中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


街歩きを快適に歩くために

[デ・ニーロ] 2015年7月22日 09:00

 

 関東地方も梅雨が明け、街歩きのセカンド・シーズン到来です!

 

 ボランティア・ガイドや特派員の皆さんは、引率やガイディングをされる時にどのような靴を履かれてますでしょうか?

 私は昨年まで、北海道でネイチャーガイドをしていたのですが、山歩きではごっついトレッキング・シューズを履いていました。登山道や悪路を歩く時には機能性や安全面を重視するため、あまり履き心地感覚にまで神経を使いません。マメができなければいい!みたいな (^^)

 

 都会の街歩きの場合、道は整備された舗装路ですので、最初はもうそれだけで快適で(どんな靴を履いていても)体力まかせでずんずん歩けます。しかし若い人ならともかく、中高年になってくるとそうもいきません。ウオーキングは健康によいとはいえ、引率などで長時間歩くとなると話は別です。業務としてのプレッシャーや責任感から、足腰が多少痛くても現場では気づかず、気づいても我慢して歩き続けるなんてこともありがちでしょう。

 

 最近は運動靴(スポーツ・シューズ)やアウトドア用カテゴリーに加え、見た目がビジネスシューズでもウオーキングに特化した多彩な商品が開発されています。大手メーカーでは数年前からお客さんの足の形状を店舗内できめ細かく計測するシステムが導入されています。これは足への負担を最小限に軽減し、

 

 「身体にやさしい快適な履き心地感」

 

 を提供するためのサービスで、計測されたデータを元に、内側がより綿密に、その靴を履く本人向けに設計された中敷き(インソール)の制作が可能となりました。

 

 例えばアシックスではこれを3Dフィッティングインソールという商品名でオプション販売しています。

 

Ginza5_asics.jpg

 

 銀座5丁目、元松坂屋跡地の再開発で現在工事中現場の近くにアシックス・ウオーキング銀座店があり、今回私はここでそのスキャンをしてもらいました。

 

 原理は異なりますが脳のスキャンを行うMRIの足バージョンみたいな感じです。「足の周囲」「土踏まずの高さ」「かかとの傾き」「親指の角度」などを3次元足型計機でスキャンします。このスキャンそのものは無料で2〜3分で終了。自分の(個性的な?)足のかたちに最適なパーソナル・インソールがその場ですぐにわかります。

 オーダーメイドではなく、スキャンされた数値をもとにあらかじめ制作されている数種類の中から最適なものが選ばれるというシステムではありますが、人間の曖昧な履き心地感覚ではなく、最新テクノロジーを駆使して計測されたデータの解析を根拠とする

 

科学的フィット感

 

 には確実な信頼性がありそう。

 

insole01.jpg

 

 料金は既成のインソールより千円から2千円ぐらい高い程度で、まぁお手頃です。

 従来、ユーザーも企業も靴の内側部分にまでそれほどコダワリはなかったでしょう。外見の色やデザインだけで気に入った靴を選び、履き心地がイマイチでも買ってしまうことも多かった私ですが、今回このシステムを利用して購入した靴は素晴らしかったです。

 

 極言するなら、靴の本質は内側(インソール)だとも言えます。

 

 このことは履いてすぐにはわかりにくい部分でして、何度も、それも長時間歩いてみてからでないと気づきません。身体のコンディションがよくないと、よいガイドもできないと思います。そのツアーだけでなく、今後も長きにわたってお客様に快適に歩いて頂けるようなヒントをお伝えするのも、一つの「おもてなし」と言えるのではないでしょうか。

 

 グルメや観光情報とは違いますけれど、特派員のお仲間や今後街歩きをされようという皆様にもシェアしたいと思いまして、ご報告させて頂きました。

 

 ちなみにアシックスの前身であるオニツカ株式会社の鬼塚社長が、1964年の東京オリンピックで優勝した「裸足の王者」として知られるアベベ選手に、

 

 「裸足と同じぐらい軽い靴を提供するから、我が社のをぜひ履いて下さい」

 

 と直談判したのは有名なエピソードです。

(このスポンサリングはアベベ選手が1961年の毎日マラソン出場のために来日していた時に行われたもので、東京五輪時に実際にアベベが履いたのはプーマ社のシューズだったという)

 

 それはともかく、東京五輪でオニツカ社の靴を履いた選手が体操、レスリング、バレーボール、マラソンなどの競技で金メダル20個、銀メダル16個、銅メダル10個の合計46個を獲得したそうで、この会社は競技のパフォーマンスを高める目的での開発において先駆的な企業でした。

 

 こうした歴史的な事実を知ると、アシックス銀座店を協賛社とする街歩きツアーなども企画出来るのでは?などと、ふと思ったりもしました。
 足のスキャンはいつでも誰でも無料で対応してくれますので、協賛は得られなくとも、お店に事前連絡すれば普通に立寄り店として10名程度のお客さんならご案内することは可能かと思われます。

(計測された足のデータは都内の主要店舗で共有されるので後日再利用可能)

 

 アシックス(asics)の社名の由来は、

 

「健全なる精神は健全なる身体にこそ宿る」(A sound mind in a sound body)

 

の英語表記(原文はラテン語)をアレンジした頭文字を並べたものだそうです(ウィキペディアより)

 

 これからの季節、熱中症対策もさることながら、足腰の負担の軽減と健康に留意し、健全な身体で気持よく街歩きを楽しみたいものです。

 

 

 

 
1