中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


現代版『橋づくし』~橋と時代をこえて~

[Hanes] 2018年4月30日 18:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
新緑が眩しい季節となり、自然と歩く時間が増えてきた今日この頃...
やはり、「期間限定の展示を見に行く」、「評判のスイーツを食べに行く」といった
何らかの目的があると散歩のモチベーションが上がりますよね

今回は、築地・新富エリアを舞台にした三島由紀夫短編小説『橋づくし』に基づく
ワクワク、ドキドキする散歩ルートをご紹介します
まず、その小説の内容を簡単にご説明しますと、陰暦8月15日の満月の夜に
4人の女性が7本の橋を渡り、願掛けをしようとするというものです。

しかし、ただ橋を渡って願い事をするだけではありません!
・願い事をお互いに言ってはならない
・家を出てから、7本の橋を渡りきるまで口をきいてはいけない
・知っている人から話しかけられてはいけない
・同じ道を二度歩いてはいけない
といったルールがあり、それらに加え、橋を渡る前と後には、
手を合わせてお祈り(合計14回)をしなければなりません。
大したことのないルールのようですが、守るのが意外と難しいのです

私は興奮と不安が入り混じる中、それらのルールを頭に叩き込み、
現代版『橋づくし』と称した願掛けを早朝に決行することにしました
まず、第一、第二の橋である三吉橋(橋が2本架かっているため2カウント)へ向かい、
橋の袂にある『橋づくし』に言及した碑をチェックします。
昔、川があった場所も一目で把握できますね!

DSC_1881.JPG

そして、この小説が収録されている本を片手にいよいよスタート

DSC_1883.JPG

朝日に照らされた中央区役所方面を臨み、小説の該当箇所を読みます。
「橋の欄干は低く、その三叉の中央の三角形を形づくる三つの角に、おのおの古雅な鈴蘭燈が立ってゐる。鈴蘭燈のひとつひとつが、四つの燈火を吊るしてゐるのに、その凡てが灯つてゐるわけではない。月に照らされて灯つてゐない灯の丸い磨硝子の覆ひが、まつ白に見える。」(p. 320)

DSC_1882.JPG

生憎月ではなく太陽が出ている時間帯でしたが、鈴蘭燈と思わしきものを発見

DSC_1885.JPG

小説に登場するものと同じものが見られるなんて、物語の世界に入り込んだようでなんだか不思議な気分
思わず歓喜の声をあげそうになりましたが、ぐっとこらえて次の橋を目指します

第三の橋は、築地橋

DSC_1886.JPG

DSC_1887.JPG

願掛けを終えて小説を読み返すと、
「ここに来て気づいたのだが、都心の殺風景なかういふ橋にも、袂には忠實にが植ゑてある。ふだん車で通つてゐては気のつかないかうした孤獨なが、コンクリートのあひだのわづかな地面から生ひ立つて、忠實に川風をうけてその葉を揺らしてゐる。深夜になると、まはりの騒がしい建物が死んで、だけが生きてゐた。」(p. 322)
とあります。

川は埋め立てられてしまいましたが、
なんと、今でも窮屈そうに柳が生えているではありませんか

DSC_1889.JPG

「もしや...これは小説に登場するあの柳なのでは?」と淡い期待を抱きつつ、
第四の橋である入船橋へ歩を進め、願い事を済ませます。

DSC_1890.JPG

そして、第五の橋に向かう途中、小説には、
「やがて左方に、川むかうの聖路加病院の壮大な建築が見えてくる。それは半透明の月かげに照らされて、鬱然と見えた。頂の巨きな金の十字架があかあかと照らし出され、これに侍するやうに、航空標識の赤い燈が、點々と屋上と空とを劃して明滅してゐるのである。病院の背後の會堂は灯を消してゐるが、ゴシック風の薔薇窓の輪郭が、高く明瞭に見える。病院の窓々には、あちこちにまだ暗い燈火をかかげてゐる。」(p. 325)
という描写があります。

DSC_1900.JPG

小説同様、薔薇窓を横目に見ながら先を急ぎます。

この時ちょうど早朝パトロール中のお巡りさんを見かけ、
「小説同様に声をかけられたらどうしよう」とドキドキしてしまいました!
それでも無事に無言のまま築地川公園にある暁橋に到着。

DSC_1891.JPG

これまでの橋と異なり、橋を渡っているという実感はありませんが、
後ろ側から見ると、橋らしさが感じられます

DSC_1892.JPG

公園内を移動し、第六の堺橋の親柱を発見

DSC_1895.JPG

ここまできたら何としてでも無事に第七の橋を渡りきりたいという気持ちが強くなり、
小走りで向かった備前橋

DSC_1897.JPG

小説にある
「三味線の箱みたいな形のコンクリートの柱に、備前橋と誌され、その柱の頂に乏しい灯がついてゐる」(p. 329)
を思い出し、実際の橋と見比べたうえで、最後の願い事をしました。

普段歩きなれた道ですが、現代版『橋づくし』をしてみたところ、
むしろ新鮮で、これまであまり意識することのなかった何十年と変わらない風景に気づくことができました
温故知新という四字熟語がぴったりですね!

その一方、高いビルが増えたことで、見えなくなってしまった風景もあります。
さらに数十年過ぎた頃、小説に登場する満佐子や今の私と同じくらいの年齢の女子が、
原作の時代と2020年のオリンピック前の築地・新富エリアに思いを馳せながら、
新たな時代の『橋づくし』に挑むのかもしれません
その頃までに、このエリアはどのような変貌を遂げているのでしょうか...

築地・新富エリアで散歩をする際は、そのような時の流れを思い出しつつ、
ワクワク、ドキドキに満ちた体験をしてみてはいかがでしょうか

【参考文献】(本記事内のページはこの文献に基づいています。)
三島由紀夫(1973)『三島由紀夫全集第十巻』新潮社.

【関連記事】
特派員の先輩方も『橋づくし』のルートを歩いていらっしゃいます
滅紫さん:「三島由紀夫『橋づくし』を歩く―三吉橋から備前橋まで―」
CAMさん:「橋づくしツアー」(1)「橋づくしツアー」(2)

 

 

国分北海道、「缶つまJAPAN」2品新発売です。  ~ ROJI日本橋 ~

[rosemary sea] 2018年4月30日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をメジャーインして取材します、rosemary seaです。

 

この度、国分北海道株式会社さん(本社:北海道札幌市)より、地域密着卸として道内の素材を生かした「缶つまJAPAN」シリーズの第三弾2品を発売いたします。

それは「北海道産エゾシカ肉トマト煮」「北海道名寄産ひまわり畑ポーク豚丼風味 味噌味」です。

発売日は北海道エリアでは5月1日(火)、北海道以外のエリアでは5月10日(木)とのこと。

このお品は国分グループ本社さんが運営するセレクトショップ「ROJI日本橋」さんでも5月中旬以降お取り扱いします。

 

・・・それではお品のご紹介です。

エゾシカ_現物_150(640px).jpg

缶つまJAPAN 北海道産エゾシカ肉トマト煮

   内容量:75g

   希望小売価格:900円(税別) ※北海道エリアでは800円(税別)

   賞味期間:36ヶ月

北海道産のエゾシカ肉を、やはり北海道産のトマトピューレ、香味野菜、ワイン等でじっくり煮込みました。

エゾシカ肉は、「エゾシカ食肉事業協同組合」(所在地:北海道斜里郡斜里町新光町)が認証する食肉処理施設で処理されたものを使用しております。

北海道産トマトピューレの甘味と爽やかな酸味が、柔らかなエゾシカ肉の旨味を引き立てる一品です。

 

ひまわりポーク_現物_150(640px).jpg

缶つまJAPAN 北海道名寄産ひまわり畑ポーク豚丼風味 味噌味

   内容量:75g

   希望小売価格:700円(税別) ※北海道エリアでは600円(税別)

   賞味期間:36ヶ月

北海道名寄市、日本最北端の養豚場「北名(ほくめい)ファーム」

新鮮な空気と水を使って健康的な豚を飼育しています。

「ひまわり畑ポーク」は肉質向上のためにオレイン酸が豊富なひまわり油の絞りかすを飼料に混合し飼育した豚の肉。

それと、北海道札幌市の明治25年創業、岩田醸造株式会社のめいんブランドである北海道の味噌「紅一点」

この缶つまは「ひまわり畑ポーク」を「紅一点」や砂糖、醤油、香味野菜等で味付けしました。

味噌のコクと甘辛醤油の深い味わいが、柔らかい肉によく染み込んだ一品です。

 

・・・北海道の大地を感じるおつまみ、お酒がより美味しくなることでしょうね。

   ぜひぜひご堪能ください。

 

国分北海道株式会社

マーケティング部 事業開発課

011-350-6309

受付時間 9:00~17:30 ※土日祝日を除く

国分北海道さんのホームページはこちら

⇒ http://www.kokubu.co.jp/hokkaido/

RJ_193_sa.jpg

ROJI日本橋

日本橋1-1-1 国分ビル1階

営業時間 月~金 11:00~18:30

     土曜・日曜・祝日は18:00まで

定休日 不定休

03-3276-4162(ヨイロジ)

ROJI日本橋さんのホームページはこちら

⇒ http://www.roji-nhb.jp/

(国分北海道さんのホームページからも入れます。)

 

 

 

七五 春の味覚、「筍」

[あすなろ] 2018年4月30日 09:00

この時期美味しい初物と言えば、タケノコ。

竹の芽なので「竹の子」と呼びますね。

 筍_450.jpg

 芽が出てからわずか十日で竹に成長することから

十日間を意味する「旬」を使い、「筍」とも書きます。

風味豊かな生の筍が手に入るのは、

この時期の十日間ほどでしょうか。。。


 古くは、「苦竹」といわれ、食用には不向きでしたが

江戸時代に中国から孟宗竹が伝わり、その筍は

柔らかく、苦みも少ないため、好んで食べられるように

なりました。

「初物七十五日」ということにもあやかって

ぜひ味わいたい春の味覚の一つです。


築地場外市場店舗検索

 

 

わんこのドライフード新入荷〔GINZA MUKU〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年4月29日 18:00

dryfoo201801.JPG

銀座2丁目の銀座GTビル1階にはいっているペットショップGINZA MUKU」さんです

dryfoo201800.jpg

場所は、昭和通りから中央区役所に向かう通り沿いで、三吉橋銀座ブロッサムの近くです

dryfoo201802.JPG

お店にお邪魔すると、ドライフード新商品が入荷していました

dryfoo201804.JPG

ドライドササミビッツです

dryfoo201805.JPG

こちらは、ドライドツナクランチです

dryfoo201807.JPG

そして、我が家のわんこのために購入したドライドチキンギザード砂肝)とドライドビーフレバーです

家でまず砂肝の方を食べさせましたが、よほどおいしかったのか瞬食しました

これらの商品は、すべて無添加無着色で、先月と今月発売されたばかりのものです

なお、店内での写真撮影については、店長にご了解をいただきました。

今年1月、わんこ寒さ対策グッズを紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/01/ginza-muku-2.html

GINZA MUKUさんのオンラインショップはこちら ⇒

http://www.muku-online.com/

 

 

OLIVIERS & CO GINZA  オリーブオイル専門店

[銀造] 2018年4月29日 14:00

 OLIVIERS & CO GINZA は、オリーブオイルの専門店です。フランスから日本に初上陸のオリーブオイルの専門店との触れ込みです。

明るく開放的なお店なので、ついつい引き寄せられて入店しました。

 世界各国のオリーブが、所狭しと陳列されています。

DSCN0710 (400x300).jpg

 親切な女店員さんから、オリーブオイルの効用について、お話を伺いました。

そして、オリーブオイルのテイストをさせて頂きました。

DSCN0712 (400x300).jpg

左から、フル―テイ Fruity 、フローラル Floral 、グラッシー Grassy 、ストロングStrong という段階分けです。

製品名と生産地別では、左から Pago de Penarrubia, Spain 、Agrolaguna, Croatia 、Fendo Disisa, Italy 、L'extra verte, Spain です。

皆さんも、是非お試し下さい。 

オリーブオイルは、オレイン酸を多く含むので、アンチ・エイジングに効果があるとの事です。 一番右端の製品は、緑果の時に摘果するのでポリフェノールが沢山残っているとのお話でした。 (そういえば、アセローラという果実も緑果の方が、熟果より余計にヴィタミンCを含んでいると聞いたことがあります。)

 なお、11:00~14:00の時間には LUNCH も召し上がることが出来、この日のメニューは、

☆魚のハーブグリル ラタトゥィユ添え、☆ラデッキオとクレソンとサニーレタスのサラダ、☆エンドウ豆のスープ、☆バゲット&ライ麦パン

14:00~17:00はカフェ・タイム、 17:00~21:00はワインを楽しむことができます。

住所は、中央区銀座1-3-3 GI ビル1階で、銀座さくら通りに面しています。

 

 

「がんこ銀座一丁目店」の紹介

[ようちゃん] 2018年4月29日 09:00

中学校の同窓会で利用している「がんこ銀座一丁目店」を紹介します。私の母校の中学校は、九州の片田舎の学校ですが、所謂団塊の世代の末期で、クラスの数が16組もあり、一学年の同期が700人を超えるというマンモス校でした。卒業して40数年が経過し、関東在住の者が花の東京のど真ん中である中央区の銀座で同窓会を開いています。今回は17名が集まり、楽しく懐かしい時間を過ごすことができました。会場は20名位が入れる個室でした。座席は掘り炬燵形式でゆったりと足が伸ばせ足首の弱っているシニアには優しいものです。正面には床の間があり、チョットリッチな雰囲気です。今回は「春の特別御膳」飲み放題付きで5,500円をお願いしました。

これが会場です。

会場.jpg最初に各個人の膳には次のような料理が並べられていました。初めの料理.jpgそして宴が進むにつれて、てんぷらやお寿司、水炊きやデザートが配膳されました。

追加・てんぷら.jpg 追加・鍋.jpg追加・寿司.jpg

生ビールは飲み放題のメニューに入っていないのですが、最初の乾杯の一杯だけ、全員にサービスで付けてくれました。午後3時から始まり、6時までの3時間十分楽しむことができました。銀座で適度な価格で宴会場を探すとなると、チョット骨が折れますが、参考にしてください。場所は銀座通りの「銀座一丁目」交差点のところです。

 

 
1234567891011