中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


文明堂 日本橋本店 ~美味しさに真心を添えて~

[rosemary sea] 2016年9月29日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアプローチとして取材します、rosemary sea です。

 

DSC01422a.jpg本年2月4日リニューアルオープンの文明堂日本橋本店さんをご紹介します。

老舗文明堂さんの歴史・背景につきましては既にこのブログで何度か書き込まれておりますので、ここでは割愛させていただきます。

 

文明堂さんについて、ロズマリのエピソード

◎ かなり前のことですが、勤務先の経費でのお客様への進物として、当時都下清瀬駅構内にあった文明堂さんのカステラをよく利用していました。

◎ 近年は自宅近くの文明堂さん武蔵村山工場、併設の子会社『壹番館』さんに行き、「釜出しカステラ(焼きたてほかほか・ふわふわのカステラ切り出し)」やクッキー、ケーキを買い求めています。

 

ここからは星野本店支配人にお話をお伺いします。

DSC01416a.jpgカステラ『希翔(きしょう)』

烏骨鶏卵、和三盆糖など選りすぐった原材料と練達した技術によりつくられた、カステラを愛するひとのための逸品です。

文明堂さんのなかでもここ日本橋本店と新宿本店のみでの販売となっています。

 

DSC01415a.jpg日本橋カステラ

取材のこの日は隣接するCOREDO日本橋室町アクアリウムの柄・金魚柄でした。そろそろ秋のもみじ柄となります。

 

DSC01417a.jpg特別仕立て

文字や絵柄を入れた特別なカステラ・三笠山・紅白饅頭はお客様のご支持をいただいているとのこと。既定デザインの他、オリジナルデザインも入れることができます。

カステラは1日冷まし、チョコで文字や絵を描いたり、三笠山は焼印を施したり。

工場で仕上げます。注文から商品渡しまで約1週間必要です。

ご注文・ご相談は日本橋本店03-3241-0002まで。

 

DSC01414a.jpgギャラリー

日本橋本店・カフェには小さいながらギャラリーがあります。

代表的なものとして美人画で有名な日本画家、伊東深水(いとうしんすい:明治31年ー昭和47年)画伯の『月の出』(雪月花三部作の<月>)【上の絵】が通年掲出されています。伊東深水展に貸出されていることもあるようですが。他の作品は月によって替わることがあります。

 

BUNMEIDO CAFE

日本橋本店さんの店舗は喫茶・お食事をお楽しみいただける『BUNMUIDO CAFE』を併設しています。

ランチでもご利用いかがですか?

03-3245-0002

通常営業時間は9:30~23:00ですが、営業時間、定休日は季節により変更される場合がありますので、店舗またはホームページでご確認ください。

 

DSC01418a.jpg看板

店舗内に掲げられています額入りの看板も伊東深水画伯の直筆です。

本年2月のリニューアルオープン時より掲出されました。

それまでは倉庫内に眠っていたそうです。

 

DSC01427a.jpg暖簾他の『文明堂』の書

歴史ある文明堂のロゴは彫刻家、朝倉文夫氏(明治16年ー昭和39年)の書が元となっています。

「東洋のロダン」と呼ばれた氏の作品は数多く有名ですが、皆さんご存知のところですと早稲田大学キャンパスにある大隈重信像、文京区・鳩山会館の鳩山和夫・春子像といったところでしょうか。

ちなみに暖簾左下の人物が星野支配人です。

 

お知らせその1

雑誌『江戸楽(えどがく)』10月号に株式会社にんべん・髙津社長と株式会社文明堂東京・大野社長の対談が掲載されています。

「ランチ特集」にも文明堂ハヤシライスが載っています。

 

お知らせその2

中央区観光協会主催『わくわくツアー』~中央区観光協会特派員と歩く日本橋~(10月18日・11月15日)では文明堂さん、お伺い先です。

残念ながらロズマリは参加しません。

日本橋室町1-13-7

03-3241-0002  不定休

営業時間  平日 9:30~19:00

      土・日・祝日 10:00~19:00

文明堂さんのホームページはこちら ⇒ http://www.bunmeido.co.jp

 

 

お知らせがあります ~榮太樓總本鋪~

[rosemary sea] 2016年9月26日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をスローガンとして取材します、rosemary sea です。

DSC01174a.jpgDSC01406a.jpg

 

今回も榮太樓總本鋪さんにお邪魔しました。

日本橋本店 斎藤店長、広報室 石倉室長にお伺いしました。

素敵なお知らせ、2件ご紹介します。

 

お知らせその1

DSC01386a.jpg

和菓子作り体験教室のお知らせです。

榮太樓さんの現役職人さんが直に教えてくださいます。

10月1日(土) 午後3時~午後4時30分

開催場所は榮太樓さん日本橋本店 併設の喫茶室『雪月花』です。

お申込みは直接日本橋本店まで申込書を提出願います。

お申込みはお早めに、残りわずかとなっています。

詳しくは写真をクリック拡大してご覧ください。

 

お知らせその2

DSC01389a.jpg

外国の方20名、日本の方20名の交流会のお知らせです。

中央区文化・国際交流振興協会(CCIEA) の主催で、やはり榮太樓さんの職人さんがいらっしゃいます。

10月15日(土) 午後1時30分~午後3時30分

開催場所は中央区湊1-1-1 女性センターです。

お申込みは中央区文化・国際交流振興協会へFAXまたはEmailで。

こちら詳しくは写真をクリック拡大してご覧ください。

 

日本橋1-2-5

03-3271-7785

営業時間 9:30~18:00 (月~土)

定休日 日曜・祝日

榮太樓總本鋪さんのホームページはこちら ⇒ http://www.eitaro.com

 

 

日本橋 木屋 ~切れ味の美が輝く老舗刃物店~

[rosemary sea] 2016年9月14日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をキャッチワードとして取材します、rosemary sea です。

 

DSC01337b.jpg本日は株式会社 木屋、日本橋木屋本店さんにお伺いしました。金子店長にお世話になりました。

 

木屋さんは1792年(寛政4年)創業、今年で224年の歴史を誇る、刃物などの金物の製造販売の老舗です。

 

初代加藤伊助翁が本家の木屋からのれんわけして独立、現在の加藤欣也社長で9代目となります。

創業よりずっと日本橋室町で営んでいます。

現在のCOREDO室町1には2010年(平成22年)オープン以来。

DSC01339a.jpg


江戸幕府が開かれた頃、大坂の薬種商から本家木屋の初代林九兵衛翁が将軍徳川家康の招へいにより江戸へ下りました。

 

大坂と江戸、林家が2つに分かれたということで、漢字の『林』から『木』、『木屋』を称したと云われています。

 

江戸時代の絵巻物、『熈代勝覧(きだいしょうらん)』にも、開業から約10年経った木屋さんが描かれています。

 

さて、商品のご紹介です。ご紹介したい逸品はいろいろありますが、ロズマリイチオシから。

 

KIYA爪切DSC01333a.jpg

 

1987年発売の絶対的人気商品。発売当時からかたちは変わっていません。

 

中央が小(税込756円)。右は大(税込1、296円)。左は金(税込1、296円)。

DSC01358a.jpg

その下の写真はロズマリ宅の現在3つの小。中央が10年ものですが、まだまだ切れ味抜群です。

ある有名な料理評論家が以前より講演会や新聞・雑誌紙面でこの爪切りを推奨、愛用を公言しています。「料理人は指先だよ。」と。ロズマリも10年ほど前に講演会で拝聴し、その場で1つ購入しました。

特徴は刃の部分が鋼(はがね)でできていること。他と比べて切れ味よく、刃持ちが違います。切る感触も良い逸品です。

ギフトにも最適。ロズマリも親戚にいくつもプレゼントしています。とても喜ばれています。ご高齢には『大』がおすすめ。

 

包丁の『團十郎』

DSC01331a.jpg明治・大正の頃より商標があります。同じ日本橋の、昔の歌舞伎役者市川團十郎さんと持ちつ持たれつの良い関係が築かれていたようです。『團十郎』のマークも使えます。

中央に写っています鎌形包丁(刃渡り約180mm)は税込34、560円。下のペティナイフ、いわゆる果物ナイフ(刃渡り約120mm)は税込21、060円。特殊鋼なので刃持ちが良く、しかも手入れが楽。鋼とステンレスのよいとこ取りとなっています。

 

裁鋏(たちばさみ)の團十郎DSC01332a.jpg

 

裁鋏にも『團十郎』があります。

團十郎ブランドは生産能力ありの良品にネーミングされているとのこと。

携帯用の料理鋏DSC01336a.jpg

 

隠れた売れ筋商品です。

外出先で肉などが切りにくい際、使用します。

皿など傷つけることなく便利です。

使い勝手が良いように、刃は短め、しかも刃面がギザギザになっています。

 

お知らせその1

中央区観光協会主催のわくわくツアー『老舗コースその1』(9月27日、11月17日)では木屋さん、お伺い先となっています。残念ながらロズマリは参加しません。

 

お知らせその2DSC01342a.jpg

9月28日(水)~11月13日(日)開催の福味祭~コレド秋まつり~で木屋さんは爪切セット(大・小)を企画商品として限定販売します。値段は税込2、052円です。可愛くパッケージされています。ちなみに福味祭の『福』は隣接する福徳神社の意味です。

 

日本橋室町2-2-1COREDO室町1  1F 

銀座線 三越前駅 A6出口が至近です。 

  03-3241-0110

営業時間  10:00~20:00

元日を除き休まず営業です。

木屋さんのホームページはこちら ⇒ http://www.kiya-hamono.co.jp

 

 
1