中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


4月1日・桜五題

[江戸旅太郎] 2014年4月 3日 14:00

4月より中央区観光協会特派員になりました江戸 旅太郎(えど たびたろう)です。

中央区を歩き、目に触れたいろいろな光景をお知らせしていきたいと思っています。よろしくお願いします。

 

今回は、4月1日(火)午後、銀座から日本橋に歩いた時の五箇所の桜をご紹介します。

 

■荘川桜(しょうかわざくら)二世(電源開発本店 東銀座6-15-1  2010年に植樹) 

今年も桜の花を見ることはできなかった(一年でも早く咲いてくれ!)。

 

荘川桜とは、岐阜県高山市荘川町にある樹齢四百五十余年の桜の古木二本のこと。 この桜は、御母衣(みぼろ)ダム建設の為に水底へ没する運命にあった。

ダム建設計画を行ったのは電源開発。初代総裁高碕達之助は、「御母衣ダム絶対反対期成同盟死守会」との7年間にわたる交渉が終わった後、この桜を惜しみ

日本随一とされた桜研究家の笹部新太郎に移植を頼み込んだ。

重量合わせて73トン。移動距離600m。高低差50m。

移植された幹だけの桜に対し、地元の方々、植物研究者、マスコミなどから「桜伐(き)る馬鹿(むやみに枝を伐採すると枯れる)」と叩かれた。

その老桜が再び咲いた。まさに奇跡であった。

 

荘川桜二世については、電源開発のHPに次のようにあります。

電源開発(J-POWER)創立50周年を機として、2002年度以降、荘川桜二世植樹プロジェクトを実施。(中略)この活動の趣旨は、高碕達之助が残した魂である「人間の営みをしていく上で開発は必要であるが、できる限り自然環境に配慮し、大切にする精神」を荘川桜を通じて子供たちのこころの中に育もうとしたのです。具体的な内容は、荘川桜の種を実際に拾い発芽させた実生を1メートル程度の苗木まで育てポットに入れた上で、荘川桜のいわれを綴った銘板とともに寄贈するという活動であり、荘川桜の苗木が育っている所には、銘板が一本立てられており、荘川桜の説明がされています。

ck1404_2014040203.jpg

 

■阿国桜(歌舞伎座5階屋上庭園)

昨年落成なった歌舞伎座。5階屋上庭園の阿国桜は、まだ蕾が多かった。

ck1404_2014040202.jpg ck1406_20140402.jpg

 

■銀座桜通りの桜

高速脇の桜、満開。

ck1404_2014040204.jpg

 

ck1404_2014040205.jpg

 

■日本橋2丁目さくら通りの桜

街の満開の桜トンネル(見事!)。

ck1404_2014040209.jpg

 

ck1404_2014040206.jpg

 

■日本橋の桜

乙姫広場と滝の広場の桜、満開。

ck1404_2014040207.jpg

 

ck1404_2014040208.jpg

 

皆さんも街の中にある桜を満喫して頂けたらと思っています。

 

 
1