中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


まるごとミュージアム2017 AUTUMN GINZA2017

[銀造] 2017年10月21日 09:00

毎年楽しみにしている「まるごとミュージアム」と「オータムギンザ」の催し物。今年は、私は土日が勤務になって、楽しみが大幅に減。

しかし、入手したパンフレットで、参加できる日時で、楽しめるイベントを計画中です。

1508396022237.jpg

この「当日イベントガイド」にご案内のものでは、

③銀座奥野ビル306号室プロジェクト企画展が10月23日(月)から、

⑪所蔵資料展示会16㍉映画上映会 10月27日(金)京橋図書館にて、

⑬第69回中央区文化祭「築地社会教育会館作品展が10月26日(木)から、

⑮「昭和のまちの風景」展が、10月27日(金)から、つきじTASSギャラリー若松屋(築地6-12-3)にて開催されます。

1508396392218.jpg(←クリックすると大きくなります)

 

 皆様も早めに当日イベントガイドのパンフレットを入手され、沢山の楽しいイベントに参加され、楽しまれます様に。

 

 

変えていくもの・守り続けるもの  ~ たいめいけん ~

[rosemary sea] 2017年10月20日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をニュートラルに取材します、 rosemary sea です。

 

今回は日本橋の老舗・人気洋食店、たいめいけんさんのご紹介です。

創業者は茂出木心護(もでぎ しんご)氏。

 

1931年(昭和6年)独立し、1948年(昭和23年)に日本橋に移転。

「日本人のための洋食」を追求されて初代から二代目、雅章(まさあき)氏へ。

 

マスターa.jpgそして三代目、浩司(ひろし)氏へ。(右の画像)

時代に合わせて、お料理の数も味も変えてこられたそうです。

しかし守り続けるもの、しっかり受け継がれたもの、確かにございます。

親から子へ、そして孫へ。

伝統の味、これは確かです。

作家の池波正太郎さんをはじめ、多くの著名人からも愛された所以です。

 

株式会社たいめいけん 広報担当の鶴岡さんにお世話になりました。

画像もご提供いただきました。

 

なお、たいめいけんさんの5階、凧の博物館さんをご紹介しました記事はこちらです。

⇒   http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4674.html

⇒  http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4675.html

 

それではご紹介です。

 

1階はカジュアルに楽しめる洋食レストラン。

開店時刻から行列が絶えません。

人気の秘密は創業以来の味をお手頃料金でいただけること。

L1180067b.jpg

更に、ここで改めて言うまでもありませんが、伊丹十三監督の映画「タンポポ」で有名になりましたタンポポオムライス(伊丹十三風)

皆さんご存知ですよね。

チキンライスにのったふわふわオムレツ、これをナイフでスーッと切れ目を入れると・・・はらりと半熟状に香り高く開かれて・・・もう遊園地のアトラクションも顔負けです。

 

オムライス-1c.jpg

他にもオムライス、ハムライスを卵で包んだスタンダードなオムライスもございます。

 

DSC_0154c.jpg L1180096a.jpg

そしてそして、ボルシチ(左)やコールスロー(右)、何と今も50円で提供されています。

いただかない訳にはいきませんね。きっとご満足いただけます。

ここでロズマリ家族のタンポポオムライスの食リポ。

「オムレツが柔らかく、味もベスト。

大人から子供まで楽しめると思います。」

 

2階は本格的に味わう洋食レストラン。

落ち着いて伝統料理がいただけます。コース料理もございます。

小皿料理4a.jpg

ここでの名物料理は小皿料理

いろいろなお料理を少しづつたくさん召し上がれるお客様本位のお料理。

それもそのはず、この小皿料理はお客様からのお言葉が原点だそうです。

「年齢を重ねてくると量的に食べられなくなってきます。

この一皿を食べてしまうと次の料理が食べられなくなってくるから、悪いけど残してあります。

量が少なくていろいろ食べられる工夫はないのでしょうか?」、と。

・・・初代・心護氏はここから小皿料理を提供されはじめたそうです。

 

3・4階は宴会・パーティースペース。

大広間でゆったりと気心の知れたお仲間などでお料理をご堪能いただけます。

お料理もご希望に合わせてのご用意、お問い合わせお待ちしています。

 

【お知らせ1】

中央区と中央区文化・国際交流振興協会共催の「中央区まるごとミュージアム2017」が10月29日(日)に開催されます。

当日このイベントの1つとして例年通り、たいめいけんさんのビル5階、凧の博物館さんは無料開放となります。

通常は日・祝祭日は凧の博物館さんは休館日なのですが、この日はいつもの開館時間11:00~17:00にてお待ち申し上げております。

また、お食事にはぜひたいめいけんさんをご利用ください。

なお、ロズマリは中央区まるごとミュージアム当日は無料運行巡回バスのガイドの1人として、今年も皆様をご案内します。

 

【お知らせ2】

中央区観光協会が主催するまち歩きツアー「わくわくツアー」の"産業コース"にて10月26日(木)に、ツアー名「日本橋老舗巡り"南詰編(みなみづめへん)"」が催されます。

このツアーではたいめいけんさんのエレベーターを昇り、凧の博物館さんへ立ち寄ります。

なお、このツアーのご案内特派員にはロズマリが加わります。

参加申込につきましてはこのツアーは既に締め切られております。

ですが、他のツアーはまだ締切前のものもございます。

見どころ聞きどころ満載です。ぜひご参加ください。

他のツアーの詳細とお申込は右側のリンク集『中央区観光協会』をクリックし、"わくわくツアー 参加者募集"の項をご覧ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

たいめいけん

DSC02923a.jpg日本橋1-12-10

 

東京メトロ銀座線・東西線 / 都営地下鉄浅草線 日本橋駅 C5出口

駅上のCOREDO日本橋のななめ裏になります。

03-3271-2465

 

1階:年中無休

月~土 11:00~21:00

(ラストオーダー20:30)
日・祝 11:00~20:30

(ラストオーダー20:00)

 

2階:日曜・祝祭日はお休みです。

昼の部 11:00~15:00

(ラストオーダー14:00)
夜の部 17:00~21:00

(ラストオーダー20:00)

 

2・3・4階 予約専用ダイヤル

03-3271-2464

たいめいけんさんのホームページはこちら

http://www.taimeiken.co.jp/

 

 

 

トークイベントのご紹介〔福徳まつり〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年10月20日 09:00

10月22日)に開催される福徳まつりがいよいよ目前です

talkshow004.jpg

当日、福徳神社前の特設ステージ(下の地図の場所)で開催される「日本橋老舗の旦那トークショー」のご紹介です

時間は、12:3013:301時間の予定です。

talkshow008.jpg

ご出演は、有便堂三代目石川雅敏さんと、日本橋とよだ五代目橋本亨さんです

talkshow001.jpg

有便堂さんは、創業大正元年書画材料専門店

筆、墨、硯、和紙、顔料を取り扱うほか、額装、軸装などの仕立ても行っています

中央通りからむろまち小路に入ってすぐのところにお店があります

talkshow002.jpg

日本橋とよださんは、幕末)の文久三年創業、以来150有余年の歴史を誇る老舗割烹です

talkshow003.jpg

日本橋老舗旦那衆お二人のお話しを直接聞くことのできる貴重な機会です

是非、当日お昼過ぎの時間帯、福徳神社前の特設ステージ会場にお集まりください

talkshow005.JPG

 

(補 足)
福徳まつり当日のお天気が心配なのですが、

荒天(強風、大雨)でも、
「福徳くじ」の抽選会と

「日本橋老舗の旦那トークショー」は、

江戸桜通り地下歩道(三越前駅出てすぐ、コレド室町1とコレド室町3の間のスペース)で実施されますよ!

 

今回も、日本橋北詰商店会事務局スタッフである、株式会社タロー書房永藤哲太朗取締役にお世話になりました

ありがとうございます

talkshow006.JPG

「有便堂」さんのHPはこちら ⇒

http://www.yubendo.co.jp/

割烹「日本橋とよだ」さんのHPはこちら ⇒

http://www.toyoda.tokyo/

10月6日付の「福徳まつり」を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4665.html

日本橋北詰商店会のHPはこちら ⇒

http://nihonbashi-kita.jp/

福徳神社のHPはこちら ⇒

http://mebuki.jp/

 

 

雨でもみんな元気!「中央区子どもフェスティバル」

[えだまめ] 2017年10月19日 16:00

子連れ特派員のえだまめです

雨で一気に寒くなった10月15日(日)。

我が家の近所・浜町公園「第38回 中央区子どもフェスティバル」が開催されました。

対象は「3歳くらい~小学生」ですが

ちょっとフライング気味の娘あずき(2歳4か月)と共に行ってまいりました。

 

17-10-16-10-56-04-655_deco-1.jpg

お天気は今一つ、ではあったのですが。

子どもたちはものすごくたくさん!

かなりの賑わいでした。

たぶん、区内全域から子どもたち(+その保護者のみなさま)がお集まりですものね。

 
雨の日用の案内図も事前にちゃんと準備されていたんですね。

DSC_2041-1.jpg

晴天時と雨天時で催物の場所が変わるところが多数、だったようですので

これはありがたいです。

 

いつもお世話になります「総合スポーツセンター」も会場になっています。

DSC_2055-1.jpg

 

いつもは入るチャンスのない2階主競技場へ。

17-10-16-10-59-32-374_deco-1.jpg

犬の形の大きな「エアアスレチック」があったり

(日本橋四の部地区委員会)

DSC_2060-1.jpg

PK合戦があったり。(月島第二小・幼)

写真は撮れなかったんですが、ストラックアウト(中央小)もあったみたいです。

・・・これらはもうちょっとあずきが大きくなったら挑戦しましょう。

トランポリンは「3歳から」でしたし。

サッカーボールをゴールに向かって蹴る、というのもちょっと高度ですからね・・・。
 
 
そのかわり。

DSC_2057-1.jpg

射的(泰明小)に挑戦してみました(二人羽織状態で)。

DSC_2058-1.jpg

・・・むずかしい!(母が)

でも、景品は一ついただけました。

あずきは自分でヘアゴムをチョイス。2歳だけどちゃんと女子です。

 
外のグラウンドには

DSC_2040-1.jpg

消防車乗車体験コーナーがあったり(日本橋消防署)。

(あずきは頑として乗ろうとしてくれなかったのですが・・・
 

公園内のテントの中では

区内各小学校・幼稚園の工作コーナーが大盛況でした。

その中でもあずきでもできたもの。

DSC_2043-1.jpg

せっけんの「デコパージュ」阪本小)

可愛いシートをせっけんにくっつけてデコレーションします。

お次は・・・

DSC_2046-1.jpg

ころころ転がして・・・

DSC_2049-1.jpg

「スーパーボール作り」(久松小・幼)

 

黒い紙を削ると出てくるカラフルな形!

DSC_2066-1.jpg

「レインボーペーパーアート」(明正小)

 
そして、可愛いボールやイラスト・ビーズ・砂を入れて・・・

DSC_2067-1.jpg

「キラキラ★アクアドーム」(明石小・幼)

 

2歳になると、まだ言葉はつたないですが

「どっちがいい」という意志が出てきて

そしてそれを母に伝えることができるようになってきて。

なので「せっけんの模様どれがいい?」とか

「どの色のボールを中に入れようか?」とか

聞くと「これ。」って言ってくれるんですよね。

そのワンクッションがあるから

「自分で選んだ」「自分でやってみた」という感覚が残るんでしょうね。

意気揚々と各ブースで作ったものを握りしめて、ほくほく顔で浜町公園を歩くあずきなのでした。

帰宅後もせっけんを抱えて「せっけん!ちょうちょ!あわあわ!」と上機嫌でしたよ。

 

来年になったら、もっとたくさん出来るようになっているんだろうな・・・。

来年の「子どもフェスティバル」も楽しみにしたいと思います。

 

 

今週末、いよいよ「福徳まつり」!

[ジミニー☆クリケット] 2017年10月19日 09:00

fukuto444.JPG

先日このブログでも紹介した「福徳まつり」の開催日が、近づいてきました

10月22日)です

fukuto111.jpg

主催は、日本橋北詰商店会です

fukuto1015.JPG

当日のイベントは、

(1)日本橋老舗の旦那トークショー12:3013:30

(2)駕籠体験  (11:0016:00

(3)福徳市    (11:0016:00

(4)福徳くじ    (12:0016:00

です。

それぞれのイベントが行われる会場はこちらです

fukutizu000.jpg

(1)日本橋老舗の旦那トークショー

 福徳神社前の特設ステージで、日本橋の老舗の旦那衆が「日本橋の魅力」を

語り合います

(2)駕籠体験

 江戸時代の交通手段「駕籠」を体験することができます

 ただし、体験できるのはお子様だけです

下の写真は、昨年の駕籠体験の様子です

fukukago888.jpg

(3)福徳市

 日本橋北詰ゆかりの老舗・名店、16店舗の屋台がでます

下の写真は、昨年の福徳市の模様です

fukuiti000.JPG

(4)福徳くじ

 前回のブログで紹介した「富くじ」を模したイベントです

 豪華賞品が当たります

下の写真は、昨年の「富突き」方式による抽選風景です

fukuto1111.JPG

ちなみに、当日は、「第45回日本橋・京橋まつり」も開催され、中央通りを中心に、日本橋・京橋エリアパレード物産展が開催されます

福徳まつり」は、福徳神社の周辺エリアで行われますので、念のため

特に、「福徳くじ」の抽選の時には、抽選会場にいないとだめですよ

fukukago777.jpg

この日は終日、中央区でお祭り気分を満喫してください

fukuiti999.JPG

今回も、「福徳まつり」の取材に関して、日本橋北詰商店会事務局スタッフである株式会社山本海苔店大塚健二参与株式会社タロー書房永藤哲太朗取締役にご協力いただきました

また、昨年開催時の画像等のご提供もいただきました

ありがとうございます

fukuto555.JPG

10月6日付の「福徳まつり」を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4665.html

日本橋北詰商店会のHPはこちら ⇒

http://nihonbashi-kita.jp/

日本橋北詰商店会の店舗一覧はこちら ⇒

http://nihombashi-tokyo.com/jp/shop/shop-category/kitazume

福徳神社のHPはこちら ⇒

http://mebuki.jp/

第45回日本橋・京橋まつり」のHPはこちら ⇒

http://nikkyo.net/

 

 

白鶴銀座天空農園 稲刈り  ~ 白鶴酒造 ~

[rosemary sea] 2017年10月18日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をサプライして取材します、 rosemary sea です。

 

いつもセミナーをご紹介させていただいております白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、こちらは神戸に本社を置く白鶴酒造株式会社さんの東京支社ビル内にあります。

 

今回のご紹介はこの銀座のビルの屋上「白鶴銀座天空農園」さんです。

白鶴酒造さんは日本酒の情報発信の一環で、2007年より東京支社ビル屋上でお米を作るプロジェクトとして「白鶴銀座天空農園」をつくり、独自開発酒米「白鶴錦(はくつるにしき)」の栽培に取り組んでおられます。

DSC02962a.jpg

DSC02963a.jpg DSC02965a.jpg

今年も6月に田植えされた「白鶴錦」が順調に生育し、無事収穫時期を迎えました。

本日(10月14日)は待望の稲刈りです。

DSC02967a.jpg DSC_5294a.jpg

今回は白鶴銀座天空農園農園長:小田朝水(おだ あさみ)さん、並びに白鶴酒造株式会社 営業本部次長 松下さんにお世話になりました。

 

DSC02991a.jpg

ここで白鶴酒造さん独自開発の酒米「白鶴錦」について・・・

優良酒米開発のため、酒米の最高品種である「山田錦」の優良形質を解明し、更に優れた酒米を開発する目的で「白鶴錦」の育種に着手。

1995年、「山田錦」の父にあたる品種「渡船(わたりぶね)」と母にあたる「山田穂(やまだぼ)」の交配を開始し、優良品種を「白鶴錦」として2007年に品種登録。

 

優れた酒米(さかまい)とは・・・

好ましい性質としては「大粒で」「たんぱく質、脂肪分が少なく」「心白が大きく」「吸収率が良い」ことが挙げられるそうです。

 

「心白(しんぱく)」とは・・・

酒造好適米の中心部、白く不透明に見える部分・でんぷん質のことを言います。

でんぷん質の組織が粗いので、白く見えるようです。

 

そしてその「白鶴錦」の特長は・・・

「山田錦」に比べ、粒も心白も大きく、心白の発現率もほぼ「山田錦」と同等。

ですからお酒にしたときの味わいに深みがあります。

DSC_5306a.jpg

DSC02968a.jpg

この日の天気は雨が止み曇り。奇跡的です。

農園長、ミス日本酒の挨拶の後、農園長の合図でさあ、稲刈り、開始です。

刈り取るのは酒米「白鶴錦」の稲。

お酒の原料となるお米の収穫です。

翌週の、小学校の生徒さんの刈り取る分を残し、4区画分。

稲刈りを希望された皆さん、用意された鎌で刈り取りされています。

DSC02970a.jpg DSC02973a.jpg

DSC02972a.jpg

本日は110名ほどがいらっしゃったとのこと。

ご夫婦やお友達、親子連れの皆さんから歓声が上がりつつ、稲は次第に刈り取られていきます。

 

DSC02974a.jpg DSC_5351a.jpg

ミス日本酒が刈り始めると、それをからかう小田農園長。

それをまたお客様がひやかすという構図。

晴れ男の農園長の周りには笑いが絶えません。

やがてはミス日本酒や農園長を囲んで撮影会。

DSC_5381a.jpg

 

さて、小田農園長へのインタビューです。

「稲刈りを、体験として活かしていただければと思います。

銀座で稲刈り、ですけどね。

稲の生育は例年通り。

雨に降られる前に刈り取れればと思っています。」

  

ミス日本酒へもインタビューしました。

2017ミス日本酒(Miss SAKE)、田中梨乃(たなか りの)さんです。

「6月にこちらで小学生の皆さんと一緒に田植えをさせていただきました。

今回稲刈りということで、楽しみにしてきました。

今日は雨が降らなくてよかったです。」

「ミス日本酒には1年間の任期で今年の3月に選んでいただきました。

日本酒を通して国内外に日本の伝統文化をお伝えすることを目的として活動しています。

大阪出身ですが、今は東京におります。」

  

稲刈りを終えられたばかりの、幼児と一緒のお母様にもインタビュー。

「江東区からまいりました。

今年6月に、初めて田植えを体験させてもらいました。

ちょうどこのあたりに植えたんです。

東京で稲刈りができるのが貴重な体験なので・・・。

子供はドロドロですが。」

直後にお子さん、水たまりで転んで、「やると思った(笑)。」

 

DSC02975a.jpg DSC02976a.jpg

30分ほどで稲刈り、無事終了です。稲は干す段階へ。

立派な日本酒「白鶴錦」になるのが待ち遠しいですね。

いらっしゃった皆さんはこの後、ビル内で会食です。

 

白鶴ビル外観a.jpg白鶴酒造株式会社 東京支社

銀座5-12-5

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

03-3543ー0721

白鶴酒造さんのホームページはこちら

⇒  http://www.hakutsuru.co.jp/

 

 
<<前のページへ 1234567891011