中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区 江戸バス Ecological & economical tour

[銀造] 2011年9月29日 17:00

 給料前にブラジルから知人が来日。 明日空いてるから、どこかを案内して欲しいとの依頼。


さて、給料前で金欠病の銀造。また、生憎、他用があり、余り時間も割けない。coldsweats02
困ったなと思っても、そこは日頃の街歩きで培った知識があるので、効率的なコースを選定しました。


 中央区役所から、江戸バスに乗車。一日乗車券300円を購入。乗車券は記念品になります。

CIMG9028.jpg


 東京駅経由日本橋で日本橋と江戸の歴史を紹介、貨幣博物館(無料見学)と日本銀行前で記念写真。 その後は、日本橋三越前でライオン像と三越百貨店の関わりについて説明。 フルーツ関係に従事しているので、高級フルーツで有名な千疋屋総本店を訪問しましたが、今日は美味しそうなフルーツの見学のみ。http://www.sembikiya.co.jp/ 昼食はマンゴ・カレーにしようと誘ったが、未だお腹は空いていないとの事。では、次のオプションを考えねば。


 新日本橋駅前の長崎屋跡の説明碑で江戸時代の鎖国とオランダ商館員の将軍への挨拶のための上京、日本の医療が西洋化されるに至ってのドイツ人医師シーボルト等の講義が役立った事などを説明し、コレド室町前に戻り、江戸バスに再度乗車。 向かう先は、蛎殻町、人形町。

 水天宮にお参りし、手水の作法を教えると素直に手洗いを行い、子授けの神様であることなどを説明し、銀造は来春予定されている将来の孫の安産を祈願しました。 ブラジル内陸部に住む彼らは、寿司などは生魚として食べないので、残念ながら、お隣のお店の牛丼を説明すると食べたことが無いという。 しめしめwink  人形町の仕掛け時計が1時に動き出すのを見計らって、時計前に集合。精巧な仕掛けに、感動していましたよ。 甘酒横丁は、休日ゆえ、残念ながら、半分ほどのお店が閉店。

 日本橋区民センターにて再度、江戸バスに乗車し、中央区役所まで。 買い物をしたいという彼らを銀座まで連れて行き、ホテルまでの道順を教えて、他用があることを告げて別れました。彼らなりの方法で、ゆっくり買い物を楽しんでくれたとの電話でした。彼らの外貨を使ってくれたことが嬉しい銀造でした。 銀座は、もう秋から冬支度ですね。

CIMG9036.jpg

 ちなみに、ブラジルにおける食料費は、日本の中流家庭よりも高いようです。購買力平価を比較するときの基準とされている、Mcのハンバーガーは、350円ぐらい。 ナイキなどの運動靴は3万円以上するそうです。 ブラジルのワールドカップ、オリンピックの成功を祈ります。頑張ろう、日本!

追伸:銀座のadidas shopで30cmのスポーツ靴を9,500円ぐらいで買ったそうです。同じものが、ブラジルでは2万円ぐらいするそうです。 ブラジル人へのお土産は、靴が良いかもしれませんね。

 

 

 

勝どき湯 十遍一句 いい湯だな 

[銀造] 2011年9月26日 09:34

 楽しい銭湯巡りで、かちどき3-9-7の住友不動産のビルの中にある、「勝ちどき湯」へやってきました。 大きなビルの玄関に「勝どき湯」と大書されています。 玄関を入って直ぐに、階下に下りる階段とエレベーターがあります。 利用者に優しい設計です。

CIMG8966.jpg

 銭湯は、築10年というビルの中にあって、磨き上げられたタイル、壁で、とても清潔です。

女将さんにお伺いした話では、湊3丁目に「藤の湯」という名前で営業をなさっていて、勝どきへは約20年前に引っ越してきて、当時勝どき3丁目の角にあった「帝国湯」という銭湯の後を、「勝どき湯」の名前で再度始めたが、開発計画で、今のところに移転されたそうです。 

 勝どきに来たら、東陽院へお参りして、十返舎一九の様に、「はい さようなら」とは言わずに、是非勝どき湯へお立ち寄り下さい。 

中央区銭湯マップは、こちら http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/komyunitei/fureaisentou/files/A4-ura.pdf#search='

 

 

中央区観光協会加盟店紹介15 銀座キャピタルホテル アイリス

[銀造] 2011年9月16日 09:30

 今日は金曜日。 銀座キャピタルホテル新館のレストラン アイリス へ出かけました。 何と、表の看板には、「本日 ランチ・ビュッフェ バイキングの日 千円」 とあります。 Wow! Wonderful! 早速、 レストラン・アイリス に入りました。 13時を過ぎていたのですが、毎週金曜日が、ランチビュッフェバイキングの日、壱千円 というのをご存知の方々で混んでいます。

 お皿に盛り付けたメニューは、左の皿には、バゲット、秋野菜茄子のカレー、串カツ、秋刀魚ひつまぶし風のご飯、豚肉しょうが焼き。 右のお皿は、テリーヌ、秋鮭のエスカベッシュ、いかシューマイ、肉団子。真ん中のお皿には、やり烏賊のトマトソース・パスタ。 この他にも、白飯、味噌汁などがあります。 季節を感じさせるメニューが嬉しいです。

110909_132428.jpg

 本日のデザート。 左にはフルーツ、右のお皿には、パイナップル、カシスを使ったケーキ、抹茶ケーキなど。和菓子は求肥の中に、ずんだ餡。 これで、1千円(税込み)は、お得というしか表現がありません。 美味しいからといって、食べ過ぎた銀造。散歩の距離を延ばさねば・・・run 

110909_135217.jpg 

 夕方には、良心的なお値段で、飲み放題 beer wine bottle などのメニューがあります。

宴会などは、ぐっと大衆料金で、特に土日祝日は銀造のお勧めです。

詳細は、銀座キャピタルホテルのHPでご確認下さい。http://www.ginza-capital.co.jp/

 

 

 

 

つきじTASSぎゃらりい若松屋 「えびす、大黒 ワッハッハ展」

[銀造] 2011年9月13日 09:15

築地6丁目12-3の"つきじTASSぎゃらりい若松屋"さんで、「えびす、大黒 ワッハッハ展」と銘うった酒器・ぐいのみ百選 同時出品、 やじうま陶芸か渡辺花峰の新作厄払い展が、9月12日から9月17日まで開催されています。展示の時間は、AM1:00からPM6:00です。

 ちょっと、作品をご紹介しますと、

  110912_175750.JPG 


元気な大黒様が一杯並んでいます。 秋の夜長に傾けるぐい飲みも良さそうなのが揃っています。 

 女性陶芸家による七福神も展示されています。 是非、お出かけ下さい。

若松屋の佐藤さんにお聞きしたところ、作家はTVで陶芸教室にも出演している有名な方だそうです。

花峰窯(かほうがま)について、知りたい方は、こちらをクリックして下さい。

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~motoki/

 

 

第30回中央区観光大使・ミス中央選考会 美しく開催されました

[銀造] 2011年9月 8日 08:30

9月3日、日本橋三越で、「第30回中央区観光大使・ミス中央選考会」が行われました。

 壇上に揃った美しいお嬢さん方、外国からの留学生、元キャビン・アテンダント、元宝塚の男役を勤めた方など多彩な顔ぶれでした。 (集合写真は肖像権尊重の為、解像度を落としました)

CIMG9001.jpg 

各出場者の自己アピールは、審査員の方々との鋭い質問攻めにも動じることなく立派でした。 


そして、選考の間には、Uさんのミニコンサート。甘い歌声にうっとりしました。


CIMG9015.jpg


そして、見事勝ち残った第30代中央区観光大使・ミス中央が発表されました。

CIMG9018.jpg

横顔だけでごめんなさい。 詳しくは、彼女達のブログで、後日お楽しみ下さい。

 

CIMG9022.jpg

29代観光大使・ミス中央の方々、お疲れ様でした。 本当に楽しい一日でした。



 

 

中央区観光協会加盟店紹介14 ホテル龍名館東京 花ごよみ 

[銀造] 2011年9月 6日 08:30

 ホテル龍名館東京は中央区八重洲1-3-22にあり、東京駅八重洲口北口から八重洲通りをはさんで位置しています。 今日は、レストランの「花ごよみ」さんへ、昼食に行って来ました。

1階のエントランスから15階のフロントロビーとレストランへ向かいます。 1階のエレベータ乗り場の前には、創業時の「旅館 呉服橋 龍名館」の看板が立てかけられています。 創業より100年以上の歴史のある旅館だそうです。 


CIMG8989.jpg

 楽しみにしていたビュッフェは、にこやかに歓迎してくれるスタッフの笑顔に、和のおもてなしの心、和惣菜のお料理が丁寧に味付けされています。 こちら「花ごよみ」の昼食は和風ビュッフェで、四季食彩膳」と銘打って、平日は¥1,200です。もう一品銀鱈の西京漬けの焼き魚を加えても¥1,800


CIMG8992.jpg

CIMG8996.jpg最初のおかずは沢山とりすぎて、余り綺麗に盛り付けられていませんが、ばい貝の煮付け、すき焼き、

野菜の天麩羅、高野豆腐、玉子焼き、かぼちゃ、川海老のから揚など。

ご飯と味噌汁はお女中が配膳してくれます。

窓際に陣取って、八重洲通りの景色も楽しみます。

夜の待ち合わせ、食事も楽しみ。

CIMG8997.jpg

お代わりした次の盛り付けは、

ぜんまい、ひじき、煮玉子、青ねぎの卵とじ、玉子焼き、ポテトサラダ、真ん中に風呂吹き大根。とても丁寧で上品な味付けです。

お隣は日系と思しき若いカップルが食事と会話を楽しんでいました。

あー、美味しかったなぁhappy01 

今度は、誰かと一緒に来たいな。


龍名館さんとレストラン「花ごよみ」の詳細はこちらです。http://www.ryumeikan-tokyo.jp/

 

 

 

 

 
1