中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


伊右衛門が潜む夜

[小江戸板橋] 2012年8月22日 08:30

夏の帰省の季節が過ぎました。

草むらに、虫の音を聞くこともあるのですが、

いまだに燃えるような陽射し、照り返しは、どうにかなったかの様。

 

熱をたっぷり含んだ風が止まると、寝ていても汗がじっとりと滲んできます。

こうした寝苦しい夜は、怪談噺と相場が決まっています。

昔、映画館には、上映のシーンを描いた看板が掲げられていました。

毒々しく油絵具を盛った怪談の絵は、薄明りの中で急に現れると、ゾクッとしました。

その上映期間中は、意識して映画館の前を通らないようにしたものです。

 

数ある怪談噺の中で、堂々トップに君臨するのは、『東海道四谷怪談』だと思います。

四世鶴屋南北の作による歌舞伎狂言。

評判を呼んで、回を重ねるごとに、様々な趣向が取り入れられます。

戸板返し、提灯抜け、毒を盛られて・・・、思い浮かべるだけでも怖いこと。

 

三遊亭圓朝の落語をはじめとする演芸や、数々の映画やテレビドラマに取り上げられ、進化をしてきました。

その度に、凄みを増したり、可愛くなったり、千変万化。

 

主人公のお岩様を祀った神社が、中央区にもあるんです。

新川2丁目の田宮於岩稲荷神社。

四谷左門町の御家人、田宮家の屋敷社が焼失し、明治12年に移転してきたといいます。

区民有形民族文化財に指定されているお百度石は、初代市川右団次が興行を記念して奉納したもの。

新富座にもほど近く、花柳界や歌舞伎関係者に信仰され、賑わったといいます。

 

噺は、時代を超えた当たり狂言『忠臣蔵』のスピンオフ、夏バージョン外伝。

表の赤穂義士に比べ、同じ浪士の伊右衛門の徹底した裏の悪党ぶりは、もし役者だったら、演じて気持ちがいいだろうな。

悪を出せば出すほど、陰影が濃くなる、痛快なほどのキャラクター設定。

お岩様を、全国区のお岩様に押し上げてしまった、不義の夫、伊右衛門。

おっ。心の中の、暗い部分が共鳴している。

 

 

 
1