中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座柳まつりを楽しみました。

[小江戸板橋] 2012年5月11日 08:30

ゴールデン・ウィークが過ぎて、仕事に対するキレも、やっと連休前の状態に戻り始めたこの頃。

いつもながら休みの期間だけ、超スピードで過ぎた感じがします。

 

太陽は5月に入り顔を隠していましたが、5月5日、関東地方は久々の晴天。

さあ、妻と二人で銀座にお出かけしましょう。

銀座一帯は、連休に合わせてたくさんのイベントが行われていました。

西銀座通り周辺を会場としたのは、「銀座柳まつり」

人垣を分けて目指すは、「銀座・ゴールデンパレード」です。

警視庁の吹奏楽団を先頭に、参加団体が魅力あるマーチングパフォーマンスを披露します。

騎馬警官や、キティちゃん・ペコちゃんが人力車に乗って通ると、わぁっと拍手が起こりました。

 

各吹奏楽団もお祭りにふさわしい楽曲を選び、気分を高揚させてくれます。

大編成による迫力あるブラス。

隊形を変化させながらのパレード。

楽器もコスチュームもフラッグも、日の光を反射させ、煌めいています。

 

「今の子は、みんなスタイルが良いんだね。」

のつぶやきに、すかさず前でシャッターを押していたおばさんが、

「うちの親戚が出ているのよ。バトンがしたくて、あの学校に入学したのよ。」

「そうですか。皆さんかわいいですね。」

ウキウキした雰囲気に、初対面の人とも会話が生まれます。

 

銀座1丁目から8丁目までの西銀座通りが、歩行者天国になるのは、1年に1度だけ。

昨年は、東日本大震災のため中止になりました。

今年は、復興応援『明日へ』をテーマに開催されたのです。

 

少し遅めのランチの後で、イベント会場を見て歩きました。

会場の一つで、宮城県気仙沼の八幡太鼓の演奏が行われていました。

「あぁ、和太鼓か」と、ひかれるように寄って行ったのですが、

次の瞬間には、釘づけになってしまいました。

子供だけで編成されたチームです。

しかしながら、打ち出す音には、ズシッと腹に落ちてくる迫力がありました。

数種類の和太鼓と横笛。

すっと伸びた手から繰り出される、バチのしなり。

気迫の満ちた身のこなし。

不自由な中で、ここまで練習を積み重ねた日々を思うと、目がじゅわっと滲んできます。

 

夫婦そろって、さりげなくハンカチを使いながら、銀座柳まつりを楽しみました。

 

 

 
1