中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


月島は もんじゃと美味い 洋食屋

[銀造] 2014年2月26日 14:00

 月島は、「もんじゃ焼き」で有名で、お店が並ぶ西仲中通りは、誰が名付けたか「もんじゃストリート」などと呼ばれています。

でも、硬いことを言うと、正式には、「西仲通り」ですので、よろしくお願いします。

 

さて、今日は、東京マラソンコースの今年最終のウオーキングで、銀座4丁目から東京ビッグサイトまで歩きました。

 築地本願寺の歴史、建造物について勉強したり、聖路加看護大学の敷地は、かって浅野内匠頭の屋敷跡であったり、芥川龍之介生誕の地であったり、慶応大学発祥の地であったり、

そして明石町は米国公使館、ポルトガル、ペルー、スイス、スペインなどの外国の領事館があって築地居留地と呼ばれたとか、

女子学院、青山学院、立教女学校、女子聖学院などの記念碑を見て、ミッション・スクールの前身が発祥したことなどを楽しく勉強して、佃の住吉神社に参拝して、月島に入りました。

月島の町の建築物の2階をみると、かってのお店の名残が懐かしく感じられます。

20140223 057.JPG

月島では、もんじゃ焼きを食べたいグループと洋食大好き派に分かれ、皆さん満足でした。

 

写真は、「レストラン Piasola」での食事風景です。

20140223 055.JPG20140223 054.JPG

私は、ハンバーグとエビフライの定食850円(2014年2月22日現在)を頂きました。

大変美味しかったのでご報告します。 

大勢の方々をお連れして、午後のスケジュールが詰まっている状況下で、ランチも予約ができたので、助かりました。

レストランカフェ ピアソラ

住所:中央区月島3-4-5(月島開運観音様、月島温泉のお隣です)

電話:03-3533-1139

 

 

東京マラソン 特別出店 中央区観光協会

[銀造] 2014年2月25日 09:00

 東京マラソンが2007年に開催されて早や8回です。

中央区で江戸時代創業の名店の中でも特に歴史のある

榮太樓本舗、にんべん、山本海苔店さんの3店のお手伝いと中央区の観光振興のために

中央区観光協会の山崎さん、三浦さん、第31代中央区観光大使・ミス中央の新宮志歩さんが

2月22日、東京ビッグサイトにて、御当番で売り込みに頑張っていらっしゃいました。

20140223 062.JPG

 観光協会の売り物は、粋でいなせな中央区をイメージした風呂敷です。

某有名レストランではお客様対応の芸術 「バンダナ」として活用されていますよ。

 私の知り合いは、愛を包んで温かいお弁当を旦那さんに用意しています。

今回は、江戸紫の色が加わり三色からえり好みができるので大変人気です。

http://www.chuo-kanko.or.jp/furoshiki_JF/index.html

出店されていた榮太樓総本舗、にんべん、山本海苔店さんの商品で目新しいもののうち

山本海苔さんの、ネギみそ味の 味付け海苔。 これは、郷愁をそそる味付け海苔です。

20140223 063.JPG

まるで、3.0年以上も前に賞味した朴葉味噌を思い出させる

懐かしい味付けで、試食の後には迷わず買ってしまいました。

これです。 This is ! 早速、おにぎり にして賞味しました。

是非、榮太樓さん、にんべんさんの逸品と併せて、一度お試し下さい。

 

 

銀座の中国料理の安くて美味い店 百菜百味

[銀造] 2014年2月18日 14:00

   銀座ストリートガイドの方に教えて頂いたお店、「百菜百味」。

日替わりランチは700円。今日は12時40分に着いたので、それは売り切れ。

週替わりランチ、780円の玉子とキクラゲ、シメジ、エリンギの辛味噌炒めを注文しました。

デザートには杏仁豆腐がついており、ご飯の御代りは自由。(2014年2月1日現在)

P1000487.JPG

132席あるとのことですが、一人でも気軽に入れます。

お店は、外堀通りに面した、銀座6丁目5-15、能楽堂ビルの3Fです。

 

 

タビカレ2014  中央区を熱烈PR

[銀造] 2014年2月 4日 15:00

 皆さん、「タビカレ」ってご存知ですか?

20142月1日、2日の2日間、国際展示場、通称、東京ビッグサイトにて開催されたイベントです。

中央区観光大使・ ミス中央の高原友美さんのブログ記事を見て、勇躍駆けつけた次第です。

  http://tabicollege.jp/curriculum03.html

インターネットの案内と頂いたパンフレットによると、

「今までにない国内観光の魅力を遊んで学ぶ場」として始まった「日本タビカレッジ」(通称「タビカレ」)。

その集大成のイベントが、"タビカレ学園祭"です。

これまで魅力ある旅行商品づくりに励んできた78地域が集結し、その成果をお披露目します。

また、一般来場者や業界関係者の方々からの投票により、78地域の中から、新定番観光地を決定。

日本の観光地の新たな魅力に触れられる貴重な機会なので、ぜひお楽しみください!

 とありました。 

 北は北海道から南は沖縄までの各地の自慢の料理のブースが出ていました。

中央区からは、飲食ブースに「中央区日本橋老舗の海苔と人形焼」が出展されていました。

中央区観光大使・ミス中央の接客が功を奏し、沢山のお客様がお見えになっていました。

20140202 040.JPG

 

そして、青森、つくば、我らが中央区、大島、伊豆の河津町、宮崎県の日向の代表によるご当地プレゼンがありました。

中央区観光大使・ミス中央による中央区の観光PRは、

日本橋、銀座の紹介と老舗料亭を巡るツアーが紹介されました。

詳細は、http://www.chuo-kanko.or.jp/edo-machiaruki/

皆さんの息がぴったり合っていて、これは一等賞とおもいましたが、遠隔地から来ている人に花を持たして、2位の高評価を得ました。

20140202 030.JPG

 

そして、ご当地アトラクション体験コーナーでは、投扇興の体験です。

優しいお姉さんのご指導で、小学生の女の子も何度か挑戦した後に、見事的を落としました。

20140202 047.JPG

投扇興 的を落として 桃源郷・・・詠み人 銀造

 

 

中央区文化・国際交流振興協会 国際交流サロン 日本の昔遊び

[銀造] 2014年2月 1日 09:00

 

 1月の国際交流サロンでは、「日本の昔遊び」で、

中国、ベトナム、フランスなどの外国からの居住者の皆さんが楽しく交流しました。

 今回紹介された、日本で昔から親しまれてきた、伝統的な遊びとは、

 

1)けん玉:これは、フランス発祥の遊びで、

 フランス語では、ビル・ボケ(Billeboquet)と呼ぶのだそうです。

 けん玉の起源については、16世紀のフランスで国王アンリ3世のころだとのことです。

 一つ、物知りになりました。Merci beaucoup !

  初めは慣れるまで大変ですが、軸の先にある「けん先」に突き刺す技が20分でできました。

  写真の彼女もしっかりと成功しました!

20140120 014.JPG

 

2)次は、百人一首の絵札を使った、「坊主めくり」です。

 この遊びは、初めに何枚か各人に配り、その後、一枚ずつ引いていき、姫virgoの絵札でもう一枚引きます。

 坊主が出たら自分の持ち札を場に出します。次の人に、姫virgoの絵札が出れば、

 その人は場にある全ての絵札を入手できます。これは、天国と地獄の状態を繰り返しますが、一攫千金の様な面白いゲームです。

20140120 007.JPG

 

3)だるま落とし:もうすっかりお馴染みの遊びですね。

フランスから来た男性は、初めは中々なれませんでしたが、すっかり上達しました。

20140120 013.JPG

 

4)福笑い

 目隠しをして、広げた手拭いの面に、眉、目鼻、口などのパーツを置いて、

 出来上がった顔の面白さに周囲は爆笑!

20140120 011.JPG

  

なお、2月は、講師に中央区の名店の職人さんを迎えた「和菓子づくり」だそうです。楽しみですね。

詳しくは、こちらでご確認下さい。http://www.chuo-ci.jp/

 

 

 
1