中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区観光検定試験に向けて

[みど] 2019年1月12日 18:00

第11回(2月3日開催)中央区観光検定試験に向けて勉強されている 方に、これまでの私の経験から効果的な学習方法をご案内させて いただきます。

 

当然ですが、公式テキスト『歩いてわかる中央区ものしリ百科』と 過去問題集は必ずご用意してください。 まずはテキストを斜め読みして概要をインプットします。ここでは 詳細は覚えようとしなくて良いので、全体のイメージを把握します。 次に過去問題集を集中的にトライしてみてください。おそらく50% くらいしかできないかも知れませんが、さほど気にしなくても良いです。 過去問題を3ケ年分、解くことでだいたいの「出題傾向」がわかって くると思います。

 

たとえば、「●●●の由来」「■■■と関係する人物」「■■■の作者」 「...の前身、旧名、別名、現在の名前」はよく出題されています。 「数」も問題にしやすいので数字に関わる箇所は覚えておきましょう。 このようにおおよその出題傾向がわかってきたら、今度はテキストを じっくりと読み返します。ここは出そうだと思える箇所にはマークして 繰り返しテキストを読みこなします。 自分なりに穴埋め問題を想定しながら読み込むと良いと思います。 テキストに掲載されている写真や地図もしっかりイメージできるように しておきましょう。

 

 またこの1~2年間にあったイベント、ニュース等を覚えておくとベターです。 第11回試験のテーマ「平成の中央区」ということなので、平成に関連する 問題が予想されるので、ヤマをかけてみるのも楽しいかも知れません。

 

このほど観光協会のホームページに「中央区観光検定 de タイムアタック」 という過去問をWEB上で解けるサイトが開設されていますので、これを 活用されると良いかと思います。

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-quiz

 

 合格ラインは75点なので、100点は目指さず、80点をターゲットにします。 つまり20点はできなくても良いという心の余裕が生まれます。 落ち着いて頑張ってください。

 

001.jpg   002.jpg

 

 

 

 

満載の情報サイト「まち日本橋」

[みど] 2018年12月 7日 09:00

日本橋に関することを知りたい時には情報サイト「まち日本橋」が便利です。

  http://www.nihonbashi-tokyo.jp/

 

日本橋の歴史から、季節ごとの愉しみ方、旬なイベント観光・グルメ・文化・ 街めぐりなど情報満載です。また「日本橋ごよみ」のバックナンバーもこのサイトから見ることができます。

 

以下、主な掲載内容

  1.イベント

   季節に合わせて街ぐるみで開催される大型イベントから、注目の エンターテイメント、体験スポット、ワークショップなど

 2.遊ぶ

 さまざまなコースが楽しめる周遊クルーズに、老舗や名店揃いの グルメ、四季折々の体験ツアーなど

3.食べる

  日本橋ならではの味を紹介。江戸の町人たちに愛されてきた老舗 から名店、日本各地の食材を味わえる店、寛げるカフェなど

4.買う

 暮らしの道具や食、新名物に、話題の注目アイテムまで日本橋 の逸品を紹介。

5.知る

 日本橋の主な特長、名所・文化、日本橋再生計画などを紹介

6.撮る

 日本橋の"いま"が感じられる写真や昔の風景など。 さまざまな瞬間を捉えた『日本橋百景』も良いです。

 

s-01.jpg

 

 

 

日本橋発祥のもの

[みど] 2018年11月 9日 09:00

慶長9年(1604年)、日本橋が五街道の起点となってから、様々な産業 や文化がこの街に誕生したことは言うまでもありません。 そしてこの日本橋から誕生した"日本橋生まれ"もたくさんあります。

 

(1)商品券  1830年<にんべん>

鰹節と引き換えるために銀製の薄板が発行されたのが商品券の発祥です。 にんべんの六代目が考案したもので、現在なら3,500円くらいの価値が ある銀製の薄板を徳川時代末期に発行されたとのこと。

 

(2)銀行  1873年<現 みずほ銀行>

初の銀行(第一国立銀行)が兜町で開業しました。 江戸時代に金融経済を統一する目的で、三井組と小野組を中核にした 初の国立銀行が日本橋に設立されました。渋沢栄一が総監役を務めたとのこと。 現在、ここには みずほ銀行兜町支店があり、「銀行発祥の地」の案内板が 設置されています。

 

(3)人力車  1870年

明治3年に人力車の営業許可を受けた和泉要助らが日本橋に初めて 人力車を走らせました。小回りが利き手軽だったために普及しました。 今では全国の観光地でよく見かけ、日本らしさを醸し出しています。

 

(4)郵便制度  1871年

郵便制度を確立したのは、"近代郵便の父"として知られる前島密です。 交通の利便性がある日本橋に駅逓司(後の郵政省)と郵便役所(現在 の東京中央郵便局)が置かれ、郵便事業が開始しました。 現在この地には「日本橋郵便局」があります。

 

(5)日本橋発祥の食べ物

 ・お子様ランチ  日本橋三越が1930年に『御子様洋食』として提供したもの。

  ・はやしライス  丸善の創始者・早矢仕有的が友人たちに振る舞った料理。

 ・天ざる&天もり  室町砂場が夏でも天ぷら蕎麦を美味しく食べるために、つけ麺状にした。

  ・親子丼  人形町の「玉ひで」が軍鶏鍋に残った割下を卵でとじ、ご飯とともに食べるお客を見て考案した。

  ・甘納豆  初代榮太樓が、金時豆を蜜で煮詰めたものを考案した。

 ・いなり寿司  人形町の志乃多寿司の初代店主が創意工夫をこらし、売り出した。

  ・味附海苔  明治天皇の京都行幸のお土産として、山本海苔店二代目が海苔に味をつけることを創案。現在では『おつまみ海苔』として販売している。

 s-001.jpg

 s-002.jpg

 

 

 

 

 

明治期の日銀展@日本橋

[みど] 2018年10月 5日 18:00

日本橋にある貨幣博物館で特別展「明治期の日本銀行の風景 ~本店支店のたたずまい~」が開催されています。 この展示では明治期の日本銀行の本店や支店の建物、周辺の 街並みや当時の店舗内の風景などを絵や写真で紹介されています。

 

日本銀行は明治15(1882)年に設立され、当初はジョサイア・ コンドルにより建てられたレンガ造りの既存の建物を利用して営業を開始しましたが、その後、コンドルに学んだ当時の建築学界の第一人者だった辰野金吾氏により、初の国家的近代建築 として日本銀行本店が明治29(1896)年に建てられました。

 

日本銀行の支店も、既存の建物を利用して営業を開始した後、 明治期を通じて徐々に近代建築の新店舗が各地に建てられていきます。

この展示を通じて、150年前の明治期にタイムスリップして みてはいかがでしょうか。

 

 01.jpg

 02.jpg

 

 

 開催期間:2018年9月4日(火)~12月16日(日)

 入館無料

 問い合わせは貨幣博物館(03-3277-3037)

  https://www.imes.boj.or.jp/cm/

 

 

 

 

おいしい&ヘルシーのdelifas! DELI

[みど] 2018年9月12日 18:00

日本橋本町のコワーキングスペース(clipニホンバシ)内に 今年5月にオープンしたおにぎりやスムージーのテイクアウトできるお店。 名前は「delifas! DELI(デリファスデリ)」といい、おいしい&ヘルシーを コンセプトにしています。

 

このお店のこだわりは、スタッフ全員が管理栄養士の資格を持ち、 すべてのメニューを、その管理栄養士が毎日手作りしている点です。 また有機や減農薬栽培の食材を使用するなど安心安全に気をつけて "働く世代の健康と美容をサポート"をモットーにしているとのことです。

 

看板メニューの『ベジおにぎり』は、カラフルで見た目も鮮やかな野菜 や肉、魚がぎっしり詰め込まれています。野菜たっぷりなので、 糖質の吸収、血糖値の上昇を抑え、ダイエット効果もありそうです。 単品は280円、スープセットも500円~とリーズナブルです。

 

 メニューの一部を紹介します。 ■銀ジャケ幕の内 ■塩さばベジ ■てりたまベジ ■豚の生姜焼きベジ ■ビビンバ ■ベジソイミート ■具だくさん豚汁 ■トマトとパプリカのひよこ豆スープ ■根菜とハトムギの生姜スープ ■豆と鶏肉と野菜のコンソメスープ

 

s-08.jpg

 

s-09.jpg

 

s-02.jpg

 delifas! DELI

 http://www.delifas.com/

 東京都中央区日本橋本町3-3-3 clipニホンバシ1階

  営業時間: 平日8:00~16:00 (おにぎり&スープは11:30より)

 定休日:土日祝日・年末年始

 TEL:03-6260-8432

 

 

 

貨幣博物館で子ども向けの企画展

[みど] 2018年8月15日 12:00

夏休みの宿題「自由研究」を何にしようかとお悩みのお子様は いらっしゃいませんでしょうか? 今、日本橋の貨幣博物館で 子ども向けの企画展【お札で世界の たてものめぐり】が開催されています。

 

このイベントでは有名な建物が描かれた各国のお札を紹介しています。 日本の紙幣では、1944年発行の100円札には法隆寺夢殿が描かれ、 1946年発行の10円札には国会議事堂が描かれていますが、世界に目を向けると、フランスのお札にはエッフェル塔、イタリアなら ピサの斜塔、カンボジアならアンコールワット、中国なら万里の長城といった具合です。世界の色鮮やかな紙幣を楽しむことができます。 色とりどりのお札を見ながら、"世界のたてものめぐり"にでかけてみませんか。

 s-001.jpg

 

 開催期間:2018年9月2日(日)まで  入場無料

 会期中の休館日:8月20日(月)、27(月)

  開館時間延長日:8月1日(水)~31日(金)9:30~17:30(17:00最終入館)

 通常の開館時間:9:30~16:30(16:00最終入館)

 詳細は貨幣博物館のホームページをご覧ください。

 https://www.imes.boj.or.jp/cm/exhibition/2018/t_20180710.html

 

s-002.jpg

 

 
1234567891011