中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


復活 馬喰町の旅籠、北斗星

[あすなろ] 2016年12月23日 09:00

落語「御神酒徳利」「宿屋の富」の舞台になったのが馬喰町。

噺の中からも馬喰町が宿場町であった諸相を伝えてくれます。

より一層の賑わいは、いつしか、問屋街に様変わり、

JR馬喰町駅を中心に近代的なビルが立ち並ぶ

オフィス街としても発展しています。

 

そんな中、往時を偲ぶかのように、宿泊施設が誕生しました。

 外観.jpg

<トレインホステル北斗星>

 

惜しまれつつも引退した寝台列車「北斗星」の車内備品を

利用したホテルがJR馬喰町駅直結ビルにできました。

憧れの存在だったブルートレインを体感できる新感覚の

宿泊施設です。宿泊費も2500円からととてもリーズナブル。

寝台車の雰囲気に浸りたい方、ご利用されてみてはいかがですか。

 フロント.jpg

 

Train Hostel 北斗星

所在地:東京都中央区日本橋馬喰町 1-10-12
アクセス:JR総武線快速「馬喰町駅」4番出入口直結
 

 

 

明冷 下町情緒の季節感

[あすなろ] 2016年12月20日 09:00

冬の風物詩であるイルミネーション。
各地では趣向を凝らした電飾で、楽しませてくれますね。

 

そんな中で人形町でも「らしい」イルミネーション。

 人形町通り.jpg

<人形町通り からくり櫓と提灯>

年の瀬の忙しさ、賑わいも感じますが、

どこか心を和ませる雰囲気がありますね。

山茶花が見頃を迎えそうです。

 

 水天宮通り.jpg

<水天宮通り 石灯籠>

寒気厳しき折柄、体に気をつけてお過ごしください。

 
人形町 歳の市
 2016年12月下旬

初水天宮
 2017年1月5日(木)

 

 

師走 新年を迎える準備

[あすなろ] 2016年12月12日 09:00

あくる日は 夜討ちとしらず 煤をとり.

 

 江戸城のお煤納めが13日に行われ
これに習って江戸市中でも「正月事始め」として
新年を迎える準備を始める日としていました。

 

夜討ちは、14日赤穂浪士の討ち入りですね。

煤払い.jpg
 <喜多川歌磨 武家煤払の図>

 
煤払いが終わると、翌日からは注連飾りや羽子板などの
縁起物や正月用品を買い求める歳の市が始まりました。

 

現在も残るのが薬研堀不動尊の歳の市です。

薬研堀.jpg
 <歳の市 昨年の様子>

 
そろそろ大掃除を始めて、28日までには松飾りをしようかと思います。

 

薬研堀不動尊納めの歳の市・歳末大出庫市
 開催期間:2016年12月26日(月)~28日(水)
  

◆浮世絵画像提供:東京国立博物館
  

 

 

蕎麦 老舗の風情を満喫

[あすなろ] 2016年12月 4日 18:00

江戸の中頃、毎月末(晦日)に労をねぎらったり、健康長寿など
の願いを込め、「三十日蕎麦/晦日蕎麦/みそかそば」
を食べる習慣がありました。

そばを食べる晦日は、年末の大晦日だけになってしまいましたね。

 1蕎麦湯とひょうたん.jpg

閑話休題、都会の喧騒の中でふと落ちつける時間を求め、
ふらふらと。

 

 2店先.jpg 2店内.jpg

純和風の落ち着いた店内。趣があります。

日本蕎麦三大系譜の藪、更科、砂場の一つ、室町砂場。

 

こちらの看板メニューは元祖「天ざる」「天もり」。
冷たいお蕎麦のざるやもりに、
かき揚げを入れた温かい汁をつけて頂くもの。

 

ここでは、更科粉で打つのどごしの良い「ざる」、
一番粉の香り高い「もり」となります。

 3天もり.jpg

 

「蕎麦前」も楽しめる心地よさ。

前酒を熱燗でいただき、蕎麦をつるつるっと。

 4四季マッチ.jpg

 

日本の文化をご賞味ください。

◆室町砂場
 東京都中央区日本橋室町4-1-13砂場ビル

 

 
1