中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ベネズエラからのたより

[小猿] 2018年10月 4日 18:00

ベネズエラ、と聞いて、皆さんはどんな国のイメージを持たれますか? 地球の反対側、南米、石油の埋蔵量が多い豊かな国、という以外、私は何も知らずにいました。現在ベネズエラは経済危機に陥っており、国民は難民となって、国外へ逃げ出す人々が後を絶たない状況だそうです。 小谷孝子さんはベネズエラに38年間住んで、一昨年帰国された画家です。 10月6日まで銀座の煉瓦画廊で個展を開かれていて、お話を伺うことができました。

写真 2018-10-02 11 38 22.jpg 写真 2018-10-02 11 38 28.jpg

  

小谷さんは、1971年に米国へ留学、ベネズエラからの留学生と結婚、77年から首都カラカスに住んでいました、その頃は国も豊かで、自然も美しく、人懐っこく優しい心の人々に囲まれて幸せに暮らしていたそうです。その後、原油の価格下落が、輸出の9割が原油というこの国の経済に打撃を与え、生活必需品の輸入も滞りました。

写真 2018-10-02 11 35 28.jpg 写真 2018-10-02 11 35 34.jpg 写真 2018-10-02 11 35 38.jpg

 

2014年以降、スーパーの棚から日用品がなくなり始め、赤ちゃんのミルクもなくなり、人口3千万人のほとんどが食糧難で、大人も子供も食べ物を求めてごみ箱をあさる姿があちこちで見られたそうです。人々の心はすさみ、治安も悪化、外国人を狙って強盗や殺人が勃発、小谷さんは、身の危険を感じ、16年3月に帰国されました。

写真 2018-10-02 11 34 54.jpg 写真 2018-10-02 11 34 01.jpg 写真 2018-10-02 11 34 28.jpg

 

わずか20年の間に、普通に暮らしていた人々が平和と自由を脅かされ、生きて行くことさえ困難になってしまう現実を目の当たりにされて、小谷さんは「どこの国でも起こりうること、国民の生活は政治に左右される部分が多く、政治に関心を持つことが大切。」と言われています。

日本に戻って、スイッチを押せば電気がつき、蛇口をひねれば水が出る、ということの有難さを痛感じながら、ベネズエラの現状を知ってもらえるように伝えるのが使命、とおっしゃっています。地球の反対側で、でも同じ地球の上の「ベネズエラからのたより」をしっかり受け取り、知ることから始めようと思います。

  

小谷孝子個展 ベネズエラからのたより 第三便

2018年10月1日~6日  11-19 pm(最終日は17時まで)

銀座煉瓦画廊 中央区銀座4-13-18 医療ビル2F

          

 

 

海老屋美術店「海老屋のあきまつりッ!!」

[小猿] 2018年9月25日 12:00

今回ご紹介するのは、私の第1回のブログにご登場願った「海老屋美術店」さんです。この海老屋さん、創業は延宝元年(1673年)、京都で御所にお道具を調達していたのが、明治になって、天皇陛下の上京とともに日本橋へ移られた、というお店で、現在の店主、三宅正洋さんは九代目です。

写真 2018-09-17 16 34 13.jpg

 

毎年、「がらくた市」と称して大セールをされているのですが、今年は「海老屋のあきまつりッ!!」と名前を変えて開催されます。

写真 2018-09-23 12 57 16.jpg 写真 2018-09-23 13 02 55.jpg

 

去年の戦利品です。染付の大鉢は何と千円! ご主人が自ら全国を回って集められた骨董品、家具、食器類、茶道具、版画、絵画、和布の製品などなど、盛り沢山の品々が並びます。日本橋に縁がある物を、骨董品を多くの人に触れて欲しい、との想いが込められています。見るだけでも楽しく、懐かしく、粋なあきまつりッ、に皆さんもせひお出かけください。

写真 2018-09-17 16 36 37.jpg

写真 2018-09-17 16 35 46.jpg写真 2018-09-17 16 34 25 (1).jpg 「海老屋美術店あきまつりッ!!」 9月25日(火) 9時~17時 

                  9月26日(水) 10時~17時

 海老屋美術店  日本橋室町3-2-18  ℡ 03-3241-6543

                      

 

 

小さい秋の金魚たち

[小猿] 2018年9月22日 09:00

9月も半ばになって、ようやく秋の気配のこの頃、日本橋の夏の風物詩の金魚は, , , 今も元気,に泳いでいました。江戸の知恵に習い、五感で涼を楽しもうという 「ECO EDO 日本橋 2018」、アートアクアリウム始め、金魚スイーツ&バルにたくさんのお店が参加して、今月24日までのお祭りです。

写真 2018-07-06 14 20 16.jpg

今年は提灯が金鳥とコラボしていました。(白いのが日本橋の夏、赤いのが金鳥の夏)大日本除虫菊株式会社(金鳥)は東京支社が日本橋にあり、蚊取り線香「金鳥の渦巻」はエコ商品の先駆けとして、発売から100年以上、今も多くの家庭で使われていますね。

写真 2018-09-17 11 52 08.jpg 写真 2018-09-17 16 07 06.jpg

        玉いの穴子ちらし寿司           工芸菓子の金魚

写真 2018-09-17 17 50 51.jpg 写真 2018-09-20 16 07 08.jpg 写真 2018-09-20 15 15 43.jpg

金魚のような、これは鯛のかまぼこです(日本橋とやま館)  スィーツも秋の色に(三井記念美術館カフェと門前茶屋 雲母橋カフェ) にて

写真 2018-09-20 15 34 24.jpg 写真 2018-09-17 16 06 12.jpg 写真 2018-09-19 14 43 59.jpg

日本橋金魚スィーツ&バルメューを食べてシールを3つ集め、日本橋案内所で豪華賞品が当たる抽選会に参加しましょう。

 

 

築地市場

[小猿] 2018年9月11日 14:00

市場閉場まで残り1ヶ月となった築地市場へ行ってきました。 まずは築地本願寺のカフェの朝粥定食で腹ごしらえ。これは「18品の朝ごはん」と名付けられていて、お盆の上に色とりどりの小皿が並んで、食欲をそそります。18というのは阿弥陀さまの48の誓願のうち、第18番目「あなたを決して見捨てない。」との本願にちなんでいるそうです。

写真 2018-09-08 9 54 19.jpg 写真 2018-09-08 9 04 23.jpg

おかずの中には、つきじ松露の卵焼き、築地紀文のお魚とうふおぼろ揚げ、築地江戸一の甘口昆布の佃煮など築地市場の食材が使われています。 仏さまの願を味わい、満たされた朝食になりました、

築地本願寺カフェ Tsumugi は 営業時間8:00~21:00  モーニング8:00~11:00

  

次に向かったのは16年に中央区が作った「築地魚河岸」のビルを通り抜けて場内市場へ。昭和10年の開場以来、1日約3000トンの魚や野菜の取引がされていた所です。

写真 2018-09-07 11 05 25.jpgのサムネイル画像

 

月島や晴海のビルを背景に、業務用の車が行き交ってました。開場から83年が経過、建物や設備の老朽化や衛生面での課題が豊洲移転へとつながりました、ネズミもたくさん生息しており、解体時に周囲に逃げ出さないよう、ネズミ退治大作戦がくり広げられています。

写真 2018-09-07 11 17 29.jpgのサムネイル画像 写真 2018-09-07 11 11 49.jpgのサムネイル画像

 

東京ドーム5個分のこの敷地、豊洲に移転後は、東京オリンピック・パラリンピックの車両基地として使われる予定で、その後は未定です。場外市場はこのまま残るそうで、築地場外市場にするか、ほかの名称にするかの選挙をして、今月下旬に決まるようです。 これからも美味しい買い物が出来ることに安堵しながら、築地本願寺や、浜離宮も近く、外国人にも人気の観光スポットが発展してくれることを願ってます。

築地市場閉場は10月6日、豊洲市場への移転は10月11日です。

 

 

築地外国人居留地の名残り

[小猿] 2018年8月28日 09:00

明治維新から150年の今年、外国人居留地だった界隈を訪ねてみました。江戸から明治になったときに鉄砲洲に外国人居留地が開設されました。 築地明石町は、文字どおり築いた土地で、種子島に形が似ていることから鉄砲洲と称しました。三方を川に囲まれ、海からも近く、外国船が出入りしていました。築地の原と呼ばれていた荒れ地が数年で整備され新小港に。港底が浅かったために巨艦は入れず、横浜や神戸のような商業港にはならず、宣教師や医師、留学生が多く移住しました。

 

写真 2018-08-20 13 41 23.jpg

 

土地は区画で競り売りされ、運上所が管理していました。回りは塀で囲まれ、教会、学校、病院、住居など西洋建築の洋館が建てられました。そのほとんどが関東大震災で失われてしまったのは残念なことでした。

 

写真 2018-06-16 11 22 30.jpg 写真 2018-06-16 11 25 35.jpg 写真 2016-01-16 12 30 07.jpg

 

1900年に来日した宣教医師のトイスラーによって、1902年聖路加病院が発足し、1936年には敷地内に聖路加礼拝堂が建造されました。ネオ・ゴシック形式のこの教会は、日野原先生に「聖路加国際病院の心臓」と呼ばれて、患者や家族、病院職員や学生、地域の人々の祈りの場として親しまれています。現在、毎日礼拝が行われていて、十字架の塔からは、1日3回、鐘で聖歌のメロディ-が流れています。

 

写真 2018-06-16 11 12 54.jpg 写真 2018-06-16 11 25 07.jpg

 

聖路加国際病院の中庭に、トイスラー博士の住居だった記念館とアメリカ公使館跡に3基の記念碑があります。 また、立教学院、女子学院、明治学院などこの地を発祥とする学校も数多く石碑が置かれています。

 

写真 2018-06-16 11 49 18 (1).jpg 写真 2018-06-16 11 46 38.jpg

 

聖路加国際病院から居留地通りを挟んで向かいには、居留地時代のレンガとガス灯が置かれています。奥は明石小学校、小学校の向かいは、東京で最古の教会、カトリック築地教会です。この一帯は戦災を免れた地域でもあります。

 

写真 2018-08-20 13 29 45 (1).jpg 写真 2018-06-16 11 42 44.jpg 写真 2018-08-20 13 38 06.jpg

 

外国人居留地は、明治32年の条約改正に伴い廃止されましたが、聖路加国際病院を始め、その時代の西洋の精神、知識、文化は日本の文明開化に大きな影響を与え、受け継がれています。街を歩いて、あちらこちらで当時の面影に触れることができました。

 

 

 

木陰

[小猿] 2018年7月23日 09:00

酷暑の毎日、都心を歩いていると、照りつける太陽とアスファルトの照り返しで頭がクラクラしてきますね。そんな時は木陰に入って少し休みましょう。中央区で出会った素敵な木陰をご紹介します。

  ここは明石町の聖路加国際病院横の緑道です。写真 2018-07-03 14 18 21.jpg

「緑のデザイン賞」建築大臣賞を受賞していて、身近な生活空間の緑化と未来を担う子供たちに緑豊かな環境を、との願いから作られたそうです。公園以外ではほとんど見られない道ですね。近くには築地川公園やあかつき公園があり、緑の多い地域です。

写真 2018-07-03 14 19 21.jpg

京橋にも緑の一角が。中央区観光情報センターの入っているエドグランと明治屋の間には、座れるスペースもあります。この置石のような緑のベンチ、座ってみるとふかふかと柔らかいのです。どおりでお昼頃に行くと、お弁当を食べている方が何人もいました。イベントのスペースにもなっています。

写真 2018-07-06 12 51 52.jpg写真 2018-07-06 12 49 06.jpg

日本橋までやって来ました。コレド日本橋の北側の一角です。ここにはテーブルもあり、花も咲いていて、ゆっくり休むことが出来そうです。

写真 2018-07-03 15 27 13.jpg写真 2018-07-03 15 27 36 (1).jpg写真 2018-07-03 15 28 00 (1).jpg

最後はおなじみ、福徳神社の森です。風鈴の小経も作られて、音でも涼しさを感じながら、皆さまどうぞご自愛下さい。

写真 2018-07-06 14 21 46.jpg写真 2018-07-06 14 23 13.jpg