中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


使いこなしてラクラク移動。メトロリンク日本橋

[小江戸板橋] 2018年10月23日 09:00

歩く。歩く。ひたすら歩く。

街歩きの基本は歩くこと。

中央区内の各所へのアプローチも、山手線の各駅から歩くことが、私の基本でした。

区内には多くの地下鉄が走りますが、目的地によっては、複数の路線を跨いでいかなければなりません。

「ああ行って、こう来て。」と考えると、「歩いた方が、分かりやすいか。」となったりします。

この夏、メトロリンク日本橋を集中して利用する機会がありました。

便利なんです。楽なんですよ。

 

メトロリンク日本橋は、八重洲、日本橋、京橋エリアを巡回する、運賃無料のバスです。

1周約4kmを、10分~15分間隔で運行します。

バス停の数は14か所。

・東京駅八重洲口・地下鉄三越前駅・室町一丁目(にんべん前)・日本橋二丁目(高島屋前)・京橋二丁目(エドグラン)など、東京駅東側の主な施設を結んでいます。

注意を要するのは、片方向を回るので、目的地とバスの運行ルートを事前に押さえておきたいものです。

バス停が、初めての人には気づきにくい箇所もあります。

中央通りなどは、他の車両が車道に停車している場合がありますから、特に注意です。

 

利用に際して大きな力になってくれるのが、「無料巡回バス」アプリです。

スマホに入れて、メニューから「メトロリンク日本橋」を表示すると、

マップ、運行ルート、バスの現在位置が分かります。

アプリ内のバス停の表記も、英語、ハングル、簡体・繁體の中国語の選択が可能です。

リアルタイムでバスの現在位置と到着予定時間が分かれば、移動がより計画的にできます。

 

バスは、地元企業の協賛で日の丸自動車興業さんが運行しています。

車両は、低床、低騒音、低公害の電気バスも導入されています。

利用者の乗車時ストレスも低く抑えられています。

そして、バスの車体に施されたリング状のデザインは、「江戸名所図屏風」が描かれているのです。

江戸期の日本橋・京橋を、活き活きと描き出した作品です。

気付きにくいのですが、機会があれば確認してみましょう。

 

上手に利用すると、時間短縮と、移動幅を広げることができます。

東京駅周辺のエリアは、各所で再開発プロジェクトが進行しています。

少しの期間目を離すと、風景が大きく変わってしまうこともあります。

気軽に利用できる交通機関を使いこなし、変化していく街の姿を見つめていくことも楽しいですよ。