中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


桂川甫周の光栄 『桂川甫周屋敷跡』

[海舟] 2009年11月 9日 09:00

 

 寛政5年(1793年)9月、11代将軍・家斉、前老中首座・将軍補佐・松平定信以下

幕閣が列座するなか、鎖国下、遭難・漂流のすえ10年に亘りロシアに逗留、

首都ペテルブルグにおいてエカテリーナⅡ世に謁見、かの地の国情を見聞し

奇跡的に帰国した2人の伊勢漂流民・大黒屋光太夫と磯吉は、江戸城内吹上御所にて

尋問を受けました。

 

 様ざまな尋問の結果、南下政策をとるロシアは、日本の社会、文化、地理等

各種広範囲に渉る情報を収集していることが判明、更にロシアにおいて周知されている

日本人として桂川甫周、中川淳庵の名が挙げられます。

 

 光太夫の口から発せられた「カツラガワホシュウ」の言葉を聞いたとき、

当の桂川家4代・甫周国端(くにあきら)の驚きと感慨はいかばかりであったでしょう。

 そして今、面前に陪席、尋問している人物こそが桂川甫周その人であると分かったとき、

光太夫もまた驚きを隠せなかったでしょう。

 

 将軍家斉に与えた感銘は深く、列席する幕閣周辺より賛辞を得ます。

その後、この訊問は引き続き場所を他所に移し詳密に実施され、幕府及び甫周に

多大な情報を提供しました。

 

 後日(寛政6年)、この研究成果は桂川甫周『北槎聞略』に結実します。

 

 桂川家はこれ以降も、将軍侍医(奥医師)として誠実に役割を勤めると共に

市井にあっては自由闊達で温厚な家風の下、徳川幕府崩壊まで、江戸蘭学の宗家として

オランダ流外科の学風を守り、江戸蘭学界において大きな役割を果たしました。

 

参考図書 : 戸沢行夫 『江戸がのぞいた<西洋>』 教育出版
         山下恒夫 『大黒屋光太夫』 岩波書店

ck0930-1109.jpg

 

 

 
1