中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【隅田川夜散歩】両国橋→勝鬨橋 ~その2~

[隅田の花火] 2014年8月19日 08:10

隅田川テラスの夜の散歩風景。前回は両国橋から豊海橋・永代橋までの風景でしたが、今回はその続きで勝鬨橋まで下ります。

永代橋を過ぎるとまずは新川地区のテラスにさしかかり、ここでは美しい夜景を眺めながら下っていくことになります。


その場所を過ぎると現れるのは比較的新しい橋「中央大橋」。
s_hanabi7-1.jpg

隅田川の橋は絵になる橋が多いですが、この橋も白い支柱の形が美しい橋です。支柱が非常に高いので、離れた場所からでないと全体は写真に納まりません。

写真は下流側からみたところ。右側の建物は対岸の「大川端リバーシティ21」と呼ばれる高層マンション群で夜景も非常に美しいところです。



下流側に振り返ってみると「霊岸島水位観測所」が。
s_hanabi7-2.jpg

夜に見てみると宇宙ステーションのよう。真ん中の立体の観測室は、斜方十二面体という形。見る場所により正方形・正六角形・八角形と変化して見えるらしいです。



ここでまた隅田川に亀島川が合流するので 隅田テラスは中断。亀島川に架かる「南高橋」を渡ります。
s_hanabi7-3.jpg

この橋は昔の両国橋の部材の一部ををそのまま使用しているため、結果的に明治時代の姿を今日に伝える橋となっています。橋を渡る、とうよりは、くぐるという感じもします。




再びテラスに出て対岸に見えてくるのは佃島界隈。石川島灯台のモニュメントが輝きます。
s_hanabi7-4.jpg灯台はやはり夜に見るのがいい。



このあと佃大橋の下をくぐりテラスは聖路加タワーの真下にさしかかります。この場所から佃大橋と対岸の佃島方面の風景です。
s_hanabi7-5.jpg佃大橋の向こうには佃島の古いノスタルジックな街並みがあるのですが、こうして見ると、巨人のような高層ビルたちがそれを取り囲んで見下ろしていることがわかります。



そして最後のゴール地点の勝鬨橋付近。対岸に見える勝どきの街は高層マンションが立ち並び、非常に明るい場所です。
s_hanabi7-6.jpgこの勝どきあたりは今いろいろな所で工事をしていて、今後も高層タワーマンションがまだまだできるようです。夜の風景も刻々と変わっていくだろうと思います。



以上、2回にわたって夜の隅田川テラスからの風景のご紹介でした。

昼の風景も素晴らしいですが、夜になるとまた違った絵になる世界があります。銀座や日本橋も同様です。ぜひ夜の中央区も楽しんでいただけたらと思います。

 

 

【隅田川夜散歩】 両国橋→勝鬨橋 ~その1~

[隅田の花火] 2014年8月12日 09:00

暑い。暑い日が続いています。
散歩をするのが好きな僕ですが、さすがに日中帯に歩くのは身の危険を感じるこの頃、夏場は夜景を楽しみながら歩くのが多くなります。

 
今回は隅田川の両国橋から勝鬨橋までの夜の散歩風景を回を分けてご紹介させていただきます。

 
まずは中央区の最北に位置する「両国橋」界隈です。

s_hanabi6-1.jpg

この橋は派手なライトアップはございませんが、
土俵をイメージした丸いバルコニーや、相撲の軍配や花火がデザインされたガードレールなどがあったり、まるで大きな花火玉のような物体が親柱上に鎮座していたり・・・ 
橋上でいろいろ楽しめる橋と言えそうです。
この両国橋からは神田川が隅田川に注ぎ込んでいる所に架かる「柳橋」のライトアップを見ることができます。

 
 
この「柳橋」界隈はかつて、花街として栄えていた場所とか・・・。その名残なのか、下町情緒が今でも感じられる場所で夜の風景もなかなかのもの。

s_hanabi6-2.jpg

 
 
ここから隅田川テラスを川沿いに下っていきます。すると首都高の橋が・・・見えてきます。

ここは赤・青・黄の光が水辺に映る場所となっていますが、何やら意味不明のオブジェが。

s_hanabi6-3.jpg

遊覧船乗船場の両脇に2つあるのですが何をモチーフにしているのか・・・。宇宙人?

 
 
さらに下流に進むと次に現れるのはライトアップが非常に明るい「新大橋」。水に映る光がとても鮮やか。

s_hanabi6-4.jpg

 
 
横から見ても縦から見てもフォルムそのものが優美な「清洲橋」です。橋を隅田川テラスから見上げることができるのでそれなりの迫力があります。

s_hanabi6-5.jpg

僕は二年ほど前に他県からこの清洲橋付近に引越してきたのですが、驚いたのは隅田川は歩ける川であったということ。
隅田川といえば私が子供の頃・30年くらい前に学校で教えられていたのは、公害の代名詞といったような感じでしたので、そのイメージがずっと今まで残っていました。
しかし実際には、親水テラスが整備され、憩いの場として人々が水辺を楽しめる空間になっていた・・・。今までのイメージが間違っていることに気づかされました。

 
 
 
その下流に現れるのは二層構造の「隅田川大橋」。

s_hanabi6-6.jpg

国の重要文化財「清洲橋」と「永代橋」の間にある橋ですが、この付近の隅田川テラスは夜でも明るく夜景も綺麗なのでジョギングやウォーキングを楽しんでいる方々が沢山いらっしゃいます。歩きやすいです。

 
 
さらに歩くと隅田川に日本橋川が合流する場所で一旦隅田川テラスが途切れますので、日本橋川に架かる「豊海橋」を渡ってテラスに戻ることになります。

s_hanabi6-7.jpgこの「豊海橋」は、はしごを横にしたようなユニークなデザインで小さいながらも重厚感があります。奥に見えるのは「永代橋」の水色。ここから見ると永代橋も脇役に見えてきます。



以上、今回は両国橋から豊海橋までの隅田川の夜の風景でした。
夜の散歩も、昼には無い隅田川の違う一面が見えてきたりしてなかなか面白いです。


この続きは次の回とさせていただきます。。。

 

 
1