中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


握った寿司が、箸でつかめた。

[小江戸板橋] 2011年6月 5日 12:39

「鯵を三枚におろせますか。」

「寿司を握れますか。」

そう聞かれると、50過ぎのおじさんは、めらめらと闘志を燃やしてしまいます。

「知りません。できません」という言葉を、素直に口にしたくない性格なんですね。

居合刀の捌き方は少々の心得はありますが、包丁はキャンプのときのカレー作りが最後だったな。

 

中央区観光協会特派員限定ツアー

「すし職人養成学校で"にぎり"の体験!」

6月4日(土)の教室に参加させていただきました。

会場は、「すしざんまい喜代村塾」さんの調理実習室。

きれいに磨かれた調理場と、ビシッと調理服を身にまとった講師の皆さんを前にすると、緊張感が高まります。

それ以上に、おニューのエプロンを身につけて、気分がハイになっている自分がいました。

 

玉子の焼き方や鯵のおろし方、寿司の握り方などを、豆知識を交えて楽しく実演してくださったのが白田先生です。

柔らかな語り口でお話いただきましたが、この先生、叱るとき絶対恐いだろうな。

すごいオーラが出ていました。

「食材を丁寧に扱おうとする気持ちが一番大切なんだよ」と、ごつい体に似合わない、とても繊細で流れるような手さばきを見せてくださいます。

サポートの講師の方々も、きびきびとしており、安心して実習ができました。

 

骨に分厚く身が残ってしまったものの、鯵を三枚におろしたときの快感。

シャリが手にいっぱいついて、こりゃダメだと挫折しかけたところで、「手酢をつけながら」とのアドバイスを受けて、それらしい形に仕上がりました。

試食タイムは、おいしい鯵のつみれ汁と一緒にいただきます。

寿司が崩れはしないかと、おそるおそる箸でつまみましたが、そのまま口の中に納まりました。

「しっかり握れているじゃん」全面的な自己満足。箸でつかめたことが感激でした。

 

特派員限定ツアーを企画していただいた皆さん、ありがとうございました。

特派員になると、こんな経験もできるんですね。

それにつけても、料理がこんなに楽しいことを、奥さんは私に秘密にしていたんですね。

 

 
1