中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


重陽 菊と呉茱萸

[あすなろ] 2018年9月11日 12:00

9月9日、菊の節句との異名もある重陽には、
菊被綿という風習が伝えられています。

菊被綿は、重陽の前夜に菊の花を真綿で覆い、
重陽の日の朝に菊の香りと夜露が染み込んだ真綿で
身体や顔をなでると、若さを保つことができるとされ、
不老長寿を願って行われました。

 菊.jpg

また、古代中国の故事で、重陽の日に呉茱萸の実を
入れた赤い袋を身に着けて山に登り、菊酒を飲むと
災いから逃れられるといわれました。

 お守り.jpg

福徳神社では、呉茱萸の実を収めた茱萸嚢(しゅゆのう)
を特別な御守りとして数量限定で授与されます。

伝統を感じ愉しむ、大切にしたい行事ですね。

 鳥居.jpg

◆福徳神社
 東京都中央区日本橋室町2-4-14