中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地場外市場 店頭での楽しみ

[銀造] 2018年8月 1日 14:00

 沢山のお店が犇めき(ひしめき)、賑わっている築地場外市場です。

魚介類の焙り焼BBQ、玉子焼き、さつま揚げ等のすり身製品、フレッシュ・ジュースやアイスクリーム、ジェラートを店頭で販売されています。 これらの美味しい物は、店頭での喫食が許されておりますが、「食べ歩きは禁止」されています。

 実際に、どんな美味しい物が販売されているか、調査しました。

1.市場橋から波除通り

 丸豊(おにぎり)、伊八(夏場はパイナップル、マンゴなどのフレッシュ・ジュースで、Sカップ¥500~。通常は、めんたいこ)、お隣のお店は鳩屋(冷茶で出迎えてくれます。美味しく香ばしい海苔の他に、アーモンド、ドライフルーツ)。前後に、丸武、築地山長、大定(だいさだ)などの玉子焼きのお店で、焼き立て、冷やした玉子焼きが串で召し上がれます。 気に入ったら、大判の玉子焼きをお土産にして下さい。

2.築地魚河岸・海幸橋棟、小田原棟

 ビルの中に入り、体調を整えましょう。 新鮮な魚介類を見て行きましょう。

およそ100軒の鮮魚と青果のお店があります。 店頭で焼き立ての新鮮なエビや蛸を使ったお煎餅がお買い求めできます。

 築地魚河岸は15時閉店です。閉店前に駆け込むと、お得な時もあります。

 

3.築地東通り(一旦、晴海通りに出て)

 築地木村家(あんぱん他)、茂助だんご、鮨処つきじや等のお鮨のお店、海鮮丼のお店があります。

 つきじ味幸堂から右折して築地紀文店の方へ向かうと、

 

4.築地仲通り

 角には、築地紀文店、向かいには「味の浜藤」があり、さつま揚げ、おでん種を販売しています。

「味の浜藤」のお隣では、「築地わらびもち。わらび餅串¥250。」、その向かいが「菅商店」(シューマイなど飲茶製品。蒸し立ての餃子、プチ肉まんが1個から召し上がれます)、戻って、紀文の向かいには、「そらつき」(フレッシュフルーツを串に刺して販売。夏いちご串¥600)のお店があります。

5.築地西通り(晴海通りの、上等な昆布を販売されている吹田(すいた)から、通りを進むと、すぐ隣が、「そらつき・本店」で、いちご大福1個¥300が販売されています。すしざんまいの前を通過して、鯨製品で有名な「鯨の登美粋」では、鯨の竜田揚げ(紙コップ入り、¥380円)が召し上がれます。 直進して、「廻るすしざんまい」、「カキ小屋」の向かい辺りに、築地虎杖(いたどりと発音)があり、帆立串うにのせ(¥1,000)が食べられます。

 (ご注意:値段は取材時、2018年7月23日現在。変更になっている場合があります。)

築地場外市場のお店は、中央市場の休みに合わせて閉店する場合があります。営業時間とお休みの情報は、こちらでご確認下さい。http://www.tsukiji.or.jp/