中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


春の晴海埠頭で

[小江戸板橋] 2012年3月23日 08:30

  晴れた休日の午後、晴海埠頭に父と息子がいました。

 

子「お父さん、すごい。

  この船、大き過ぎ。」

父「世界各地を結ぶ船だ。大きさは半端じゃない。」

子「このデッキから、紙テープを投げて見送りするんだよね。テレビで見たことがある。」

 

子「お父さん、向うにレインボーブリッジが見えるよ。」

父「いい眺めだね。橋全体が、はっきり見える。

  去年、歩いて渡ったろう。この船が余裕で通れるくらいの高さだから、下を見た時、怖かったな。」

子「僕は、怖くなかった。」

父「そうかい。強いね。

  橋の上から北の方向に、きらきら輝く建物が見えていただろう。

  それが、ここ、晴海客船ターミナルだよ。」

子「覚えている。 きらきらって光って見えたんだよね。」

父「展望がいいので、5月の東京みなと祭や夏の東京湾大華火祭には、最高の見物場所になるんだ  よ。

  夜景もきれいだろうな。」

 

子「あの高い煙突はなに。」

父「あれは、中央清掃工場の煙突だよ。

  ネットで検索してみよう。

  177.5メートルの高さは、都内では豊島清掃工場に次いで2番目なんだって。

  焼却能力は、1日当たり600トン。

  余熱を『ほっとプラザはるみ』に供給しているんだ。」

 

  あまり興味を示さない息子の顔をのぞき込んで、

父「イメージが湧かないかな。

  無料の見学会があるから、今度、申し込んでみるか。」

子「それって、面白いの。」

父「面白いかと言われると、ちょっと困るけど。

  焼却時に炎が走る様子など、規模の大きさには驚くだろうな。

  学校や家庭・会社などから出たゴミが、どのように処理されるか。

  それを知ることで、見えてくるものが違ってくると思う。」

 

  しばらく間があって、

父「お父さんはね、震災後の状況を見ている。

  言葉が出なかった。

  テレビの画面なんかじゃ伝わらない。

  だから、東京ががれき処理に、いち早く動いた事がとても嬉しかった。

  胸を張れることなんだ。」

 

 

子「お父さん、春の海は穏やかだね。」

父「春の晴れた海。」

  ・・・海は世界につながっている。

  

 

 

 
1