中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


倉品 雅一郎 展〔銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月23日 09:00

kuras201801.JPG

銀座1丁目、昭和通りに面した銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)2階ギャラリーで、現在、倉品 雅一郎氏による新作展hitokariudo 人狩人 human hanter 増殖するアセンブリッジ・アート 金属オブジェ「異世界」+「時刻機」」が開催されています

倉品さんの、こちらのギャラリーでの作品展開催は、3回目だそうです

kuras201802.JPG

倉品さん異色の経歴、なんと小学館35年間漫画誌編集者として、石ノ森章太郎あだち充さいとう・たかを藤子不二雄Ⓐ氏 他多数のそうそうたる作家担当してこられたそうです

kuras201803.JPG

ビックコミック」の編集長を歴任された後、現在は、藤子スタジオ顧問として「笑ゥせぇるすまんNEW企画などクリエーションの一線で活動されていらっしゃるとのこと

kuras201804.JPG

それと並行しながら、美術作家として、電子機器金属素材によるオブジェ彫刻=「アセンブリッジ・ アート」でご自身の世界観を追求してこられたそうです

kuras201805.JPG

アセンブリッジアート」とは、木片金属板などの素材・廃材を寄せ集めて作品にする芸術だそうです

そのため、倉品さんは、骨董市)等で、作品の素材となりそうな物を集められるとのこと

kuras201806.JPG

照明をあえて薄暗く設定したギャラリーには、ゼンマイモーター歯車メトロノーム謎の機械等を組み合わせた倉品さんの「作品」が展示されています。

kuras201807.JPG

人狩人(ひとかりうど)」という怖そうな名称古びた真鍮の存在感、時間の経過を刻む無機質な歯車の音、メトロノームのリズムの組み合わせ等によって、会場に入るとまったくの別世界に連れていかれた様で、逆にいい気持ちになりました。

要所要所に使われている市松模様タイルが「レトロモダン」と言うのでしょうか、古くて新しいです

kuras201811.JPG

真鍮の廃材を組み合わせて創り上げられた作品が、光背を背負った金箔仏像のようにも見えてきてしまう不思議な作品展、皆さんも体験されてはいかがでしょうか

kuras201808.JPG

開催期間が2月25日)までですので、このブログで、「漫画編集者」と「美術作家」を両立させてこられた作者新作展に関心をお持ちになった方は、是非早めにお立ち寄りください。

時間は、11時から18時までですが、最終日日曜日16時までとなりますのでご注意を

kuras201809.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、倉品さんからは直接展示品についての丁寧なご説明をいただきました

ありがとうございます

kuras201810.JPG

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)のHPはこちら ⇒

http://kawasaki-brand-design.com/