中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


新鮮!鶏肉専門店<大金鳥店>

[whatever] 2013年10月15日 09:00

 中央区内には、老舗百貨店が数店舗ありますが、大通りから数本裏に入ると、小規模の個人店舗がまだまだ何軒も残っています。豆腐店、染元、青果店、鮮魚店、呉服店、日本茶海苔店、和洋菓子店等々・・・
 そのうちの一軒が、日本橋浜町の大金鳥店(だいきんとりてん)。鳥肉を扱うお店です。清洲橋通りの浜町公園前の信号を人形町方面に進んで一本目を左折したところ、または甘酒横丁から明治座方面に進み、浜町緑道を越えて右折したところにあります。
daikin1.jpg
 とにかく新鮮です。お店の入り口のドアを開けるとショーケースがあり、その中には専門店だけあって、私にはどのように調理をしてよいのか分からない、あらゆる部位が並んでいます。その奥は、捌く作業場となっているようです。取引先に卸すためでしょうか、訪れた日は何人もの方が作業をされていました。その場で捌いてすぐにショーケースに並ぶことも、きっと間違いないと思います。
 実は、肉はまだ挽肉しか購入していないのですが、挽肉は「親どり」と「若どり」の二種類があります(どちらも110円/100g)。違いを尋ねると、「親どり」は挽くのは一度で、「若どり」は三度ほど挽いているとのこと。親どりの挽肉を購入し、早速調理をしたところ、驚いたのは調理中にアクがほとんど出ないことです。浮いている脂も透明です。そして、一度しか挽いていないためか歯ごたえがあり、脂にもコクがあってうまみになっています。
 鶏卵も1個からバラで購入可能です。当然ながら、新鮮でおいしかったです。
 
 これからの季節に、参鶏湯や丸焼き用に一羽購入するのもいいですね。スーパーマーケットでパックで売られているものと比べて、新鮮さと味の違いに感動しますよ。

大金鳥店(だいきんとりてん)
住所 中央区日本橋浜町2−5−6
電話番号 03-3667-2441
営業時間 8:00〜19:00(月〜金)/ 〜18:30(土)日・祝休
 
毎週水曜日は、むね肉が半額だそうです。また、経営する「鳥割烹 大金」近くにあります。
 
 

 

HARIO株式会社本社ビル

[whatever] 2013年10月 3日 14:00

 日本橋富沢町。マンションもちらほら建っていますが、週末ともなれば人通りが少なく、とても静かな地域です。人形町通りの堀留町交差点から2本入った大門通り沿いに、一際目を引く建物があります。ごく最近建てられたものではないことは一目瞭然。耐熱ガラス製品で知られる「HARIO株式会社」の本社建物です。

hario8.JPG

 この日は平日ではありましたが、人の出入りを見かけることはなかったのですが、正面玄関と思われる足元には文化庁の「登録有形文化財」のプレートが。

hario2.jpg

 同じく正面向かって右上には玄関灯が一つ飾られています。厚めで温かみのある形状が目に留まります。もしかして自社製なのでしょうか。ステンシルプレートのような社名の入った看板もステキですね。外壁のどこを観ても細部が実に美しいです。

hario3.jpghario4.jpghario5.jpg

 この建物は、川崎貯蓄銀行富沢町支店として1932(昭和7)年に建設されたそうです。その後、常陽銀行東京支店、同行堀留支店として使われていたそうです。銀行建築は重厚な造りのものが多いですね。その後、当時のハリオグラス株式会社が、2000(平成12)年に創業80周年記念事業の一環として、本社をこの建物に移転したそうです。

 

 日本は地震が多い国のせいか、古い建造物を保存することに積極的ではないように思います。建物は人が住んでこそ意味がある訳で、どのような形であれ修繕されながら大切に使われ、多くの方に観てもらい、少しでも長く残してもらいたいものです。あと個人的希望ですが、電線は地中に埋められないものでしょうかねぇ・・・


HARIO株式会社

中央区日本橋富沢町9−3

 ★ハリオ・ライフ★(製品に関連する情報が掲載されているブログ)

 

 

 
1