中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


◆ 新春の築地市場

[隅田の花火] 2016年1月 9日 14:00

1月5日(火)、新春の活気を感じに築地場内市場の初市にいってきました。

 

まずは、水神社の遥拝所に新年のご挨拶。

s_hanabi30-1.jpgいよいよ今年11月に築地市場は豊洲に移転となるので、この正月風景も見納めです。

 

この遥拝所も豊洲に遷座するということで、この境内には、遷座のための寄付金を募る用紙がおいてありました。

s_hanabi30-2.jpg 

移転に向けて色々と動き始めたという感じで、いよいよ、その年になってしまったのかぁ と実感してしまいました。

s_hanabi30-3.jpg

もし何百年後に、魚市場がまた豊洲とは違う場所にあったとしても、きっとこの神様はその魚市場がある場所で寄り添っているのだろうと思います。

 

 

そのあと魚河岸横丁をぶらぶら。あちこちで新年の挨拶をする姿が見られました。

s_hanabi30-4.jpg 

おぉぉぉぉ! これは野菜の宝船だ。

s_hanabi30-5.jpg

ん~。なんだか、めでたい。

 

いつものカレー屋さんで朝ごはんを食べたあと、見学が許される9時になるのを待って、市場の中に行ってみることに。

さすが正月。やっぱり普段の日とは活気が違います。

 

これも築地市場の正月の風景のひとつ「初荷の旗」。

s_hanabi30-6.jpgん~。これもなんだか、めでたい。

 

こんな感じで今年も活気ある築地市場が幕開けとなりました。

市場関係者のかたは、今年たいへんな年になるのかもしれませんが、無事に築地最後の日を迎え、新天地での新しい日が迎えられることを願っています。

 

 

年末に新聞で、築地市場が移転した後の跡地のプランについての報道がありました。

水辺の交通の施設を作る、というもので、まだ結構先の話のようです。

 

ん~、もし水辺を大事にするのならば、市場の跡地や水辺の際にはできるだけ高い建物は建ててほしくないなぁ。

 

隅田川の水が青く映るには、オレンジ色に映るには、やっぱり広い空が必要。

s_hanabi30-7.jpg水は自分では光ることができないと思いますし、

s_hanabi30-8.jpg水辺の魅力はやっぱり空が広いことだと思います。

s_hanabi30-9.jpg(勝どきから見た築地市場方面)

 

 

 

◆ 観光写真コンクールの入賞作品の中にあるもの

[隅田の花火] 2016年1月 5日 14:00

中央区役所の1階ロビーで今、「中央区観光写真コンクール」の入賞作品の展示が行われています。

大きい写真なので迫力や感じるものが、また一味違います。

s_hanabi29-1.jpg昨年秋に募集されていましたが、501点の応募があり、そのうち37点が受賞となりました。

 

かなりの回数を重ねている歴史のあるコンクールで、 多くの協賛団体にもご協力いただいき、支えられています。

年々応募数が増えているあまり他にはないコンクールだそうで、今年はなんと10代~80代までの幅広い年代の方が受賞となりました。

 

12月22日(火)に中央区役所で表彰式が行われ、ミス中央の臼井さん介添のもと、各協賛団体などの代表者から、受賞者に賞状と記念品が手渡されました。

s_hanabi29-2.jpg 

 

私はこのコンクールに非常に興味を持っています。

 

この写真コンクールは、「観光振興」というテーマに沿って「一枚の写真とそれにつける題名」だけで、 中央区の魅力を「作品」として表現するということが主題です。

s_hanabi29-3.jpg募集時には、

『単に写真技術を競うのではなく、写真を撮ることを通じて中央区の魅力や豊かな観光資源を広く紹介し、多くの方に区を訪れていただくきっかけにすることを目的としています。』

と案内されていました。

 

方法は違いますが、それは今書いている「特派員ブログ」の記事としての「作品」で表現することと同じです。

入賞作品の中に何が表現されているかを感じるだけで、私自身がブログを書く上でもかなりの参考になります。

s_hanabi29-4.jpg 

「観光」は、「光」を「観る」と書きます。

 

この「観光」は、古い中国の書にある「観国之光」という言葉からつくられたもので、「他の国へ行って、良い点を見聞きして学ぶ」というようなことが元々の意味だそうです。

 

今この「観光」という言葉は元々の意味とは違う使われ方がされていると思いますが、

『光』とは単に「美しい」だけではなく、楽しい・美味しい・凄い・可愛い・綺麗・心地よい・怖い・悲しい、といったような人間が感じるもの、

そして『観る』とは「感じ取る」というような意味だと私は勝手に解釈しています。

 

s_hanabi29-5.jpg入賞作品には、作品を見た人に感じ取ってもらう『光』が、四角形の写真の中に、そして題名の文字の中に上手く表現されているものばかりです。

 

自分が書いた特派員ブログの記事としての作品は、感じ取ってもらえるような『光』が上手く表現できているのか・・・ちょっぴり不安です。

 

s_hanabi29-6.jpg

 

おそらく、展示されている作品が作られた時のいきさつ や こだわり や 苦労などは、作品を見ても多分、感じ取るのは難しいかもしれません。

 

ですが、もし中央区役所に行って入賞作品をご覧になられるようでしたら、どのような『光』が作品の中に表現されているかをポイントに『感じ取って』いただけると、また少し楽しめるかもしれません。

 

私が好きなのはこれかな?

s_hanabi29-7.jpg

【夕日を浴びて】

 

懐かしい・・・そんな光を感じました。

 

★中央区観光写真コンクール入賞作品の展示

 新年は4日(月)~15日(金)まで

  ※土曜・祝日を除く。

   中央区役所1階ロビーにて。

 

 
1