中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


太田記念美術館を訪ねて

[四方の風] 2015年5月23日 14:00

 R0015366.jpg

展示期間が残り少なく(5月28日まで)なってしまいましたが、浮世絵専門美術館である太田記念美術館で

現在"広重と清親"展が開催されています。

(太田記念美術館は渋谷区にございますが、中央区に関連する展示でしたのでご紹介します)

 

 広重と清親は江戸と明治と生きた時代こそ違いともに武士出身であり清親は広重の影響を受けた作品を幾つ

も残しております。

 

 晩年、京橋で暮らした広重の絵は、中央区の街歩きをするとそこかしこで目にすることができます。

'東海道五拾三次'の「日本橋」ー早朝旅立つ大名行列と魚河岸の魚屋たちを配した絵は誰でも一度は目にした

ことがあると思います。

 わたしがこどものころは、安藤広重と通称されていましたが、本名と号の併記はおかしく、いまは歌川広重(1797

~1858)とよばれています。一方の清親(きよちか)こと小林清親(1847~1915)は'明治の広重'と呼ばれて

います。生まれは本所、墓も台東区にあり中央区との縁は特筆するものはありません。しかし、広重に回帰した

ことから中央区の風景を幾つも残しております。

 

 平日でもかなりに盛況でしたが、我が国の誇る浮世絵を堪能するこができました。

 

翌日、隅田川沿いの散策をしたことは言うまでもありません。とくに明治の終わりに鉄骨に変わる前の木製の

新大橋を想像してみました。

 

浮世絵で描かれている中央区と、現在の中央区を比較しながら散策できますので

興味がおありでしたらお出かけ下さい。

 

   太田記念美術館

   住所 渋谷区神宮前1-10-10

   電話 03-5777-8600

   最寄駅 JR原宿 東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前

   開館時間 午前10時30分から午後5時30分(入館午後5時まで)

   休館日 月曜日

   

 

 

神輿を訪ねて

[四方の風] 2015年5月 5日 09:00

20150503-2.jpg

古地図 

 

20150503-1.jpg

現在の地図

 

昔の地図が手元にあります。 東京都区分地図の古いものです。

生前の父の、堅苦しい字で、「此の地図は、旧地名が記載されているもので貴重なり、大切に保管されたし」

と添え書きがしてあります。

 中央区の頁を眺めると、隅田川に架かる橋に中央大橋、隅田川大橋、加えて佃大橋の表記がありません。

月島と佃島の間には佃川があり、佃大橋がないので、"佃島ノ渡"と佃町と湊町が点線で結ばれています。

町名も今は姿を消した、銀座西、東、越前掘、本石町等々が見て取れます。

 

 区内で最初のお祭り'鐵砲洲稲荷神社例大祭'が2日から始まりました。祭りに参加する全ての神輿を撮影したいと思っていました。
天気に誘われ2日実行にうつしました。

闇雲に神輿を探すことはできないと、場所を問い合わせたところ湊三町目神酒所の方がタウンマップに入船・新富及び明石町まで赤く書き入れて頂きました。ご親切に感謝です。

 古地図とタウンマップを片手にその後は銀座中の銀座八丁目から京橋公園の銀座一町目の神輿まで14ヶ所を完全制覇することができました。

20150503-6.jpg

 

20150503-5.jpg

 

新橋演舞場近くでは、思いがけなく銀座六・七丁目東の神輿行列出会えたり、銀座四丁目では中央区観光協会特派員のカードのご威光か、朝、参拝した鐵砲洲稲荷神社の御利益か'七福神あられ'を戴きました。

20150503-7.jpg 

 

帰りは、銀座四丁目銀座三越2階にある有名マカロンを土産にしました。土曜日、海外からのお客さまや世代が入り混じったひとひとの渦、古さと新しさが生きずく中央区。古い地名に生きていた人達に暫しこころを傾けながらの一日でした。

 

 

 
1