中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


松屋銀座さんのクリスマスチャリティーピンバッジとキャンドル

[佃のうさこ] 2018年12月 4日 18:00

12月に入ると気忙しくなって来る今日この頃ですが、毎年「あっ!そうそう」と足を止めるところがあります。それは、松屋銀座さんの中央通りから入って1階正面口と京橋口と2カ所にある総合案内所です。カウンターに今年も可愛いピンバッジが売られていました。

 

松屋バッジ.jpg 

今年のピンバッジのデザインは、スウェーデンを代表するデザイナーユニット、北欧デザインが世界で人気のご夫妻「BENGT&LOTTA」(ベングト&ロッタ)のものです。

 

これからクリスマスシーズン!お出掛けのコートの襟元に胸元に、こんな愛らしいバッジがあると気分もよりワクワクしてきて映えますね。

 

このピンバッジには、素敵なプロジェクトが関わっています。収益金の全てが「子どもの教育が世界を変える」を信念のもと、アジア・アフリカの識字教育と女子教育に焦点をあてた活動を続ける「Room to Read」に寄付されます。

 

ミーとイシャ.jpg 左 2016年のピンバッジ  右 2017年のピンバッジ

 

カウンターにもう一つ、銀座ミツバチの蜜蝋キャンドルがありました。こちらも松屋さんが、「Room to Read」に全額寄付するために、銀座ミツバチプロジェクトさんと、蜜ロウソク第一人者の安藤竜二さんと協力して、銀座ミツバチの巣から採れた希少な蜜蝋から作ったキャンドルです。

  

みつばち.jpg 

 

銀座ミツバチプロジェクトは、もう皆さんには浸透していることですが、ミツバチが松屋通りの紙パルプ会館の屋上で都市と自然との共生を目的に生育されており、2006年の活動開始から今では銀座周辺には採蜜のために緑化も広がっています。

 

そう言えば!銀座のお隣り築地は、明治時代の始め外国に対して開市され「築地居留地」となりました。そこには多くのミッション系スクールが開校し、現在の女子学院や雙葉学園の発祥の地となっています。日本の女子教育がスタートした地、築地に隣接する銀座のデパートと銀座地域の皆さんの協力が、世界でまだまだ読み書きの出来ない子ども達を救っている、、、とても素敵なチャリティー活動ですね。そしてピンバッジファンのうさことしては、今年のコレクションがまた増えて嬉しいです。

 

ピンバッジもキャンドルも数に限りがございますので、早めにお出掛けください。

 

Room to Readの詳しい情報はこちら

銀座ミツバチプロジェクトの詳しい情報はこちら