中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


建築の日本展@六本木ヒルズ

[デ・ニーロ] 2018年9月 4日 14:00

 


de-Niro_01.jpg

 六本木ヒルズで開催中の「建築の日本展」を見てきました。

 


 ん〜?

 


 区域外ですが、何か問題ありましたでしょうか?

 


Kenchiku_Japan-Flyer.jpg
          *全て許可された場面の撮影・公開をしています

 


森美術館15周年記念展「建築の日本展〜その遺伝子のもたらすもの」

 


 開催場所は港区だけど、展示コンテンツには、中央区に縁の深いものがたっぷりありんす。正直なところ、建築なんて専門外と思っていたアタクシにも、やさしくわかりやすく見られたのがありがたい。会期も後半に突入してますから、すでにご覧になられた方もいらっしゃると思われますが、特派員おすすめ情報として、ご紹介させて頂きます。

 


 近年、建築関連の展覧会が増えている印象で、西洋美術の絵画展ほどポピュラーではなさそうですが、海外からも日本の古代建築技術が高く評価されつつあるトレンドの中で、お江戸通の一般教養としてこのカテゴリーには注目する価値は十分あります。

 


ルイ・ヴィトン 松屋銀座店もコンテンツ
Louis_viton_MatsuyaGinza.jpg
   *主催者の了解を得て、撮影・公開しています!

 


 「日本の建築展」でなくて、「建築の日本展」というネーミングに深い〜い意味がありまして、和建築の設計コンセプトや建物の図面、写真や模型、一部の実物展示等を通して、「日本らしさ」みたいなものを再構築し、サブタイトルにもある「遺伝子」の集大成を概観しようという、なかなか刺激的なキュレーションで構成されています。

 


 いや〜ホントに面白くて、絶対に行かなきゃわからニャイ醍醐味が半端ないって。

 


 おすすめは、千利休が豊臣秀吉のために建てた2畳の茶室「待庵」で実際ににじり口から中に入れます!

 


Roppongi_Taian.jpg
   *主催者の了解を得て公開しています!

 

 
 これは現存する最古の茶室建築(国宝・京都府・妙喜庵)を、原寸スケールで再現しています。

 


 ただ鑑賞するだけでなく、中に入ってその空気を感じるというレトロなヴァーチャル・リアリティは、安土桃山時代にタイムスリップしたかのようなユーザー・エクスペリエンス(要するに「体感」)を提供してくれる空間として画期的な味わいがありました。

 


 これも、いわゆる一つの「いま・ココ」感だと思う。

 


 こんな狭い所で、時の権力者と二人っきりでお茶するなんて、怖すぎる〜(>_<)

 


 茶室はアナログで古典的な感動でしたが、圧倒されたのはレーザー光線や3Dビデオインスタレーションなど、最新のデジタル技術を駆使した仮想現実「パワー・オブ・スケール」で、これには眼と心が釘づけになりました。

最初は何もない殺風景なスペースを見せられるのですが・・・
Power-OF-Scale_01.jpg

 


 *了解を得て撮影しています!
(以下全てそうなので略)

 


Power-OF-Scale_03.jpg
 

 


レーザーファイバーと呼ばれる特殊なプロジェクションで仮想風景が四方に投影される

 


Power-OF-Scale_04.jpg

 


 この展示で投影されている風景は動画です。もの凄〜い臨場感でした。動画による撮影も認められていて、アタクシもインスタ映えするように撮影しましたが(インスタやってねーけど)、ここではそのスナップショット(静止画像キャプチャ)をシェアします。

 


Power-OF-Scale_05.jpg

 う〜ム、芸術作品の「鑑賞」というよりはまさに「体感」というのか、写真や動画、その他いななる語彙でも言い表せないくらいの迫力で、建築や建物の存在感というものは、可視化できるものではなく、「住まう」もの、「感じる」ものという面を見せつけてくれる手法、演出なのでした。
 

 


 考えようによっては、スマホやIT関連のテクノロジーだって、建築の遺伝子を継承している「巧みの技」と言えるのでしょう。

 


 はるか昔の縄文時代から、脈々と続く日本の伝統的建築美と粋が、そのDNAが、大工や職人、様々なアーティストにより次世代へと受け継がれていく現場を、リアルに目撃できたような気がします(たぶん)

 


 恥ずかしがり屋さんなので滅多にやらない自撮り ↓ インスタ映えするかな〜?
De-Niro_at_RoppongiMori_ART.jpg
 インスタやってネーけど(>_<)

 


 この自撮りをなぜやったかというと、展示作品でなく、キャプションが心に刺さったからなのでした。

 


「再編成することが即ち創造」なんですと。

 


 これは、言い換えるならばアタクシもよくやる「パクリにもオリジナリティがある」ということではないでしょうか(たぶん)

 


 アタシャ、膝ポンポコリンだよ ♪ ぴ〜ひゃら、ピーヒャラ(>_<)

 


 建物の作り方というのは、型を決めて、それを伝える。

 


 いいものは模倣し、改良していく。

 


  伝統とは、様式のパクリなのである! 
 

  

     ( ↑ 個人による見解です  )

 


 このチケットの半券で森タワー52階にある展望台・スカイギャラリー東京シティビューも散策できるので、現代都市という名のモダン・アートを、海抜250メートルの高さから建築的な視線で鑑賞してみるのもご一興かと。

 


view_from_MoriTower_s.jpg

 


 このように上から目線で中央区方面をチェックするのも楽しい〜かも(>_<)

 


  「建築の日本展」は9月17日まで! ドント・ミスエテ 

 



【面白くてためになるデニーロ特派員の過去記事はこちら】


 ◎銀座にはスヌーピーがよく似合う (2018年8月9日付)


 ◎インバウンド講習参加報告(たぶん) (2018年7月31日付)


 ◎ぶら「お能」 (2018年6月28日付)


 ◎猫の旅物語  (2018年5月14日付)


 ◎ハローラジオシティーでぶらトーク! (2018年2月28日付)


 ◎中央区観光検定試験出題予想! (2018年1月25日付)


 


 

 
1