中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋魚市場発祥之地(日本橋・乙姫の広場)

[みのり] 2015年9月19日 14:00

こんにちは、みのりです。

乙姫の像がある日本橋魚市場発祥の地に行ってみました。

対岸には、日本橋船着場「双十郎河岸」があります。日本橋川を航行する遊覧船が出ています。

とても天気がいい日で、とても暑い日でしたが、船着場はにぎわっていました。

 

場所は、中央区日本橋室町1-8で

乙姫の像の隣には日本橋魚市場発祥之地の石碑があります。

川には『日本橋』が架かっています。

現在の橋は石造2連のアーチ橋で、明治44年(1911)に完成しました。

装飾を担当したのは建築家の妻木頼黄(つまきよりなか)です。

 

魚河岸

天正18年(1590)、徳川家康が江戸に入府した後、摂津国西成郡佃村(現在の大阪市西淀川区)の漁師たち30数名が江戸に出て佃島を造成し、江戸近辺で漁業を営む許しを得て、徳川家に魚介類を献上した。当時の海では魚介類がおもしろいほどよくとれたために上納してもあまりが出る。そこで漁師たちは、幕府の許しを得たうえで、水運の便の良い日本橋の河岸で板船とも呼ばれる販売用の板の上に魚介類を並べて、一般に売り始めた。これが日本橋魚河岸の起源である。

魚河岸は、日本橋と江戸橋の間の北岸にあり、魚を積んだ船は日本橋川をさかのぼって川岸に陸揚げした。早朝から多くの買い物客で賑わい、朝の魚河岸は、昼の芝居小屋「堺町(人形町)の中村座・葺屋町(人形町)の市村座・木挽町(東銀座)の森田座」、夜の吉原と並んで、「一日で千両がおちるところ」とまでいわれるほど繁盛した。(江戸っ子たちの威勢のよい取り引きがとびかうところだった)

この魚河岸は、大正12年(1923)関東大震災(9月1日)後に現在の築地への移転が決定し、ついに日本橋魚河岸300年の歴史に幕がおろされた。

【出典】歩いてわかる中央区ものしり百科(監修 中央区観光検定委員会)

    中央区観光検定過去問題集(監修 中央区観光検定委員会)

    江戸文化歴史検定公式テキスト[初級編]大江戸見聞録(江戸文化歴史検定協会編集 発行所株式会社小学館)

乙姫の像.jpg

 

 

 
1