中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


NHKスペシャル、シリーズ「大江戸」

[CAM] 2018年5月 7日 12:00

 この4月29日から、NHKスペシャルが、新シリーズ「大江戸」を始めましたね。「150年前、1868年に消えた"日本史上最大のロスト・シティー"江戸。その知られざる姿を、ドキュメンタリーや4KCG、ドラマ表現など多彩な演出で描きます」(NHKのWebサイト)ということです。





 全3回の内、第1回(4月29日)のテーマは「世界最大!!サムライが築いた"水の都"」でした。最近発見された、江戸初期の都市計画を描いた図面や、幕末の写真ネガなどを基に、江戸が「水を駆使して造り上げられた、世界に類をみないユニークな都市だった」ことを明かし、"水の都"江戸誕生の秘密に迫るものでした。




 中央区は、周知のように「原初の江戸」ですから、「水の都・江戸」を描くことは、ほぼ「かつての水の街・東京都中央区」の原形とダブってきます。中央区教育委員会 中央区立郷土天文館発行の「区制70周年記念 中央区の歩み -戦後の発展とまちの変化―」(2017年10月)では、10頁から「戦後復興 河川の埋め立て」、14頁から「東京オリンピックによる整備と河川の埋め立て」について述べられています。10頁には、震災復興以降の河川の埋め立てが地図にまとめられていますが、震災復興、戦災復興、東京オリンピックによって、中央区内の多くの河川が埋め立てられたことが一目で把握できます。

 

 

「小田原町小沢太郎兵衛店」

[CAM] 2018年5月 2日 14:00

4月28日の日経新聞26面「詩歌教養」の頁に、松尾芭蕉が日本橋に居住したことについて述べられています。

 芭蕉は、1672年(寛文12年)に俳諧師を目指して伊賀上野から江戸に下ります。1680年(延宝8年)冬、まだ郊外であった深川に庵を結んで隠棲しましたが、この後世「芭蕉庵」と呼ばれる庵に移るまでの期間、日本橋周辺に居住したと考えられています。

 最近解読された古文書によると、芭蕉の当時の住所は「小田原町小沢太郎兵衛店」、小田原町は今の日本橋室町1丁目、当時は魚市場の近くで繁華な場所でした。

その後の研究で、芭蕉は1677年(延宝5年)ごろから小田原町にいたというのが定説となっているようです。

日本橋三越から中央通りを挟んだ対面近く、通称むろまち小路にある佃煮の老舗「日本橋鮒佐」の店先には、この頃に詠まれたと考えられる「発句也松尾桃青宿の春」の句碑があるというので、早速、確認してきました。

IMG_1397.JPG

IMG_1401.JPG

 

 
1