中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「大好き・中央区!」 を寄り道しながら楽しく歩きませんか?

[銀造] 2010年1月25日 18:00

 もうすぐ東京マラソンがありますね。
コースには、銀座から日本橋経由浅草、折り返して銀座4丁目から歌舞伎座、築地本願寺、佃、月島という楽しい場所がコースに含まれていますね。

 「走りたいけど、走れない」、「歩きたいけど、一度には」、「歩くなら、楽しく、名所旧跡も訪ねながら・・・」という方に朗報。

無料のガイドがあります!
 
2月20日が銀座4丁目から浅草まで。
2月27日が銀座4丁目から東京ビッグサイトまで。
 銀造もご案内します(但し、本名で)
 
詳しくは、次のURLをご覧下さい。
NPO法人東京シティガイドクラブ
  

run 速歩きでなく、おしゃべりをしながらcoldsweats01、 ちょっと寄り道cake

日本橋の山本さん、月島の緑川さん、あづまやさん、お邪魔します。

 

3月は「龍馬が歩いた中央区」をご案内したいと思います。

 

 

 

 

松飾り。中央区名店の竹飾り (第二弾)

[銀造] 2010年1月 8日 12:00

 お正月の松飾りも、もうそろそろお片づけ。 その前に、第二弾で取材した名所名店の

松というか竹の切り方をチェック。

 聖路加タワーの新阪急ホテルの松飾り。江戸、武家風にスッパリ切っていますね。

「郷に入れば郷に従え」というところでしょうか?

CIMG3739.jpg

 

 同じ聖路加タワーの入り口。切り方は同じの様でも左右の並べ方が違うかな。

CIMG3740.jpg

 

 日本で最初に饅頭を作った「塩瀬総本家」の松飾り。竹の切り方は「寸胴型」

奥には1mほどの大きな羽子板。 「新春の寿ぎ」が伝わってきます。fuji

CIMG3742.jpg

 

 築地の宮川。本店という呼び方で良いのですね。この店という漢字は当用漢字では出てこない。

ここの竹は、「笑い口」で、しかも先端は切り口を削っています。安全安心ですね。

CIMG3743.jpg

 

 料亭「つきじ田村」 こちらは、関西風に「寸胴型」の切り口。

CIMG3744.jpg

 

 築地本願寺角の蕎麦屋「更生庵」。篠でお飾り。

CIMG3745.jpg

 

 しんがりは、築地中央市場向かいの、庶民的な値段で河豚を提供してくれ、ランチも

お手ごろな「天竹」。 こちらは、年中看板に竹飾り。お正月には松飾りはしないのかな。

CIMG3747.jpg

 

 では、今年も皆様が竹の様に、アクセントのある楽しい一年となります事を

祈念します。 

 次回は、東京マラソンコースを寄り道しながら楽しくご一緒に歩きませんかrun

 

 

 

松飾り。古今東西の竹の切り方?中央区のお店の松飾り特集

[銀造] 2010年1月 5日 09:45

 お正月を迎える「松飾り」で、「竹の切り方」について、斜めに切っているのと、節の上で平たく切ってあるのは知っていたが、さしたる興味もありませんでした。

通常、東京でよく見るのは、節の上から斜め切り、上の節は残さない「そぎ」というきり方です。

 

門松は地方によって違うそうです。

まず切り口ですが、古来は横に切ったそうですが、戦国時代以降、特に武家では斜めに切るようになりました。

ですので、京都の伝統を重んじる所では、未だに竹は斜めに切らないそうです。

今日は、そんな松飾を写真に収めてきました。

 

まず、節の真ん中を残したもの(銀座7丁目のいいよ、いいよという番地)

CIMG3700.jpg

 

晴海通りの角、「日の出」さんの竹飾り。 商家であり、平たく、無事な様にとの意を込めているのでしょうか?京、関西風の伝統重視でしょうか?お客様がこれで怪我でもしたら大変ですしね。

CIMG3701.jpg 

 

人形町甘酒横丁の入り口で、横丁の由来の店跡。こちらも平たく切った竹の 「寸胴切り」

CIMG3704.jpg

 

こちらも人形町のお菓子舗。「笑門来福」の意味でしょうか?この切り口は、「笑い口?」

CIMG3707.jpg

 

七福神の参拝客で賑う松島神社。篠です。

CIMG3711.jpg

 

浜町、清澄通りの交差点で。一つは真ん中の節を残し、あとの2つはそれぞれ切り方が違います

CIMG3713.jpg

 

浜町の産土神、「濱町神社」も篠で新年の参拝客を迎えています。

CIMG3714.jpg

 

日本橋。老舗の山本海苔店。

CIMG3734.jpg

 

「にんべん」さんも平たく切った「寸胴」の竹を飾っておられます。

CIMG3735.jpg

 

 この日は七福神めぐりと日頃宮司さんがいらっしゃらない神社も巡りました。

最後の福徳神社の場所が分からなくて、右往左往して、にんべんさんに伺いました。

親切な女性店員さんが、裏手の赤い格子に囲まれたのがそうですよと教えてくれました。

老舗の伝統、そこに働く方の自然なご親切、温かさに触れて、嬉しく江戸バスに乗りました。 

 

 

 

新春風景。浜離宮庭園での放鷹術

[銀造] 2010年1月 5日 09:00

 正月2日、初散歩。fuji

浜離宮庭園に到着、10時からの庭園ガイドの方の詳細な説明を聞きながら回遊式庭園を散歩。

 冬牡丹が綺麗でしたし、青鷺もハシビロガモ、金黒羽白などの渡り鳥がいましたよ。

さて、いよいよ待ちに待った放鷹術の披露、沢山の方々が待ちわびていました。

CIMG3692.jpg


さて、いよいよこの電通ビルの屋上から鷹が放たれます。

CIMG3694.jpg


 すると、思わぬハプニング!(予期せぬから、ハプニングですね)

そう、野生の鷹が現れたのです。 

放たれた鷹は、浜離宮庭園に降下せず、敵愾心を見せた鷹の方へ向かいました。

待ちわびたお客達は何があったのかcoldsweats02、鷹は何処へ行ったのか、coldsweats02右往左往しています。

 大空で、仲良く舞う鷹、二羽heart04 何処へ、何をしに?coldsweats02   鷹と鳶ではないけれど、

 

いなくなって、これが本当の「高飛び」。 お後がよろしいようで。

 

(実際には、鷹にはマイクロチップを仕掛けていて、GPSで居所が分かるので

  そこまで追っかけて行って、笛で呼び寄せて連れて帰るそうです)

 

 

 
1