中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事

オーナーのこだわりが光る!英国劇場建築に学ぶ銀座の「MUSEE(美術館)」

[Hanes] 2019年2月28日 18:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
2月半ば、英国好きの私にとって見逃せない企画展があると聞きつけ、
銀座で大変趣のあるギャラリーへ行ってきました。
そのギャラリーというのが、先輩特派員のジミニ―☆クリケットさん(2016年2017年2018年)や佃のうさこさんもご紹介してきた
1932年築の近代建築(レトロビル)を保存・再生してできたMUSEE GINZAさん!

IMG_4424.JPGのサムネイル画像
(入り口は一番左側にあります。)

建物自体の詳細は佃のうさこさんの記事に詳しいので今回は割愛し、
建物の内部で気になったところからご紹介しようと思います

■入り口~階段
まずは、インターホンを押してドアを開けていただきます。
ドアのすぐ左側にはショーケースに展示されたウィーン分離派の魅力が詰まったパルナスウィーンインテリアが、
そして、正面にのびる細長い階段の横の壁には、
このビルが歩んできた90年間の銀座の様子が分かる当時の絵葉書(三十間堀、カフェ―全盛、占領下の銀座等)が飾られています。
階段を昇るごとに、希少な歴史資料がタイムスリップさせてくれます

Musee Ginza.jpg

また、昭和初期の建物ということもあり、階段の途中に古い京橋税務法人會員證を発見!
銀座には同時期に建てられたビルがいくつか残っていますが、
外観はレトロであっても、当時のものがあまり残っていないこともあります。
そのため、こういった何気ないものも実はレア

IMG_4407.JPG

■展望・実験空間
ギャラリー訪問時は審美眼をお持ちのようなお客様がいらしたので、
企画展の前に屋上を見せていただきました。

Roof_Musee.jpg

通常ビルの屋上は一般開放していないところが多いですが、
ここではインスタレーションやパフォーマンス等も実験的に行っているそうで、
開放的な空間から昭和通りを眺めることができる貴重なスポットになっています

Roof.jpg

■企画展「英国劇場建築の世界 THE WORLD OF BRITISH THEATER」
しばらく屋上を楽しんだ後は、お待ちかねの企画展へ
本展では、ウエストエンドで花開いた英国劇場建築のよさ・歴史軸に焦点を当て、
その歴史を伝える古書文献(19世紀初めに出版)から抜粋した16点の銅版画の図版を展示しています。

MUSEE_GINZA-The_world_of_British_Theater_Architecture38.jpg
(写真提供:MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign)

今回のテーマとなっている英国の劇場は、時代とともにアップデートされ、
国内の若い世代も観劇に足を運びますが、
日本の伝統芸能はまだ若い世代の支持が少ないと言えます。

また、日本で一度役目を終えた古い建物をそのまま活用するのは難しく、
取り壊され、新しいビルに生まれ変わることも少なくありません。
しかし、このビルを買い取った川崎力宏さんは、英国の劇場同様に建築空間をアップデートし、
銀座という土地柄を活かして新たな役目を与えることで、建物を保存・再生することに成功しています

このように、今回の展示は川崎さんの建物保存への考えに結び付くものとなっており、
この企画展のために、ロンドンの地下鉄駅で実際に使用されているという
日本初採用となる英国AATi社の階段金属建材(Stair Nosings)を半年の交渉の末特注で入手し、
ご自身で階段に設置されたというのだから驚きです
このようなことができるのは、もともとは九州の建設会社だったからかもしれません。
この金物は、英国演劇建築でも多数使用されているそうで、このような細部に光るこだわりも見所の一つです

IMG_4375.JPG

そして、気になる展示の方ですが、下の図版にある通り(Hay MarketにあるThe New Theatre Royalの1821年の様子)、
華やかできらびやかな英国劇場が描かれているものもありますが、それだけではないんです!

musee_1.jpg
(写真提供:MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign)

図版の随所にその時代らしさや英国文化、はたまた建築的要素も見て取れるので、ついつい想像が膨らみます
例えば、こちらのSt Saviour'sの聖歌隊を描いた図版(1814年1月1日Robert Wilkinson出版)。
澄んだ讃美歌が教会内に響き渡っていそうな印象を受けますが、細部をよく見てみるとより一層面白さが分かります。

musee_2.jpg
(写真提供:MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign)

(写真上段)ゴシック様式ならではの尖頭アーチの天井付近には、バラのような浮き出し飾り(boss :肋骨(鉄骨造の構造物の強度を増すために、板材などの要所に設ける補強部材、「リブ」とも)の交差点につけられる飾り)が見られます。

musee_3.jpg

(写真下段左)天使のような彫刻飾り
(写真下段右)英国の王旗(Royal Standard)のようなもの

詳しくは割愛しますが、英国の教会建築は、目に入りがちな特徴的な様式やステンドグラス以外にも
こういった細部に「何これ?」「気になる!」といった魅力が潜んでいるのです

そして、川崎さん曰く、今回の展示の中で最もおぞましい作品が、
1809年2月24日の夜に火事になったDrury Lane Theatreの様子を描いたもの。
現代とは避難の方法や消火までに要する時間も異なった当時...
周囲の人々はどのように避難し、どのような光景を目にしたのか...
そういったことをこの図版からは知ることができるように思います。

musee_5.jpg
(写真提供:MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign)

今回取り扱われている古書は、地図制作を手がけたRobert Wilkinson (1768-1825)の出版会社の出版物ということもあり、
劇場を描いた図版のみならず、地図も要チェック
火事の記録やどこにどのような職業の人が住んでいたかまで分かるので、見ていて面白いのではないでしょうか。

musee_6.jpg
(A PLAN OF THE FIRE IN BISHOPGATE STREET, CORNHILL AND LEADENHALL STREET.の一部)

そして、今回の展示品は購入も可能!
通常のアンティークの挿絵と異なり、非常にお手頃な価格でお求めいただけることもあり、
訪問日だけで3枚の図版が売れたというのだからこれまた驚きです

musee_7.jpg
(写真提供:MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign)

このブログで全作品のご紹介はしかねますが、
普段なかなかお目にかかることのない英国の古い図版を間近で見ることができ、
英国の博物館のようにギャラリー内の撮影が可能というのも嬉しいです

〈余談〉アドルフ・ロース
「芸術は罪悪である」(つまり、「文化における進歩は、日用品から装飾を排除すること」)で有名なロースがデザインしたカフェ・ムゼウムは、簡素なインテリアが特徴で、
このギャラリーには、そこにあったムゼウム・チェアに類似したデザインの希少な椅子も展示されています(購入可能)。
このロースの思想はやや過激にも聞こえ、
あまりにも簡素であるがために当局から指し止めを食らった建築物もあったほど...
しかし、後にモダニズム建築の先駆者となり、今ではウィーンを、いや建築界を代表するような人物となっています

芸術にはあまり詳しくない私ですが、このカフェ・ムゼウムに関する椅子を見て、
MUSEE GINZAさんのビジョンやスタンスをまた少し理解できたような気がします。
以前ご紹介した通り、路面に面していないギャラリーにはなかなか入りづらく、
そもそもあること自体気づかないということもあると思います

しかし、こちらではギャラリー名にある通り、「MUSEE(美術館)」に行くような感覚で
どなたにもアートを楽しんでいただけるオープンな空間になっているように感じました
そして、訪れる者の感性に訴えかける「MUSEE(美術館)」らしさが、
銀座というアートに敏感な土地で、アップデートされながら体現されています!

オーナーの川崎さんがこだわったこちらの企画展は3月17日まで開催されていますので、
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください

■MUSEE GINZA企画展「英国劇場建築の世界 THE WORLD OF BRITISH THEATER」
会場:MUSEE GINZA(東京都中央区銀座1-20-17 川崎ブランドデザインビルヂング)
会期:2019年2月6日(水)~3月17日(日)11:30~17:30
休廊:月・火
入場料:無料
公式ウェブサイト:https://kawasaki-brand-design.com/

※MUSEE GINZA 川崎ブランドデザイン有限会社より、写真撮影およびご紹介の許可をいただいております。

 

 

知れば知るほど面白い!江戸時代に大流行した富くじとは

[Hanes] 2019年2月27日 12:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
先日、2月24日(日)まで貨幣博物館にて開催されていた企画展 江戸の宝くじ「富」-一攫千金、庶民の夢-へ行ってきました。
内部は撮影禁止のため写真は掲載できませんが、
展示物が気になる方は、上記のリンク先よりご確認ください。

DSC_3714.JPG

さて、中央区観光検定を受験された方にはおなじみの富くじですが、
どのようなものだったのか、『歩いてわかる中央区ものしり百科』をもとに確認してみましょう

■江戸の富くじ興行とは
宝永年間(1704~1711)に大流行
・目的は、神社仏閣の改修費用にすること
・1842年、水野忠邦による改革で禁止された

「富くじ」というだけあって、宝くじのような賭け事なのではと漠然と思っており、
それ以上深掘りすることはありませんでしたが、
今回の企画展を見たのを機に、気になったことをはじめ少し調べてみました

■「へ」組がなかった!?
今回の展示物の一つに、「富番数控帳」というものがありました。
こちらは、1862年に相模国足柄上郡谷ヶ村(やがむら)で開催された富くじ興行にて
発行された富札の組名と番号を控えた帳簿です

解説には、「いろは順に『い』から『る』(『へ』を欠く)の10組で、各組100枚・合計1,000枚の富札が発行された」と書かれており、
「なぜ『へ』を欠くのだろう?」と気になりました。
その際にまず思いついたのが、以前ご紹介した江戸町火消の組。
こちらではへ・ら・ひ・ん組がなく、順に「屁」に通じる、隠語、「火」に通じる、語呂が悪いといった理由から
それらの組はなかったと言われています。

Hikeshi.jpg

この件について、文献にこれといった記述は見つかりませんでしたが、
参考文献(記事の最後に掲載)に、「松竹梅や鶴亀、七福神などの吉字が組の印(札印)に充てられている」(p. 340)といった解説はありました。
よって、町火消の組と同様の連想によりおめでたく聞こえないことから、
「へ」は省かれたのかもしれませんね(※あくまでも私の推測です。)

■実はワールドワイド!?
参考文献に、「『富くじ』は都市型賭博の一形態として、すでにヨーロッパでは中世から近世にかけて行われていた。一五二一年にドイツのオスナブリュックで町営の『富くじ』が発売され、一五三〇年にイタリアのローレンスで売られた『富くじ』には賞金がついていたと言われる」(p. 59)と書かれています。
(本来の引用元:『夢は世につれ・・・・・・富くじ三〇年のあゆみ』(第一勧業銀行宝くじ部、1975年)、p. 10)

世界史では、ルターの宗教改革の少し前に、メディチ家出身の教皇レオ10世が、
サン=ピエトロ大聖堂の改築資金を調達するため、贖宥状(免罪符)を販売したと習いました
改築資金の調達のためという点では富くじと似ていますが、
贖宥状は、「買うと現世の罪が贖われ、天国にいける」というように
より宗教色が強いという点で富くじとは異なります

しかし、日本の「富くじ」に相当するものがヨーロッパに存在していたことは
今回初めて知ることになり、どのような方法で行われていたのか、
江戸同様に何らかのタイミングで禁止されたのかといったことも気になりました!
ここでは詳しく書きませんが、気になった方はぜひ図書館へ

■富塚の碑を訪ねて
日本橋堀留町にある椙森神社には、かつて盛大に行われた富くじ興行を記念した「富塚の碑」があります。
今日見られる碑は、関東大震災後再建されたもので、区民有形民俗文化財に登録されています

IMG_4673.JPG

宝くじ購入の際は、こちらで当選祈願をする方もいらっしゃるそうです。
一攫千金を夢見るのは、江戸時代も今も変わらないようです

〈余談〉春の訪れ
椙森神社を訪れた際、手水舎に先客がいました!
それが、可愛い2羽のメジロ

white-eye.jpg

綺麗な色の羽をふるわせて水浴びをし、水を飲んでいました。
春はもうそこまで来ているようですね

【参考文献】
滝口正哉『江戸の社会と御免富ー富くじ・寺社・庶民ー』(岩田書院、2009年)

 

 

銀座三越 HANABANASAI 2019 

[銀造] 2019年2月26日 18:00

 銀座三越の正面の入り口のライオン君が、花飾りを身にまとっていました。

1550731929564.jpg

 店内にも大きなミモザを模したアートが展示されていました。

1550731950340.jpg

  こんな光景は初めてなので、説明書きを読んでみると、

『銀座三越に「VINYL MUSEUM 」が出現 VINYL MUSEUMとは ・・・(中略)

今回、花々祭とVINYL MUSEUMがコラボレーションし、ミモザをイメージしたフォトジェニックなスポットが出現します。』とあります。

会場の銀座三越9階の銀座テラスに向かい、展示している舞台を拝見してきました。

恋人達らしきカップルが写真を撮っています。

1550731994677.jpg 

素敵なミモザの黄色が、被写体を快活に見せてくれます。素敵に春を満喫できますね。

お知らせによると、この展示は3月19日(火)までです。 お買い物と同時に写真撮影もお楽しみ下さい。

 HPでのお知らせは、こちらです。

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/ginza/event_calendar/hanabanasai/201902.html

 

 
1234567891011