中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


五代さま@築地

[月島菜々子] 2016年2月15日 14:00

人気の朝ドラ「あさが来た」の舞台は大阪ですが、主役を凌ぐ人気の五代友厚は

ここ中央区にご縁がありました。
今回は五代さまの区内の足跡をたどってみます。
 
明治維新後、新政府は諸外国との交易に備え、江戸時代後期に劣悪になっていた貨幣を

国際的に通用する良質なものにする必要がありました。
この欧米式の貨幣作りを託された1人が五代さまです。
彼はこの仕事を進める中で、金銀入手のため、鉱山業を手掛け、

その管理事務所として明治6年に自宅があった大阪中之島に弘成館を創設。
明治7年、福島県の半田銀山の経営にも着手し、その拠点として東京築地入船8丁目に

東弘成館」を置きました。

現在の明石町で、聖路加病院、芥川龍之介の生誕地辺りでしょうか。

 
ドラマでは、大阪から船と汽車を乗り継ぎ新橋から築地まで煉瓦街を歩く様子、

ガス灯が点る場面では、五代さまの「ここから一里の間に85本のガス灯が街頭を照らします」

と言うセリフもありました。

近代化を遂げる東京、モダンな街中央区の様子がよくわかりました。
 
築地の別邸にて療養生活の甲斐なく49歳の生涯を終えた五代さま。
「大阪をつくった男」として有名な五代さまが最後まで築地とご縁がありましたこと、

誇らしい気がします。
 
ドラマではもう出番はありませんが、今月22日に夢の中で再登場とか。

今からとても楽しみです。

ディーンさま、いや五代さまに会えるのが

 

 
1