輝きが美しかった。

映画館を出た後も、RADWIMPSの挿入歌のリズムが体を駆け巡っていた。

 

流行語大賞に選出された「聖地巡礼」は、本来の宗教的な意味合いを離れている。

物語の舞台に身を置き、心のざわめきを確認し、感動を再認識する行動へと変化している。

 

中央区はテレビ、映画、小説等の舞台として数多く取り上げられてきた。

私が「スラムダンク」以来、全巻揃えているコミック本がある。

羽海野チカ(うみのちか)さんが描く「3月のライオン」である。

「ハチミツとクローバー」のほんわかした画風の作家が、ピーンと張りつめたプロ棋士の世界観をどう表現するのか。

そうした興味から第一巻を手にしたのだが、読み続けてしまった。

中学生で将棋界へプロデビューした桐山零。

彼が活動するエリアは、中央区の様々な場所がモデルとなっている。

将棋会館がある千駄ヶ谷は別格としてわきに置いておこう。

川本家のある三月町は、月島・佃界隈。

中央大橋をはさんだ零のマンションのある六月町は、新川だろうか。

川本家の長女あかりさんが勤めるのは銀座のバー。

揺れ動く登場人物の心の内を、区内各所が効果的に表現している。

川本家のあったかい家族は、佃小橋の赤い欄干に。

隅田川の波のゆらぎ。

強風にあおられるハープ橋の唸り・・・。

 

10月からNHK総合で土曜の11時台にアニメが放送されている。

(良い子はベッドに入って寝ている時間じゃないですか!)

平成29年3月に前編、4月に後編の2部作で、神木隆之介が桐山零を演じる実写映画の上映も決定している。

さあ、舞台は整った。

「3月のライオン」の聖地巡礼を始めよう。

新たな魅力に、絶対出会うから。