中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座の柳

[にゃんボク] 2018年11月18日 18:00

 今朝、出勤前に10キロほどジョギングをしたのですが、ふと、「あれ?こんなところに!」と気づいてしまいました。そう、銀座の柳三世です。場所は、皇居の桜田門の近く。何度も通っているのに、これまで気づかないなったので如何に周りを見ていないか、ですね・・・

20181116_064647.jpg看板にはこう記されています。「昭和43年銀座通りから姿を消した銀座の柳の3世。銀座の柳の枝を挿し木として二世柳を育て、さらにこれを挿し木として三世柳を椎葉一二氏・勝又康雄氏が心を込めて育てた。」そのお二人からの寄贈とのことです。

20181116_064631.jpg 銀座と言えば柳、とはある世代以上の方はイメージされるかもしれませんが、銀座通り(中央通り)から最後の柳が撤去されたのは1968年のこと。柳の後は低木のシャリンバイが植えられ、今は人の背丈を上回る高さのイチイが植えられています。

 国土交通省と銀座通り連合会は2020年までに街路樹をカツラに植え替えることを発表しているので、銀座通りも夏に日陰がこれまで以上に増え、より過ごしやすい空間になりそうです。(これからの暑い夏に日陰は必須ですね)

*********

さて、現在の銀座通り(中央通り)には柳はなくても、「銀座柳通り」はその名の通り、路地に植木が植えられ、柳が道路を覆っています。

この銀座柳通りの幅は現在16メートル。で、この幅は、なんと江戸時代の銀座通りと同じ道幅なんだとか。となると、江戸時代の道幅をイメージし、体感しながら、現在の銀座柳通りを歩くと、少し当時の喧騒を感じられそうな気がして、気持ちだけでもタイムスリップそんな散歩の仕方も一つの楽しみ方かもしれませんね