中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


目を覚ました赤レンガ駅舎

[小江戸板橋] 2012年9月 5日 10:00

『画竜点睛』という言葉があります。

描いた龍に、最後に瞳を書き加えると、たちまち絵から飛び出して天にも駆け登る。

最後の大事な仕上げ。

 

東京駅の赤レンガ駅舎。

南北に大きく翼を広げたようにも見えるその建物のフォルム。

南北の支えになるドームに、保存・復元工事中には外されていた時計が、はめ込まれました。

なんとなく物足りなく見えた空間に、時計が加わると、建物が目を開いたように感じられます。

 

8月22日に、時計は設置されたとの事。

直径約1.4メートル。

大正3年の開業当時と同じ、ローマ数字の文字盤。

いよいよ目を覚ましました。

 

グランドオープンは、10月1日に行われます。

休館中だった東京ステーションギャラリーも、1日にオープンします。

私は、むき出しになったレンガ壁の展示室が好きで、駅の建物の中という足の良さと相まって、よく展示会を見に行っており、とても楽しみです。

東京観光のガイドブックや、ツアーのコースとして、すでに掲載されていました。

 

ドーム内の天井部分は、板で蓋がしてあって、まだ見えません。

その内側に、どんな装飾品やレリーフが隠れているのでしょうか。

日本の鉄道の起点にふさわしい、重厚で華やかな空間を想像します。

しばらく見ないうちに、細部の覆いが次々にはがされ、全体像が現れてきています。

工事の途中経過を見ておきたい人は、今のうちですよ。

 

 
1