中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


芭蕉&蕪村 in 中央区

[CAM] 2018年8月14日 12:00

怒り

 松尾芭蕉は、1680年(延宝8年)冬、まだ郊外であった深川に庵を結んで隠棲しましたが、この後世「芭蕉庵」と呼ばれる庵に移るまでの期間、日本橋周辺に居住したと考えられます。1677年(延宝5年)ごろから小田原町にいたというのが定説となっているようです。このことについては既に紹介していますが、再度、この地を確認してきました。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/05/post-5214.html

 最近解読された古文書によると、芭蕉の当時の住所は「小田原町小沢太郎兵衛店」、小田原町は今の日本橋室町1丁目、当時は魚市場の近くで繁華な場所でした。

IMG_1462.JPG

 

日本橋三越から中央通りを挟んだ対面近く、通称むろまち小路にある佃煮の老舗「日本橋鮒佐」の店先には、この頃に詠まれたと考えられる「発句也松尾桃青宿の春」の句碑があります。

IMG_1460.JPG

 

IMG_1461.JPG

 

 そして、この現在の室町1丁目から、中央通りをさらにJR総武線新日本橋方向へ歩くと、室町4丁目、「石町時の鐘 鐘撞堂跡」(平成29年10月発行『中央区ものしり百科』36頁)と並んで「夜半亭―与謝蕪村居住地跡―」の説明板があります。

 

IMG_1464.JPG

 

IMG_1463.JPG

 

 蕪村は、芭蕉が没して22年後、1716年(享保元年)摂津国東成郡毛馬村(現,大阪市)に生まれたのですが、1735年(享保20年)に江戸に下り、2年後に22歳で夜半亭の号を持つ俳人、早野巴人(はじん)の日本橋石町の家に同居しました。しかし、6年後に師が亡くなり、夜半亭は解散。蕪村は江戸を捨て、東北、京大坂、九州、四国などを回り、蕪村は二度と江戸に戻らなかったようです。 俗化した江戸俳壇を見捨てて放浪生活に入ったものと言われています。蕪村が2代目夜半亭を継いだのは師が没して27年後の1770年(明和7年)。京都で襲名したものです。

 

 
1