中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


老舗鶏肉専門店の玉子焼・焼き鳥  ~ 鳥忠 ~

[rosemary sea] 2018年1月20日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をボリューミーに取材します、 rosemary sea です。

 

人形町甘酒横丁の鳥忠(とりただ)さんは明治44年(1911年)創業の老舗です。

 

DSC03215a.jpg

鶏肉鶏卵の卸業かた洋食店を経て、再び鶏肉鶏卵専門店、そして現在は卸をやめ、地鶏専門店として三大地鶏のほか、玉子焼・焼き鳥・もも焼きなどを販売されています。

毎朝店内で、新鮮な鶏肉鶏卵を焼き上げています。

 

有限会社鳥忠 木越近治(きごしちかはる)専務にお世話になりました。

 

・・・それでは商品のご紹介です。

 

DSC03218a.jpg

親子焼

1日限定30本の、特別な玉子焼。

著名人にもファンが多く、人気商品です。

新鮮な地卵に鶏肉、選りすぐった三つ葉、そして水にまでこだわって作られています。

秘伝のだしを使い、手間もかけられています。朝から1つ1つ丁寧に焼かれています。

地鶏のひき肉と細かくした三つ葉を入れ、仕上げに青々しい三つ葉で表面を飾り、焼き上げてあります。

近隣の安産の神様・水天宮にちなみ、参拝に訪れる親子の健康を祈って、現在の四代目店主:木越忠雄氏が考案されたとのこと。

DSC03213a.jpgここでロズマリ食リポ隊の登場です。

「玉子の甘さがほどよく美味です。」S井さん。

「だしの香りと甘さが口の中で広がります。とても美味しいです。」初登場:H田さん。

「甘い玉子焼と鳥そぼろがマッチして美味しい。」T山さん3号。

「親子丼を食べているようで、ごはんが欲しくなります。」I倉さん。

「ジュロッと甘じょっぱいだしが広がっておいしかったです。」F川さん。

「関東風の甘さ、しょう油、だしが良くまとまっていて美味です。」K子さん。

「子供の頃を思い出す昔ながらの甘い玉子焼でした。」S枝さん。

「甘く程よいしょっぱさで、とてもおいしいです。」T山さん2号。

「だしの味と甘さが二度味わえる親子焼です。」F雄さん。

「関東風の甘~い玉子焼!ごはんのお供に!」Oさん。

 

 

DSC03207a.jpg

玉子焼

新鮮な卵と秘伝のだしで焼き上げられています。長年愛される鳥忠さんの味です。

 

 季節限定の玉子焼もございます。

  ・松茸入り

  ・菜の花入り

  ・枝豆のすり流し

などです。

それぞれの旬に販売となります。

ホームページなどでお知らせとなるそうです。

 玉子焼は全国(沖縄、離島を除きます)に宅配できます。

ご注文いただいた翌日にはお届けすることも可能です。

お支払方法・送料など、詳しくは下欄のお電話で。

玉子焼の他にもお届けできる商品もございます。

 

 

DSC03212a.jpg

焼き鳥

毎朝店内でさばいた新鮮な鶏肉を串に刺し、高温で焼き上げられています。

包丁の入れ方にも食べやすい工夫がされているとのこと。

 

 

DSC03210a.jpg

三大地鶏

名古屋コーチン【上段右から2つめ】、薩摩軍鶏(さつましゃも)【上段左から2つめ】、比内鶏(ひないどり)【上段右から1つめ】。

こちらが三大地鶏と云われているものです。

この他、宮崎県の「日向鶏(ひゅうがどり)」【上段左から1つめ】、宮城県の「香地鶏(かおりじどり)」なども取り扱いされています。

この取り揃えは豪華そのもの、パーフェクトなラインナップです。

それぞれの個性に合った食べ方があるそうです。ご相談ください。

 

 

DSC03173a.jpg鳥忠

日本橋人形町2-10-12

 

人形町通りから甘酒横丁に入り、明治座浜町公園に向かってください。

甘酒横丁ほぼ入り口の、50mほど歩いたところ、左手です。

03-3666-0025

営業時間  月曜日~土曜日 9:00~19:00

定休日  日曜日・祝日

鳥忠さんのホームページはこちら

⇒ http://www.toritada.co.jp/

 

 

なお、映画「祈りの幕が下りる時」ロケ地めぐり番外編として、鳥忠 木越専務のお話を後日掲載する予定です。

ご期待ください。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/