中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


わんこを連れて秋の川べり散歩(前半)

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月14日 09:00

季節もよくなり、お散歩最適の時候になりました

下の地図赤い破線川べりを、午前中、愛犬2頭と一緒に散歩しました

から・・・と、反時計回りに歩きました

前半ではからDをご紹介します。

tukuda201800.jpg

エリアA

佃大橋のたもと、湊側に残る「佃の渡し」の名残り、佃島渡船場跡です

tukuda201801.JPG

佃大橋は、昭和39年(1964年)に、「佃の渡し」に代わって架けられたシンプルなデザインの橋です

tukuda201802.JPG

1964年というと、前回の東京オリンピックの年で、開催に間に合わせるためにシンプルなデザインになってしまったと聞いたか読んだかした記憶があるのですが、ちょっと曖昧です

北側の歩道から眺める佃島越しの高層マンション群は、東京江戸を一緒に見ているようで、好きな景色です

tukuda201811.JPG

エリアB

佃島は、1644年、摂津国西成郡佃村から江戸入りした漁民が、隅田川河口を埋め立てて築造しました

佃島漁民が、彼らの保存食用にと雑魚塩や醤油で煮詰めたのが佃煮の発祥とも言われています

tukuda201803.JPG

佃の渡し」の名残り、佃島渡船場跡(佃側)です

tukuda201804.JPG

この石碑のそばに、劇作家佃島を愛した北条秀司句碑も建っています

雪降れば 佃は古き 江戸の島

tukuda201805.JPG

佃島のモニュメント的な佃小橋

佃川支川に架かっていて、朱塗りの欄干が印象的です

tukuda201806.JPG

エリアC

石川島灯台跡です

tukuda201807.JPG

石川島灯台のはじまりは、1866年に、石川島人足寄場奉行が、隅田川を航行する船舶のために、人足の手で築かせた常夜灯です

石川島人足寄場は、あの"鬼平"長谷川平蔵老中松平定信に提案して作ったんでしたよね

このあたりは、旧石川島播磨重工業跡地で、超高層マンションが林立しています

tukuda201808.JPG

隅田川水上バスの「ホタルナ」が上って行きました

松本零士氏のデザインです

まさに、水上の宇宙船

tukuda201813.jpg

エリアD

中央大橋は、平成6年(1994年)に隅田川に架けられた斜張橋です

tukuda201809.JPG

川べりの散歩は、もあって気持ちいいですよ

tukuda201810.JPG

ちなみに、このブログの歴史に関する情報は、今月10月1日から受検申し込みが開始された中央区観光検定公式テキスト歩いてわかる 中央区ものしり百科を参考にしています