中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ギンザシックス 素敵な外観だけでない配慮 銀座パサージュ、屋上

[銀造] 2017年5月13日 12:00

 平日朝の、まだ混雑していない時間帯にギンザシックスに出かけました。朝9:30、屋上庭園へは、銀座通りに面したFENDIの方から、北エレヴェータを利用しました。 屋上庭園からは、東京タワー、東京スカイツリーも見えました。 そして、素晴らしい植栽を楽しました。ほとんどの植物には名前を記したカードが添えられていて、親切です。

 

 何が素晴らしいかって、植栽のコンセプトは、「江戸の庭園文化」を考慮して、サクラやカエデ類など四季の移ろいを感じることができる樹種を採用、江戸の庶民の暮らしで身近に親しまれた庭園や園芸の文化を伝えようということらしい。これからの四季の移ろいを、品種豊かな樹々で楽しめますね。

 

また、「西欧の広場文化」をコンセプトに、中央部広場は、右手に芝生敷き、左側は水盆の2種で構成したとの事です。 小さなお子さんなら裸足で楽しめそうです。 屋上緑化と水盤を設置して、温度上昇対策ですね。 それよりも、利益度外視で、、この様な立派な屋上庭園を設置した企業姿勢に深く敬意を表します。

 

 そして、一度1階まで下りて来て、銀座通り側から三原通り方面へつながっている「銀座パサージュ」というエスカレーターを利用しました。 お買い物に来られるお客様用だけでなく、かってあった路地をビルの中に残して、地域の生活者のために再現したものだと思いました。「偉い!」と思います。

 

 建物の中央部地上1階の南北に貫通する、「横丁的な通路」の設置も、上記同様、地域の生活者のために設計されたのだなと思いました。 巨大ビルを建設しても、この様に細かい配慮をされた企業姿勢に感銘しました。