中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


山本大也展「空間侵蝕」〔REIJINSHA GALLERY〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月26日 14:00

kukan001.JPG

銀座6丁目にあるギャラリーREIJINSHA GALLERYで、山本大也氏作品展空間侵蝕」が開催されています

kukan002.JPG

ギャラリーはみつわビルの地下1階にあり、1階は「宝石のミワ」さんです(下の地図、ご参照)

みゆき通り西五番街通りの交差点にあり、ギャラリーの入り口は西五番街通りに面しています

kukan111.jpg

期間は、11月10日)から12月1日)までです。

時間は、12時から19時までです。最終日は17時までとなりますのでご注意を

日曜日月曜日祝日はお休みです。

kukan003.JPG

作品を拝見して、山本さん技量に圧倒されました

kukan004.JPG

圧倒されたというか、これが本当に描かれたものなのかどうかの判断が、作品に顔をくっつけるようにして至近距離で見てもわからず、とても困惑させられてしまったという表現が正確かもしれません

下の作品、縦が人の身長ほどもある大作なのですが、この中に本物の取っ手」が一つだけ付けられているのですが、わかりますか

一つ以外はすべて描かれた取っ手」です

kukan006.JPG

作品に描かれたホチキスの針張られた細い糸、それらとそのがキャンバス上におそろしく細密に描き込まれているために、絵から浮かび上がって見えてしまうのです

kukan113.jpg

上の作品青ロ部分のホチキスの針、描かれたものです

kukan114.jpg

作品自体が、ギャラリー壁にめり込んでいるように見えてしまう、ものすごさまさに、「空間侵蝕

kukan005.JPG

ヨーロッパなどでは、教会や宮殿の壁面装飾に、トロンプ・ルイユ騙し絵)をよく見ますが、山本さんの作品は、描かれた題材が私たちの普段目にしているようなものだけに、余計リアルです

くどいようですが、下の作品もすべて描かれたものです

kukan008.JPG

百聞は一見に如かず

REIJINSHAさんのHPで、「『心地よく騙される自分を体感してください」というコメントがありましたが、まさにその通り

ギャラリーにお越しいただき、ご自身の目で見て、騙されてください

kukan009.JPG

なお、ギャラリーでの写真撮影および取材につきましては、ギャラリー山本さんにご了解とご協力をいただきました

ありがとうございます

こちらは絵ではありません

kukan011.JPG

REIJINSHA GALLERYのHPはこちら ⇒

http://www.reijinsha.com/

芸術芸術芸術