中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


箱崎町の不思議な建物

[pont] 2015年4月14日 09:00

水天宮前駅を降り、箱崎T-CATから箱崎公園に向かって裏道を歩くと、

一見、何の用途かわからない不思議な建物が建っています

 

mikoshigura0009.JPG

 

 

富岡八幡宮の神輿連合渡御の際に

使われる、箱四町会の

お神輿の倉庫です。

中央区のほとんどは神田明神と日吉神社の

氏子町ですが、箱崎と新川一帯は

隅田川対岸の江東区にある
富岡八幡宮の氏子町になっています。

 

箱崎・新川地区と対岸の永代島地区は、

江戸時代に隅田川にあった浅瀬を

埋め立てて作った土地、という
共通点があります。

 

そうしたことから箱崎・新川地区は、
神田明神ではなく同じ埋立地の

富岡八幡宮の氏子になるのが

江戸時代の人たちの人情的には

自然と考えられた結果と思われます。

 

富岡八幡宮の氏子町による神輿連合渡御は、

3年に1度行われる水かけ祭りとして

有名ですが、ずぶ濡れになったお神輿は

完全に乾くのに1年はかかるといわれます。

 

前回の神輿連合渡御は2014年8月でしたから、
まだ水が完全に乾ききらないまま、

倉庫の中で大切に保管されています。

 

残念ながら通常はシャッターが閉まっているので、

お神輿そのものを見ることはできませんが、

T-CATや箱崎公園にお出かけの際に、この建物を見かけたら、

箱崎の大切なお神輿の保管場所、 と思い出していただける

うれしいです。

 

 

 
1