中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「2011健康福祉まつり」の賑わい

[下町トム] 2011年10月25日 08:30

毎年この時季に開催されている「中央区健康福祉まつり」が〔あかつき公園〕で開催されました。この週末はそもそも雨の予報だったので空模様が心配でしたが、開催当日は前日の雨も去り、徐々に天気が回復してきました。


20111023 健康福祉まつり (2).jpg

会場の〔あかつき公園〕には次々と人が集まってきました。お年寄りや小さなお子様連れの家族、福祉団体の皆さんなど、多彩な顔ぶれが今年も揃いました。scissors


中央のステージでは様々なパフォーマンスが演じられていました。楽しい中にも社会のルールや心がけたいことを共感できる場所でもあります。


20111023 健康福祉まつり (1).jpgこの催しには多くのボランティアの方々や各町会の皆さんが参画され、運営を支えてくださっています。〝助け合い〟や〝コミュニケーション〟の温かみを再発見するイベントです。eye
会場内では同時に「消費生活展」も開催されています。毎年この季節にこのイベントが開催されるのを楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。


20111023 健康福祉まつり.jpg

「ふれあい食堂」のコーナーでは、各町会がそれぞれ工夫を凝らした模擬店が並んでいます。魚介類、焼き鳥、ステーキ、焼きそば、ケーキなど、食欲の秋を実感しつつ、楽しい試食のひとときを過ごす方も多いようです。restaurant 



中央区の様々な催しを通じて、地域交流を深め、打ち解けた気分を味わうのは嬉しいことです。この地の魅力を確かめるよい機会です。皆様も機会を見つけてどうぞお出かけ下さい。shoe 

 

 

中央区の魅力 ~ 『隅田川とセーヌ川』 ・・・・・ その5 ≪塔≫

[下町トム] 2011年10月22日 08:30

隅田川と友好河川であるパリのセーヌ川との比較を通じて、中央区の魅力を再発見しようという想いで始めたこの企画も「その5」を迎えました。


今回は≪塔≫をテーマにします。


エッフェル1_R.JPG


パリで≪塔≫といえば、言わずと知れた〔エッフェル塔〕ですね。


1889年に開催された万国博覧会にあわせて建造されたこの塔は、提案者の一人であるギュスターヴ・エッフェル氏の名前から〔エッフェル塔〕と名づけられました。現在の塔の高さは324メートル。100年以上たってもその斬新なデザインと風格はパリの風景にアクセントを与えています。


エッフェル2_R.JPG 当初は20年で解体される計画だったところ、軍事面での必要性から免れ、現在に至っています。
当初「パリの品格を害する」として建造反対の声が大きかったこの塔も、今ではすっかり風景になじみ、この界隈のセーヌ川地域は1991年に世界遺産に登録されました。


201107 浜離宮と東京タワー_R.JPG
東京のシンボルとして長くそびえてきたのは、無論〔東京タワー〕です。戦後復興が本格化した1958(昭和33)年に完成しました。高さ332.6メートル。


多くの映画や小説の背景としても日本人の記憶に残り続けてきました。塔が建っているのは港区ですが、今回のテーマである〝川からの眺め〟の視点では、中央区の風景の一つと言っていいでしょう。橋の上や船上から眺める〔東京タワー〕の姿は愛らしくも思えます。



そして、来年5月に開業を迎える予定の〔東京スカイツリー〕は全高634メートル。自立鉄塔としてはもちろん世界一の高さを誇ります。


201107 清洲橋とツリー_R.JPG

こちらの所在地は墨田区。しかし、この塔も隅田川からの眺めがとても絵になります。浅草界隈で間近に見上げるのもいいですが、隅田川を下って、中央区に入った頃にはちょうどよい高さに見えて、まわりの町景色に溶け込みます。これから多くの物語を生み出してくれることでしょう。


二つの都市にそれぞれ〝顔〟となる塔があり、川からの眺めが人々の憩いを誘っているのも、不思議な共通点です。澄んだ空にそびえる〝塔〟の姿が凛々しく望める季節です。

 

 

 

「子どもフェスティバル」に子どもたちの歓声、そして浜町公園に秋の香り。

[下町トム] 2011年10月18日 08:30

2011 子どもフェスティバル(1).JPG


中央区の秋はイベントがいっぱいです。


10日(月)の「スポーツフェスティバル」に続いて、16日(日)は浜町公園で「子どもフェスティバル」が開催されました。


未明まで降った雨も上がって秋晴れの一日となりました。この日を待ちかねていた子どもたちが家族や友達連れで大勢集まってきました。chick 

2011 子どもフェスティバル(2).JPG

運営のスタッフとして、区内各地域の皆さんや各小学校・幼稚園のPTAの方々がそれぞれの役割を受け持ってご尽力いただいています。まさしく〝区民の総合力〟を象徴するイベントです。


会場内では様々なコーナーが準備されています。子どもたちは思い思いに好きな種目を選んで体験しながら遊びや文化に親しむ一日です。

2011 子どもフェスティバル(3).JPG



「子どもフェスティバル」は毎年こ時期に開催されています。今回訪れる機会のなかった方も来年は是非覗いてみて下さい。子どもたちの元気な声に出会うことができますよ。happy01


201110 浜町公園(1).JPG

 

さて、こんな賑やかな浜町公園も、園内の木々や草花に目をやると、そこここに秋の訪れを感じさせてくれます。maple 


イチョウの木からはほのかに銀杏(ぎんなん)の香りも流れてきます。少し色づいた木の葉もあります。川から吹いてくる風には、秋らしい澄んだ空気が載せられています。



中央区の秋はいままさしくたけなわを迎えました。お近くの公園や川辺の散歩道に季節感を感じるためにお出かけになってはいかがでしょうか。foot

 

 

中央区の魅力 ~ 『隅田川とセーヌ川』 ・・・・・ その4≪運河の町≫

[下町トム] 2011年10月 8日 09:00

隅田川とセーヌ川の友好河川の縁に沿って、比較しながらも改めて中央区の魅力を再発見するシリーズの第4回です。 (プロローグ〟は≪序≫の項をご覧下さい。   『隅田川とセーヌ川』≪序≫

 

さて今回は、それぞれの川につながる運河(堀)とそれを囲むまちの様子を取り上げてみます。fish 

 

アルスナル運河.JPGセーヌ川はそれ自体が観光の名所ですが、実はちょっと脇道に入って、本流につながる運河や堀割をめぐるのも一味変わった風情を楽しむことができます。

サンルイ島近く、バスティーユ広場のほうへ向かうあたりの運河にはヨットや観光船の船着場があり、〔アルスナール港〕と呼ばれています。小さな橋を渡ってこの運河のたたずまいを眺めるのも一興です。

 

サンマルタン運河.JPGまた、この〔アルスナール港〕からさらに水路は延びます。一部地下化されていますが、再び地表に姿を現すのが〔サンマルタン運河〕です。

水辺は市民や観光客がそぞろ歩きを楽しんだり、河畔のカフェで憩いをとったりしています。

古き時代の雰囲気を今に残す、おすすめの散策コースです。foot 

 

新川から佃島.JPG中央区はもちろん〝水運のまち〟ですから、江戸開府以来、区内には多くの運河が設けられてきました。

その後かなりの堀が埋め立てられましたが、その往古の姿をしのばせるのが、新川近辺です。かつて酒や醤油の集積地として舟運で賑わった河岸は、今でもどことなく懐かしさを感じさせてくれます。隅田川本流のリバーサイドとあわせて散策するのにはこれまたおすすめです。

 

また、比較的歴史は浅いものの存在感があるのが〔晴海運河〕です。ちょうど石川島のところで隅田川本流と分かれて、江東区との区境を成し、相生橋、春海橋をくぐって東京湾へとつながっていきます。休日にはジェットスキーを楽しむ人を見かけることもあります。中央区の新しい水路の顔です。sign03 晴海運河と佃島.JPG

 

隅田川にもセーヌ川にも多くの支流がつながり、船が行き来するとともに、人が動きます。人が動けば物語りが生まれます。都市の歴史を綿々と綴ってきた運河とそれを取り巻くまちの風景にしばし溶け込んでみるのはいかがでしょうか。confident

 

続きを読む: 中央区の魅力 ~ 『隅田川とセーヌ川』 ・・・・・ その4≪運河の町≫

 

中央区新発見!「まち歩きツアー」で日本橋へ

[下町トム] 2011年10月 4日 08:30

中央区観光協会が今年も実施している【中央区新発見!「まち歩きツアー」】のうちの一つのプログラム<産業コース~日本橋老舗コース②>に同行してきました。 〝中央区新発見!「まち歩きツアー」〟


今回の訪問先は〔木屋〕さん、〔貝新〕さん、〔山本海苔店〕さんの3店です。いずれも江戸時代以来続く老舗であり、多くの固定客を有する名店ばかりです。

 

20110928 木屋_R.JPG最初に訪ねたのは〔木屋〕さん。〔コレド室町〕の1階にリニューアルオープンしたのは記憶に新しいところですが、昔ながらの品々や新しいコンセプトに基づく商品も取り揃え、見飽きることがありません。

この日は、包丁の研ぎ方を実践していただきました。研ぎ方次第で包丁の切れ味がこれほど変わるのかと実感しました。また、利き腕の向きにより研ぎ方も左右逆になるという話を聴いて「納得!」というところです。


20110928 貝新_R.JPG次いで訪ねたのは〔貝新〕さん。伊勢・桑名を発祥の地とするこのお店は、独特の味付けを施した〝しぐれ煮〟が名物。桑名ゆかりの〝蛤〟をはじめとして、〝あみ〟や〝昆布〟〝しじみ〟など、いずれも食欲をそそる香りを放っています。

お店の方にうかがうと、素材により味付けが異なるのはもとより、季節や気候に応じて甘さや濃さを調節しているということで、味覚の奥深さに感心するばかりです。


20110928 山本海苔店_R.JPG最後にお邪魔したのが「山本海苔店」さん。九州・有明海をはじめ、国内の有料産地から集められた素材をもとに、香り豊かな海苔を商品化されています。

海苔の良し悪しを見分けるのはなかなか難しそうでしたが、やっぱり一番分かりやすいのは「食べておいしい」ということのようです。最近は日本の海苔の品質の高さを求めて、海外のお客様も多く訪れるとのことでした。


日本橋はほかにも老舗がいっぱいです。歴史や由緒とともに商品の説明を受けながら買い物をするのは心豊かなひとときです。


201109 日本橋のとおり_R.JPG
ちょうど、今日から〝中央区観光産業まつり〟(中央区商店街連合会60周年記念)が11月末まで催されます。中央区観光商業まつり」


日本橋地域でもイベントがありますし、10月30日(日)には〝名橋「日本橋」まつり〟も開催されます。


秋の爽やかな風に誘われて、ショッピングウォークに出かけられませんか。


 

続きを読む: 中央区新発見!「まち歩きツアー」で日本橋へ

 
1