中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


昔ながらのババロアメニュー  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ ~

[rosemary sea] 2017年11月 1日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』のスキルを示して取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェさん、11月1日(水)より11月30日(木)まで、創業115周年を記念しましたデザートが登場します。

長野県信州畑工房所有の資生堂パーラー専用ハウスで採れました夏秋いちご"恋姫"をふんだんに使い、昔ながらの"ババロア"に仕立てられています。

資生堂パーラーさんからの"いちごの贈り物"をお楽しみください。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それでは商品のご紹介です。

いちごババロアa.jpg

長野県 信州畑工房産 "恋姫"のストロベリーババロア

コーヒーまたは紅茶のカップサービス付   1,980円(税込)

昔ながらの優しい味わいのババロアを愛らしく再現。

綺麗な水と空気、そして人の手で大切に育まれ、専用ハウスで採れたいちご"恋姫"をババロア・ゼリー・アイスクリームに仕立てた贅沢な一皿です。

ひとつに約10個分の"恋姫"を使用しています。

 

恋姫a.jpg

<夏秋いちご"恋姫">

恋姫看板a.jpgご存知のとおり、いちごは冬から春にかけて収穫・出荷されるのが一般的ですね。

夏秋いちごは1年を通して収穫が可能な品種ですが、酸味が強くなり、大半を輸入に頼っていたそうです。

高温の夏場でも夜温が下がるという条件が必要な中、信州大学さんが新品種の開発に取り組みました。

そして長野県伊那市で、糖度が高く甘くて味が濃い、しかも香りも良く形もきれいな夏秋いちご"恋姫"の生産を実現されました。

資生堂パーラーさんは信州畑工房さんとのご縁でこの"恋姫"を育てる専用ハウスを持ち、夏から秋にかけても美味しいいちごを提供できるよう、一緒に取り組まれています。

 

・・・特別ないちごの贅沢感、そしてレトロ感溢れるババロアとの相乗効果、これはもういただくしかありませんね。

 

 画像はイメージです。提供されるお品は画像と異なる場合がございます。

 フルーツの入荷状況により、メニュー内容が変更となる場合がございます。

 

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日   月曜日(祝日の場合は営業いたします。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒  http://parlour.shiseido.co.jp/